要確認!転職エージェントのデメリット13選【利用してメリットがある人の特徴】

要確認!転職エージェントのデメリット13選【利用してメリットがある人の特徴】
  • 転職エージェントは信用できるの?
  • 転職エージェントに関する情報が良いことばかりで怪しい…
  • 最適な方法で転職を成功させたい!

転職エージェントはメリットだけでなく、デメリットも多いです。デメリットを理解せずに転職エージェントへ登録すると、うまく使いこなせない可能性も…。

この記事では、登録する前に押さえておくべき転職エージェントのデメリットを全て解説します。記事を読めば、本当に転職エージェントを利用するべきなのか判断できます

転職エージェントに登録しても損はありません。転職エージェントはデメリットよりも、得られるメリットのほうがはるかに大きいです。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントに登録後「失敗した」と思っても利用はやめられます。

転職エージェントのデメリット13選

転職エージェントのデメリットは13個です。登録前に知っておけば、転職エージェントをうまく活用できます。

  • 自由に求人応募できない
  • 地方の企業紹介が少ない
  • どの求人に応募するか迷う
  • サポート期間が決まっている
  • 応募や内定承諾を急かされる
  • 年収・職種・役職を調整される
  • 自分のペースで転職活動できない
  • 各転職エージェントで特徴が違う
  • 転職検討中の場合は後回しにされる
  • 担当者によってサポートの質が違う
  • 内定を保証してくれるわけではない
  • 転職エージェントとのやり取りが手間
  • 仕事内容よりも高年収の仕事を勧められる

自由に求人応募できない

転職エージェントのデメリット

転職エージェントに求人があっても自由に応募はできません。企業に紹介する人材は転職エージェント側で厳選されるからです。

企業は以下のような条件を元に、転職エージェントへフィルタリングするよう提示しています。

  • 学歴
  • キャリア
  • 資格・スキル

転職エージェントが身の丈に合わない企業を紹介してくれる可能性は低いです。求職者が希望しても応募できないケースは多々あります。

転職エージェントにある求人は全て見れません。求職者の経験や希望に合った企業を紹介してくれるだけです。
» 転職エージェントに断られる理由

地方の企業紹介が少ない

転職エージェントは地方の求人情報が少ないです。転職エージェントで取り扱う求人の多くは都心部に集中しています。

転職エージェントを利用して地方での転職を目指す場合の方法は2つです。

  • 全国対応の転職エージェントを利用する
  • 地方に強いの転職エージェントを利用する

「パソナキャリア」は地方に強い転職エージェントです。都心部以外での転職を目指す場合は必ずチェックしておきましょう。
» パソナキャリアの詳細を見る

どの求人に応募するか迷う

転職エージェントではどの求人に応募するべきか迷う場合があります。転職エージェントのキャリアアドバイザーが、最適な求人を紹介してくるからです。

転職エージェントでは膨大な量の求人を扱っています。希望に合う求人がたくさん見つかりやすいです。

転職エージェントへ希望を伝えるときに妥協してはいけません。中途半端に希望を伝えると条件に合う求人が増えます。求人を絞り込むためにも、厳しめの希望を伝えましょう

サポート期間が決まっている

転職エージェントのデメリット

転職エージェントによってはサポート期間が決まっています。求職者1人につき1人のキャリアアドバイザーを付ける都合上、無制限にすると負担が大きくなるからです。

しかし、転職エージェントによってはサポート期間が無制限な場合もあります。大手転職エージェントのサポート期間は以下の通りです。

転職エージェントサポート期間
リクルートエージェント3ヶ月
type転職エージェント無制限
JACリクルートメント3ヶ月
doda3ヶ月
パソナキャリア6ヶ月

サポート期限を設けている転職エージェントでも、場合によっては延長できます。サポート期間を気にして利用を諦める必要はありません。

採用担当者
採用担当者

多くの場合、転職エージェントの利用者は3ヶ月ほどで転職を成功させています。

応募や内定承諾を急かされる

転職エージェントでは、応募や内定承諾を急かしてくる場合があります。転職エージェントのキャリアアドバイザーにはノルマがあるからです。

転職エージェントは企業に人材を紹介した時点で報酬が発生します。売上ノルマをなんとか達成したいキャリアアドバイザーは、積極的に応募や内定承諾を勧めてくるのです。
» 転職エージェントが利益を得る仕組み

ただし、全てのキャリアアドバイザーが急かしてくるわけではありません。基本的に転職エージェントは求職者の味方です。悪質なキャリアアドバイザーが担当になったら変更を願い出ましょう。
» 転職エージェントの断り方【状況別】

年収・職種・役職を調整される

転職エージェントによっては、紹介する求人の年収や職種、役職を調整してきます。転職エージェントは求職者の経歴やスキルを見て、適切な求人がわかるからです。

転職エージェントから紹介される求人が、希望とは違うケースもあります。転職エージェントが転職市場の状況を見て調整しているのです。

希望する求人があっても、企業が求めるスキルや経験がなければ紹介してくれません。転職エージェントを利用すると、希望通りに転職できない場合があります。

自分のペースで転職活動できない

転職エージェントのデメリット

転職エージェントでは自分のペースで転職活動を進められません。転職エージェントで面談が行われるからです。

転職エージェントで希望の求人が見つかってもすぐには応募できません。以下の手順で応募まで進みます。

  1. 転職エージェントに登録
  2. 転職エージェント面談
  3. 求人紹介
  4. 書類作成・添削
  5. 求人へ応募

転職エージェントから応募する場合、数日かかると考えてください。自分のペースで転職活動を進めたい人に転職エージェントは向きません。
» 転職エージェント利用の流れ【登録~内定】

各転職エージェントで特徴が違う

単に転職エージェントといっても各社特徴が違います。転職エージェントごとに得意分野があるからです。

特徴に合わない転職エージェントに登録すると、希望する条件の求人を見つけられる可能性は低くなります。特徴を見極めた上で転職エージェントを選ばなければいけません。
» 失敗しない転職エージェントの選び方

総合型の転職エージェントは登録必須

大手総合型の転職エージェントには必ず2〜3社登録しましょう。求人数が多く、転職の幅を広げられます。
» 登録必須のおすすめ転職エージェント

転職検討中の場合は後回しにされる

転職を検討している段階だと、転職エージェント側に対応を後回しにされる場合があります。転職エージェントの利益になる可能性が低いからです。

転職エージェントは企業に人材を紹介しないと報酬を得られません。転職するか不明確な利用者より、転職に積極的な利用者を優先します。
» 転職エージェントから連絡がこない理由
» 転職エージェントに見捨てられる人とは

相談だけで転職エージェントを利用する場合でも、転職に前向きな姿勢を見せましょう。「相談だけ」がバレないようにしてください。
» 転職エージェントに相談だけするメリット

担当者によってサポートの質が違う

転職エージェントのデメリット

転職エージェントは担当者によってサポートの質が変わります。転職エージェントに所属するキャリアアドバイザーは、ベテランから新人まで幅広いからです。

求職者がキャリアアドバイザーを指定することはできません。どのキャリアアドバイザーが担当になるかは運次第です。

サポートの質が低いキャリアアドバイザーが担当になると、転職を成功させられる可能性は下がります。サポートの質に納得いかない場合は、担当者の変更を願い出るか別の転職エージェントを利用しましょう。
» むかつく転職エージェントへの対処法

採用担当者
採用担当者

転職エージェントは複数利用しても問題ありません。

内定を保証してくれるわけではない

転職エージェントに登録しても内定は保証されていません。転職エージェントの役割は、あくまでも転職活動のサポートです。

転職エージェントは書類添削や面接対策など、内定率を上げるサポートをしてくれます。しかし、肝心の求職者にやる気がなければ転職は実現しません
» 転職エージェントの内定率と書類選考通過率

「転職エージェントを使えば転職できる」と思うのは間違いです。転職エージェントに任せすぎるのはいけません。

転職エージェントとのやり取りが手間

転職エージェントに登録すると、担当者とのやり取りが手間に感じることがあります。転職エージェントとはやり取りするべきことが多いからです。

  • 面談日程の調整
  • 面談
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策

転職エージェントだと初回面談時、わざわざ面談に出向かなければいけない場合もあります。転職エージェントを利用せず、直接応募などであればやり取りの手間はありません。
» 転職エージェントを利用する流れ

仕事内容よりも高年収の仕事を勧められる

転職エージェントは求職者が希望する仕事内容よりも、年収の高い仕事を勧めてくることがあります。転職エージェントがより多くの報酬を得るためです。

一般的に転職エージェントの報酬は転職者が企業でもらう年収の30〜40%。転職エージェントがより多くの報酬を得るためには、より年収の高い仕事を紹介しなければいけません

転職エージェントは求職者のスキルや経験を見れば、ある程度の年収を予測できます。求職者が希望する求人の年収が低い場合、別の求人を勧めてくる場合があるのです。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントを利用するなら自分の希望する条件を曲げてはいけません。

転職エージェントのメリット10選

転職エージェントのメリットは10個です。デメリットと比較して、利用する価値があるか検討してください。

  • 無料で利用できる
  • 転職のプロに相談できる
  • 最適な求人紹介をしてくれる
  • 非公開求人に応募できる
  • 書類添削をしてくれる
  • 面接対策をしてくれる
  • 企業に推薦状を出してくれる
  • 日程調整をしてくれる
  • 条件交渉を代行してくれる
  • 内定・入社後のフォローがある

無料で利用できる

転職エージェントのメリット

転職エージェントは無料で利用できます。転職エージェントは企業から報酬を得ており、求職者から利用料をもらう必要がないからです。

転職エージェントに登録するだけでも損はありません。無料で質の高い転職サポートを受けられます
» 転職エージェントの利用が無料の仕組み

転職のプロに相談できる

転職エージェントに登録すれば、転職相談ができます。転職エージェントに所属するキャリアアドバイザーは、多くの転職者を見ているプロです。

転職エージェントに相談するメリットは以下の通りたくさんあります。

  • キャリア相談できる
  • 業界のリアルを知れる
  • 自分の市場価値がわかる
  • 自分の強み・適性がわかる
  • 転職成功のコツを教えてくれる
  • 企業の社内雰囲気・裏情報がわかる

転職エージェントは相談だけでも受け付けています。転職活動するなら、まず転職エージェントに登録しましょう。
» 転職エージェントに相談だけするメリット

最適な求人紹介をしてくれる

転職エージェントに登録すると、最適な求人を紹介してくれます。転職エージェントは面談であなたの希望や経験、スキルを汲み取り、適した企業を見つけてくれるからです。

自分1人で求人を探しても、本当に適した企業なのかわかりません。転職エージェントは企業の雰囲気や裏事情まで把握しています。あなたに最適な求人を紹介できるのです。

最適な求人紹介を受けるためにも、転職エージェントでの面談は重要です。理想とする条件をキャリアアドバイザーに全て伝えましょう。
» 転職エージェント面談の完全ガイド

非公開求人に応募できる

転職エージェントに登録すると非公開求人へ応募できます。登録していない人は非公開求人を見れません

非公開求人には優良企業が揃っています。条件が良い求人は公開すると応募が殺到するため、非公開求人を利用しているのです。
» 転職エージェントは登録だけでもいい理由

採用担当者
採用担当者

企業は非公開求人を利用して、応募者を厳選しています。

転職先の幅を広げるためにも、転職エージェントへの登録はおすすめです。公開求人よりも非公開求人のほうが、希望する企業を見つけやすくなります

書類添削をしてくれる

転職エージェントのメリット

転職エージェントを利用すれば書類添削を受けられます。各転職エージェントのキャリアアドバイザーが無料で履歴書や職務経歴書をチェックしてくれるのです。

自分1人で応募書類を作成しても、魅力的に仕上がっているか判断できません。第三者に見てもらうことが大切です。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、多くの応募書類に目を通しています。作成した履歴書や職務経歴書が、企業にとって魅力的なのか判断可能です。

転職エージェントは企業が求める人材の特徴も把握しています。転職エージェントで書類添削を受ければ、企業へあなたの魅力を十分に伝えられるのです。
» 転職に成功する履歴書の書き方と見本
» 転職エージェントで書類選考に通らない理由

面接対策をしてくれる

転職エージェントは面接対策も行ってくれます。面接対策をすれば選考に通過できる可能性を上げられます

転職エージェントで面接対策を受けるメリットは以下の3つです。

  • 面接の経験を積める
  • 企業に合わせた面接対策ができる
  • 模擬面接でフィードバックがもらえる

ぶっつけ本番で面接を行っても上手な受け答えはできません。事前にプロのアドバイスを聞いた上で面接に臨めるのは大きなメリットです。

採用担当者
採用担当者

面接を有利に進めたい人は転職エージェントを利用しましょう。

企業に推薦状を出してくれる

転職エージェントは企業に推薦状を出してくれます。転職成功の確率を上げるためです。

転職エージェントと企業の間には信頼関係が築かれています。転職エージェントからの推薦状があれば、選考に良い影響を及ぼすのです。

ただし、転職エージェントが推薦状を企業へ送る前に必ず確認させてもらいましょう。推薦状と面接内容に異なる点があると、企業に不信感を与えます。「推薦状を確認させてください」と転職エージェントに伝えてください。

日程調整をしてくれる

転職エージェントのメリット

転職エージェントでは日程調整を行ってくれます。転職活動では以下の日程調整が必要です。

  • 面接日程の調整
  • 退社日の調整
  • 入社日の調整

複数の求人へ同時に応募している場合、個人では日程調整が大変です。転職エージェントを利用すれば、余計な手間をかける必要がありません。応募書類の作成や面接対策など、重要なポイントに集中できます。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントの日程調整は在職中に転職活動する場合に便利です。

条件交渉を代行してくれる

転職エージェントは企業との条件交渉を代行してくれます。個人で交渉するよりも良い条件で採用される場合が多いです。

転職エージェントへの報酬は転職者の年収で決まります。給与交渉では、より年収が高くなるように説得してくれる可能性が高いです。

少しでも年収を上げたいと思うなら、転職エージェントの利用をおすすめします。個人で給与交渉しても、思うような条件になる可能性は低いです。
» 転職エージェント経由で年収交渉すべき理由

内定・入社後のフォローがある

転職エージェントは内定や入社の後もフォローしてくれます。転職エージェントに報酬が発生するのは雇用契約が成立した後。入社後でもすぐに辞められると、報酬の返金が求められるからです。

以下は入社から退職までの期間と返金額の目安です。

退職までの期間返金額
数日以内100%
1ヶ月以内80〜90%
2ヶ月以内40〜50%
3ヶ月以内20〜30%

転職エージェントは利用者が問題なく雇用され、長く働けるようにサポートしてくれます。個人で手続きを進めると、入社後に雇用条件などのトラブルへ巻き込まれた際の対処が難しいです。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントは内定後の手続きも代行してくれます。

【規模別】転職エージェントのメリット・デメリット

【規模別】転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントは規模によってメリット・デメリットが違います。登録前に確認して上手に活用しましょう。

  • 大手総合型は求人の幅が広い
  • 業界・職種特化型は専門的なサポートがある
  • 年代・属性特化型は企業との人脈が強い

大手総合型は求人の幅が広い

「リクルートエージェント」などの大手総合型転職エージェントは、求人の幅が広いです。業界や職種を問わず、膨大な量の求人を扱っています
» リクルートエージェントの詳細を見る

あまりに多くの求人を扱っているため、キャリアアドバイザーも全てを把握できていません。アドバイスが表面的になりがちです。しかし複数の転職エージェントを利用すれば、多角的なアドバイスを受けられます。

大手総合型転職エージェントには2〜3社登録しましょう。幅広い求人を見るだけでも損はありません。
» 登録必須の転職エージェントを見る

業界・職種特化型は専門的なサポートがある

業界や職種に特化した転職エージェントでは、専門的なサポートを期待できます。所属するキャリアアドバイザーが業界や職種に詳しいからです。

大手総合型転職エージェントに比べると求人数が劣ります。しかし、業界や職種特化型の転職エージェントにしかない求人も多いです。

業界・職種特化型の転職エージェントには1〜2社登録しましょう。「JACリクルートメント」など、ハイクラス転職に特化した転職エージェントもあります。
» JACリクルートメントを詳しく見る

年代・属性特化型は企業との人脈が強い

年代や属性に特化した転職エージェントは、企業との間に強い人脈があります。専門的である分、手厚いサポートが可能です。

年代や属性を間違えると、希望する求人を全く保有していない場合もあります。しかし条件が絞られている分、内定率が高いです。

採用担当者
採用担当者

自分の該当する年代や属性を専門とする転職エージェントがあれば、1〜2社登録しましょう。

転職エージェントを使うメリットがある人の特徴

転職エージェントに登録するべき人の特徴は9個です。該当する人は転職エージェントに登録して転職活動を進めましょう。

  • 初めて転職活動する人
  • 在職中に転職活動する人
  • ブラック企業を避けたい人
  • 人の意見に流されにくい人
  • 少しでも内定率を上げたい人
  • プロのアドバイスが欲しい人
  • できるだけ早く転職したい人
  • 未経験分野への転職を目指す人
  • できるだけ多くの求人が見たい人

初めて転職活動する人

転職エージェントを使うメリットがある人の特徴

転職活動が初めてなら転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントが転職のノウハウを教えてくれます

初めて転職活動する場合、何から始めたらいいのかわかりません。闇雲に求人応募するのは失敗する原因です。

転職エージェントは適切なスケジュールで転職活動を進めてくれます。初めての転職活動でも安心です。
» 転職スケジュールを立てる4つのステップ

在職中に転職活動する人

働きながら転職活動するなら転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用すれば、面倒な日程調整などを任せられます

在職中に転職活動しようと思っても仕事で忙しいです。転職活動を進める時間をなかなか確保できません。転職エージェントを利用すれば転職活動がスムーズに進みます。

採用担当者
採用担当者

手間をかけずに転職活動したいなら転職エージェントを利用しましょう。

ブラック企業を避けたい人

転職エージェントを利用すれば、ブラック企業を避けられる可能性が高いです。転職エージェントには、ブラック企業を紹介するメリットがありません。

転職エージェントは転職者がすぐに辞めると企業から返金を求められます。ブラック企業に転職させても、すぐに辞められて報酬が減るだけです。入社から数日で辞められた場合、報酬を100%返金しなければいけません。

転職エージェントは転職者が長く働けるような企業を紹介してくれます。無理なく働けるホワイト企業を紹介してくれる可能性が高いです。
» 転職エージェントの求人はブラックばかり?

人の意見に流されにくい人

転職エージェントを使うメリットがある人の特徴

人の意見を参考程度に留められるなら、転職エージェントを利用した転職活動はおすすめです。転職エージェントのアドバイスをうまく活かして、転職を成功させられます。

人の意見に流されやすい人は注意してください。転職エージェントにとって都合の良い求人を紹介される可能性があります。

転職エージェントは新規企業への紹介に積極的など、さまざまな裏事情があります。キャリアアドバイザーのアドバイスを全て鵜呑みにしてはいけません。
» 転職エージェントの裏事情を公開

少しでも内定率を上げたい人

希望の企業への内定率を少しでも上げたいなら、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは以下のサポートにより、内定率を上げてくれます

  • 書類添削
  • 推薦文の送付
  • 面接対策

自分1人で転職活動していると、書類選考を突破できないことも多いです。企業にとって魅力的な人材だとアピールできるよう、転職エージェントを活用しましょう。
» 転職エージェントの内定率と書類選考通過率

採用担当者
採用担当者

1人で転職活動していてもなかなか内定はもらえません。

プロのアドバイスが欲しい人

転職活動でプロ目線のアドバイスが欲しいなら、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントに所属するキャリアアドバイザーは、多くの求職者を見ている転職のプロだからです。

以下のポイントがわからないなら転職エージェントを利用しましょう。

  • 履歴書の書き方
  • 自分の市場価値
  • 自分に合う仕事
  • 面接対策の方法

転職エージェントは相談だけでも利用可能です。プロのアドバイスを受ければ、迷わずに転職活動を進められます。
» 転職エージェントに相談だけするメリット

できるだけ早く転職したい人

転職エージェントを使うメリットがある人の特徴

素早く転職活動を終わらせたいなら、転職エージェントの利用はおすすめです。転職エージェントに登録すれば無駄のないスケジュールで転職活動を進められます

サポート期間が決まっている転職エージェントは多いです。サポート期間が3ヶ月なら、転職エージェントは3ヶ月以内に転職を実現できるようにサポートしてくれます。

1人で転職活動を進める場合、ダラダラと行動してしまいがち。効率的に転職活動を進めていくためにも、転職エージェントの利用は賢い選択です。

未経験分野への転職を目指す人

未経験の業界・職種に転職したいなら、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは各業界・職種を詳しく知っています

転職エージェントに未経験分野の詳細を聞きましょう。企業側が「未経験OK」としていても、業界に関する知識を得る努力をしているかが見られます。未経験分野に1人で挑んでも、転職が成功する確率は低いです。
» 未経験なら転職エージェントを使うべき理由

採用担当者
採用担当者

転職エージェントで情報を収集して、未経験分野への知識を蓄えましょう。

できるだけ多くの求人が見たい人

幅広い求人から転職先を選びたいなら、転職エージェントの利用をおすすめします。1人で多くの求人を見るのは限界があるからです。

転職エージェントを利用すれば、膨大な数から厳選した求人だけを確認できます。多くの求人から選んでいる分、希望の求人が見つかる可能性が高いです。

より多くの求人情報に触れるためにも、以下の2つを実践してください。

  • 大手総合型の転職エージェントに登録
  • 複数の転職エージェントに登録

大手総合型の転職エージェントを複数利用すれば、幅広い求人から選べます。
» 転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントを使うメリットがない人の特徴

転職エージェントを使うメリットがない人の特徴

以下の2つに当てはまるなら転職エージェントに登録する必要がありません。転職エージェント以外の方法で転職活動を進めてください。

  • 自由に求人へ応募したい人
  • マイペースで転職活動したい人

自由に求人へ応募したい人

縛りなく自由に求人へ応募したいなら、転職エージェントを利用する必要はありません。転職エージェントを経由すると、応募できる求人が厳選されてしまいます

転職サイトや直接応募なら、自分の意思で応募可能です。経験やスキルでフィルタリングされません。

とりあえず求人情報だけ見たい場合も、転職エージェントの利用は避けましょう。転職エージェントに登録すると、求人紹介される流れに持ち込まれます。

理想が高すぎる人は要注意

自由に応募できても、自分のキャリアやスキルに合った求人先を選びましょう。理想が高すぎると、身の丈に合わない求人にばかり応募してしまって転職先が決まりません。自分の市場価値がわからないなら、転職エージェントを利用してください。

マイペースで転職活動したい人

自分のペースで転職活動したいなら、転職エージェントを利用するべきではありません。転職エージェントを利用すると、テンポ良く転職活動が進むからです。

転職エージェントは「できるだけ早く転職させたい」と思っています。第三者が絡んでいる以上、自分だけのペースで転職活動を進めるわけにはいきません
» 転職エージェントを使わない方がいい人は?

転職エージェントは全ての求職者にメリットあり

基本的に転職エージェントは、全ての求職者にメリットのあるサービスです。「自由に応募したい」「マイペースで転職活動したい」というのは、自分のためになりません

採用担当者
採用担当者

転職エージェントは最適な転職先を素早く見つけられるようにサポートしてくれます。

転職エージェントうまく活用するコツ

転職エージェントを利用する際には以下のコツを押さえましょう。転職エージェントのデメリットをうまくカバーできます。

  • 相性の悪い担当者は変更する
  • 初めての場合は大手総合型を選ぶ
  • 複数の転職エージェントに登録する
  • 転職エージェントに全てを委ねない
  • 書類添削や面接対策を積極的にお願いする

相性の悪い担当者は変更する

転職エージェントうまく活用するコツ

転職エージェントで相性の悪いキャリアアドバイザーが担当になったら、変更を申し込みましょう。キャリアアドバイザーとの相性は、転職成功を左右する重要なポイントです。

担当者の変更は各転職エージェントのお問い合わせフォームからメールで申し出てください。「他の人の意見も聞きたくなった」など、ポジティブな書き方で変更希望を伝えましょう
» 転職エージェントの断り方【状況別】

担当者の変更を認められない場合は、別の転職エージェントを利用してください。転職エージェントが変われば、キャリアアドバイザーの質も変わります。

初めての場合は大手総合型を選ぶ

初めて転職エージェントに登録するなら、「doda」などの大手総合型を選びましょう。理由は以下の2つです。

  • 求人数が多く転職先の幅が広がる
  • 転職に関するノウハウが蓄積されている

大手総合型の転職エージェントは求人数だけでなく、転職支援実績も豊富。膨大なデータからあなたに最適な企業を割り出してくれます。

採用担当者
採用担当者

初めての転職エージェントは大手総合型から2〜3社選びましょう。

» 登録必須の転職エージェントを見る

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントは必ず複数利用してください。複数の転職エージェントを利用するメリットは3つです。

  • 多くの求人に出会える
  • 優秀な担当者に出会いやすい
  • 多角的にキャリアを捉えられる

転職エージェントの利用は無料なので、複数利用しても損はありません。転職成功の確率をあげるためにも、転職エージェントの複数利用は賢い選択です。

ただし、転職エージェントの登録しすぎにも注意です。各転職エージェントとのやり取りが大変になります。
» 転職エージェントを複数利用する注意点

転職エージェントに全てを委ねない

転職エージェントうまく活用するコツ

転職エージェントに登録しても、アドバイスを全て鵜呑みにしてはいけません。転職エージェントや担当者によってアドバイスの内容が変わります

転職エージェントはあくまでも「転職に利用する」と考えてください。転職エージェントに全て委ねると、思っていたキャリアを歩めず後悔する可能性もあります。

採用担当者
採用担当者

複数の転職エージェントからアドバイスをもらい、参考にした上で今後のキャリアを決めましょう。

書類添削や面接対策を積極的にお願いする

転職エージェントの書類添削や面接対策は積極的に活用してください。書類添削・面接対策を行えば、選考突破の確率が上がるからです。

基本的な書類添削・面接対策は、転職エージェント側の提案で行ってくれます。しかし、少しでも不安があるなら何度もお願いしてみましょう

転職エージェントの利用料は最後まで無料です。サポートを最大限に活かしてください。
» 転職エージェントの賢い使い方との注意点

転職エージェント以外の転職方法

転職エージェント以外にも転職方法はあります。転職エージェントを利用しない場合は、以下の方法で転職活動を進めましょう。

  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 直接応募
  • リファラル採用
  • ヘッドハンティング
  • ダイレクトリクルーティング

転職サイト

転職エージェント以外の転職方法

転職活動では、転職サイトを利用するのも方法の1つです。転職サイトにも多くの求人情報が掲載されています。

転職サイトをおすすめする人は以下の通りです。

  • 転職経験が豊富
  • 希望の業界・職種が明確
  • マイペースで転職活動したい

転職エージェントと転職サイトの違いはサポートの有無。転職のサポートが必要ないなら転職エージェントを利用する必要はありません。
» 転職エージェントと転職サイトの違い

企業は採用コストを抑えるために転職サイトの応募者を優先することもあります。一般的に公開されている求人の場合は、転職サイトを利用したほうがいい可能性も高いです。

ハローワーク

ハローワークを利用するのも転職活動方法の1つです。ハローワークは行政機関が運営しており、多くの求人を扱っています。

ハローワークの利用をおすすめする人は以下の通りです。

  • 地元で転職したい
  • キャリアに自信がない
  • マイペースで転職活動したい

ただし、ハローワークに掲載されている求人には注意してください。ハローワークへの求人は無料で出せるため、ブラック企業も混ざっています

ハローワークでは転職エージェントほどのサポートを期待できません。ハローワークに所属するスタッフは、キャリアアドバイザーではなく公務員です。

直接応募

転職エージェントや転職サイトを通さない、直接応募も方法の1つです。企業によっては、自社サイトに求人情報を掲載しています

直接応募は紹介料などのコストがかかりません。企業に好まれる応募方法です。

ただし、直接応募にはデメリットがたくさんあります。以下のポイントを押さえてから検討してください。

  • 条件交渉が難しい
  • 掲載している企業が少ない
  • トラブル時に味方がいない
採用担当者
採用担当者

安心して転職するためにも、直接応募はおすすめできません。

» 転職エージェントが直接応募より有利な理由

リファラル採用

転職エージェント以外の転職方法

転職にはリファラル採用という方法もあります。リファラル採用とは、企業に所属する知人の紹介を元に採用を決める方法です。

リファラル採用では確実に書類選考を突破できます。知人の紹介方法によっては、面接も確実に通過可能です。

ただし、内定辞退すると知人の顔を潰します。良好な関係を続けるためにも、内定辞退は避けましょう。
» 転職エージェントで内定辞退する方法

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングという方法でも転職が可能です。ヘッドハンティングは人材紹介会社が優秀な人材を探し、企業に紹介する方法です。

ヘッドハンティングを受けるには人材紹介会社の目に留まる必要があります。それなりのキャリアやスキルが必要です。

転職エージェントを介してヘッドハンティングが行われるケースもあります。ヘッドハンティングを狙うなら転職エージェントに登録しておいて損はありません。

ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティングでも転職を狙えます。ダイレクトリクルーティングはSNSなど自分のプロフィールを掲載しておくことで、企業側から声がかかる転職方法です。

ダイレクトリクルーティングを狙う場合は、SNSで不用意な投稿をしないように注意しましょう。企業側はプライベートな投稿までチェックしています。

ダイレクトリクルーティングは多くの実績がないと実現できません。

採用担当者
採用担当者

ダイレクトリクルーティングは転職方法の中でも難易度が高いです。

転職エージェントのデメリットを理解しよう

転職エージェントのデメリットを理解しよう

転職エージェントはメリットばかりではありません。以下のデメリットを理解した上で利用を検討しましょう。

  • 自由に求人応募できない
  • 地方の企業紹介が少ない
  • どの求人に応募するか迷う
  • サポート期間が決まっている
  • 応募や内定承諾を急かされる
  • 年収・職種・役職を調整される
  • 自分のペースで転職活動できない
  • 各転職エージェントで特徴が違う
  • 転職時期が遅いと後回しにされる
  • 担当者によってサポートの質が違う
  • 内定を保証してくれるわけではない
  • 転職エージェントとのやり取りが手間
  • 仕事内容よりも高年収の仕事を勧められる

転職エージェントの利用は無料です。転職エージェントに登録しても損はありません。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントに登録すればデメリットを上回る大きなメリットを得られます。

転職エージェントを利用するなら「リクルートエージェント」などの大手総合型には必ず登録しましょう。扱っている求人数が膨大で、転職活動の幅が広がります。

\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5