「待つだけ」は危険!転職エージェントから連絡がこない・遅い理由と対処法5選

「待つだけ」は危険!転職エージェントから連絡がこない・遅い理由と対処法5選
  • 転職エージェントから連絡がこないけど、どうしたんだろう?
  • 転職エージェントに見捨てられることってあるのかな?
  • 転職エージェントから連絡が遅い場合の対処法が知りたい

転職エージェントを利用していて困るのが、担当者からの連絡がこない・遅いときです。

求人への応募や選考結果の確認、待遇交渉など、転職エージェントはさまざまな場面で企業との仲介役となります。転職エージェントからの連絡が滞ると転職活動に支障が出るため、早めの解決が必要です。

本記事では、転職エージェントからの連絡がこない・遅い理由とその対処法を解説します。記事を読むことで、転職エージェントからの連絡がない場合に取るべき具体的なアクションがわかります

転職活動を有利に進めるためには、担当者から連絡がこないと嘆くのではなく自ら行動することが大切です。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントを主体的に活用し、理想の転職をつかみ取りましょう。

転職エージェントへの登録後に連絡がこない・遅い理由

転職エージェントへの登録後に連絡がこない・遅い理由は以下の通りです。

  • 登録が完了していない
  • 連絡を忘れられている
  • 対象顧客でない

登録が完了していない

転職エージェントへの登録が完了していない場合、担当者から連絡が来ることはありません。転職エージェントに登録する際には、以下の情報を入力する必要があります。

  • 氏名・年齢・住所などの個人情報
  • 学歴・職歴・スキル
  • 転職先に求める条件

転職先に求める条件などは、入力内容の検討に時間がかかるものです。途中で入力を中断した場合、登録が未完了のままである可能性が高いです。

登録完了メールが届いているかどうか、改めて確認しましょう。届いていなければ、再度フォームを入力して登録を完了させる必要があります。
» 転職エージェント利用の流れ【登録~内定】

連絡を忘れられている

転職エージェントに登録したにもかかわらず、担当者に連絡を忘れられているケースです。

中規模・小規模の転職エージェントでは、担当者が個別に求職者を管理することが多いため、連絡を忘れられる可能性があります。大手の転職エージェントはシステムで管理しているため、連絡漏れ等の不備は少ないです。

転職エージェントにとって、登録直後の求職者はモチベーションが高い傾向にあるため、迅速にフォローすべき対象です。サービス登録から数営業日経ってもコンタクトがない場合は、連絡を忘れられている可能性があります。

採用担当者
採用担当者

公式サイトの問合せ窓口から、状況を確認してみましょう。

対象顧客でない

登録した転職エージェントの扱う求人が、自分の年齢やスキル、キャリアとマッチしていないケースです。求人を紹介しても無駄になる可能性が高いため、登録後も連絡なしとされる場合があります。

転職エージェントには総合型と特化型の2種類があります。狭いジャンルを専門的に扱う特化型転職エージェントでは、特に求職者と案件のミスマッチが起きやすいです。

  • 総合型:さまざまな業界・職種を幅広く扱う
  • 特化型:特定の業界・職種のみを専門的に扱う

自分に合った転職エージェントを選び、ミスマッチを防ぎましょう。
» 最適な転職エージェントの選び方

転職エージェントとの面談後に連絡がこない・遅い理由

転職エージェントとの面談後に連絡がこない・遅い理由は以下の通りです。

  • 社会人としてのマナーに問題があった
  • 希望に合う求人がない
  • 本気度が伝わっていない
  • 担当者の手が回っていない
  • 担当者のやる気がない

社会人としてのマナーに問題があった

面談時の振る舞いを見て、社会人としてのマナーに問題があると判断されたケースです。

以下のような例が挙げられます。

  • 事前連絡なく面談に遅刻した
  • 自己分析やキャリアの棚卸に非協力的だった
  • 横柄な態度で難しい条件ばかり突きつけた

社会人としての常識・マナーがなっていないと認識された場合、求人を紹介してもらえません。紹介先企業は転職エージェントにとって大切な取引相手であり、信頼を失うわけにはいかないからです。
» 転職エージェントに見捨てられる人の特徴

希望に合う求人がない

面談を通して転職先に求める条件を伝えたものの、希望に合う求人がなく紹介できないケースです。以下のような場合には、求人紹介が難しくなります。

  • 希望する条件と転職エージェントが合っていない
  • 待遇を高望みしすぎている
  • ニッチなジャンルを狙いすぎている

紹介できる求人がないため、転職エージェントからの連絡は途絶えがちになります。転職先に求める条件を見直す、または自分に合った転職エージェントを新たに探すことが必要です。
» 転職エージェントに断られる理由

本気度が伝わっていない

面談を通して、本気度が伝わらず転職意欲が低いと判断されたケースです。

転職エージェントは、求職者を提携先企業に紹介し、転職が成立することで紹介報酬を得ています。転職への本気度が高く、早期の転職が見込める求職者へのサポートを優先するのは当然です。
» 転職エージェントが利益を得る仕組み

積極的に求人紹介を受けたい場合は、転職意欲の高さをアピールしましょう。「転職エージェント担当者からの連絡には迅速に返信する」「紹介された求人に応募する」などが効果的です。

担当者の手が回っていない

転職エージェントの担当者が忙しく、求職者全員のサポートが十分にできないケースです。

転職エージェントでは、1人の担当者が複数、多い場合には20~30人の求職者をサポートします。タイミングによっては、一部の求職者への連絡を後回しにせざるを得ません。

後回しにされるのは、転職の見込みがなく優先度が低いと認識されている求職者です。

採用担当者
採用担当者

転職意欲の高さをアピールすることで、自身の優先順を上げましょう。

» 転職エージェントに見捨てられる人の特徴

担当者のやる気がない

転職エージェント担当者のやる気がなく、サポートが受けられないケースです。

まだ求人紹介が始まっていない場合は、一度状況を問い合わせましょう。伝えるのは以下のポイントです。

  • 早期転職を目指している
  • 希望に沿った求人を紹介してほしい
  • 難しい場合、その理由を教えてほしい

返信がない、または合理的な理由が得られない場合、状況が変わる可能性は低いです。担当変更を要望するか、別の転職エージェントに切り替えましょう。
» 転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントから選考後の合否連絡がこない・遅い理由

応募先企業での選考後に、転職エージェントから合否連絡がこない・遅い理由は以下の通りです。

  • 企業の選考に時間がかかっている
  • 担当者の連絡漏れ
  • 担当者が辞めてしまった

企業の選考に時間がかかっている

企業の選考に時間がかかっており、転職エージェントの担当者にも合否連絡が伝わっていないケースです。

面接官と採用担当が別だったり、他の候補者の面接待ちだったりと、選考結果が出るまでには時間を要します。各選考過程において、結果が出るまでには5~10営業日かかることが多いです。

求職者側にできることはありません。気持ちを切り替えて別企業の選考対策を進めましょう

ただし、連絡経路のどこかで止まっている可能性もあります。合否連絡の目安を過ぎても連絡がない場合は、一度転職エージェントの担当者に問い合わせましょう。
» 転職エージェントで書類選考に通らない理由

担当者の連絡漏れ

転職エージェントの担当者が合否連絡を忘れているケースです。

転職エージェントの担当者は、同時に複数人のサポートをし、数十社の企業とやり取りをしています。最終選考と比較すると、書類選考や1次選考は優先度合いが下がるため、他の連絡に埋もれてしまうことがあります。

採用担当者
採用担当者

期限を過ぎても連絡がない場合は、遠慮なく転職エージェントの担当者に問い合わせましょう。

担当者が辞めてしまった

転職エージェントの担当者が辞めてしまい、連絡が滞るケースです。

担当者と連絡が取れなくなった場合は、転職エージェントの会員ページから問合せましょう。担当者が突然辞めてしまった場合、細かい引継ぎがされていない可能性もあります。

選考中の企業名、選考実施日、合否連絡の目安等を伝えて、早期の対応を依頼しましょう。

転職エージェントに連絡を無視される理由

転職エージェントに連絡しても無視される理由は以下の通りです。

  • 担当者にとって優先度が低い
  • 担当者の手が回っていない

担当者にとって優先度が低い

転職エージェントの担当者にとって優先度が低い場合、連絡を無視される可能性があります。

サポートの優先度を下げられる例は、以下の通りです。

  • 常識・マナーがないと思われている
  • 転職意欲が低いと認識されている
  • 転職先を高望みしすぎている

転職エージェントを活用して転職活動を有利に進めるためには、担当者にとっての優先度を引き上げる必要があります。「転職意欲が高く、自信を持って企業に紹介できる人」と認識されるよう、転職エージェントとコミュニケーションを重ねましょう。
» 転職エージェントに見捨てられる人の特徴

担当者の手が回っていない

担当者が忙しく、必要な連絡ができていないケースです。

転職エージェント担当者は求職者および取引先企業とさまざまなやり取りを日々行なっています。タイミングによっては、手が回らず連絡をスルーされることも十分あり得ます。

一時的であれば問題ありませんが、何度も続く場合は早めの対処が必要です。転職活動が進むにつれ、転職エージェント担当者の円滑なサポートが不可欠になるからです。

改善が見られない場合は、公式サイトの問合せページから相談するか、別の転職エージェントの利用を検討しましょう。
» 転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントから連絡がこない・遅いときの対処法5選

転職エージェントから連絡がこない・遅い場合の対処法は以下の5つです。

  • 担当者に状況を問い合わせる
  • 連絡頻度を増やす
  • 希望条件を見直す
  • 担当変更を依頼する
  • 複数の転職エージェントを使う

担当者に状況を問い合わせる

担当者に状況を問い合わせましょう。その際の返答により、連絡がこない・遅い理由を知ることが大切です。

連絡がこない要因が、自分・転職エージェント・企業のいずれにあるかで、取るべきアクションは変わります。場合によっては転職エージェントの担当者変更を要望したり、別の転職エージェントを利用したりする必要が出てきます

採用担当者
採用担当者

状況を問い合わせ、改善に向けた手がかりを見つけましょう。

連絡頻度を増やす

転職エージェントとの連絡頻度を増やしましょう。連絡頻度を増やすことには、以下2つのメリットがあります。

  • 転職意欲の高さをアピールできる
  • 担当者の記憶に残りやすくなる

良い求人があれば、頻繁にやり取りしている求職者に紹介したくなるものです。連絡頻度を増やし、転職エージェントの担当者にとって優先度が高い求職者になりましょう。

希望条件を見直す

志望業界に合った転職エージェントを利用しているのに求人を紹介してもらえない場合は、希望条件の見直しを検討しましょう。候補先企業の選択肢が広がり、転職エージェントから求人紹介を受けやすくなります

以下項目のうち、譲れないポイントと妥協できるポイントを明確にしましょう

  • 給与
  • 勤務時間
  • 勤務地
  • 業界
  • 職種

すべてに理想を求めるだけでは、応募できる企業が限定されます。

採用担当者
採用担当者

希望条件を見直すことで対象企業の幅が広がるため、自然と転職エージェントからの連絡が増えるはずです。

担当変更を依頼する

転職エージェントの担当者から連絡不備が続いた場合は、公式サイトの問合せ窓口から担当変更を依頼しましょう。

担当変更自体は悪いことではありません。希望する業界に詳しい担当者への変更など、よりよい転職活動につながるのであれば転職エージェントも協力してくれます

変更を要望する際は、あまり批判的な内容にせず客観的に事実を伝えることが大切です。
» 転職エージェントの断り方【状況別】

複数の転職エージェントを使う

複数の転職エージェントを使うことで、連絡がこない転職エージェントに頼る必要がありません。

転職エージェントを複数利用すれば、キャリアの視野が広がる他、相性のよい担当者に出会う確率も高まります。転職エージェントの担当者は転職支援のプロですが、性格によって合う・合わないがあります。

自分に合う転職エージェント・担当者を見つけることが、良い転職活動の第一歩です。複数の転職エージェントに登録することで、幅広い選択肢を持ちましょう。
» 転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントから連絡がこないなら自ら動こう

転職エージェントから連絡がこない・遅い場合の対処法は以下の通りです。

  • 担当者に状況を問い合わせる
  • 連絡頻度を増やす
  • 希望条件を見直す
  • 担当変更を依頼する
  • 複数の転職エージェントを使う

ただ連絡を待つのではなく、自ら動くことで状況は変えられます。連絡がこない要因を突き止め、解消するためのアクションを取りましょう。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントを主体的に活用することが、理想の転職に繋がります。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5