転職エージェントを複数利用する3つのメリットと掛け持ち時の注意点【使いすぎ厳禁】

転職エージェントを複数利用する3つのメリットと掛け持ち時の注意点【使いすぎ厳禁】
  • 転職エージェントを複数利用すべきか迷っている…
  • 転職エージェントを併用するメリットが知りたい…
  • 掛け持ちする上での注意点や何社利用すべきか知りたい…

転職エージェントの利用は決めたものの、複数利用すべきか悩む人はたくさんいます。大手の転職エージェントであれば求人数は10万件以上と膨大です。1社で十分だと考える人も多いはず。

本記事では、転職エージェントを複数利用する3つのメリットと掛け持ち時の注意点を解説します。記事を読むことで、複数の転職エージェントを使いこなし、効率よく転職活動を進める方法が分かります

転職エージェントは5社に登録

転職エージェントは複数利用すべきです。5社を目安に登録し、最終的な選考段階では3社に絞り込みましょう。1社では情報に偏りがあり、キャリアの選択肢が限定的です。運悪く残念なキャリアアドバイザーに当たる可能性もあります。

一方で転職エージェントとのやり取りには時間がかかります。闇雲に登録する転職エージェントを増やすのも禁物です。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントを複数活用して転職活動を成功させましょう。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

転職エージェントを複数利用する3つのメリット

転職エージェントを複数利用する3つのメリット

転職活動を有利に進める上で、転職エージェントの複数利用は大きなメリットがあります。

転職サイト大手リクナビNEXTの調査でも、転職決定者と全体の間で転職エージェント利用社数に大きな差がありました。

  • 転職決定者:平均4.2社
  • 全体:平均2.1社

複数の転職エージェントを利用するメリットは以下の3点です。

  • より多くの魅力的な求人に出会える
  • 優秀で気の合うアドバイザーと出会える
  • キャリアをより多角的に捉えられる

より多くの魅力的な求人に出会える

転職エージェントを複数利用することで、より多くの求人紹介が受けられます。転職エージェント各社は、非公開・独占の求人情報を多く扱っています

非公開求人
転職エージェント登録者以外に公開されていない求人
独占求人
特定の転職エージェントでのみ扱われている求人

非公開求人・独占求人は、一般公開されている求人と比べて魅力的な案件が多いです。特定の人材を早急に手配したい企業や、一般公開では応募者が殺到する好待遇の案件が多いからです。

転職エージェントは各社、得意分野が異なります。複数の転職エージェントを使うことで、多岐にわたる非公開求人・独占求人の紹介が受けられます。

優秀で気の合うアドバイザーと出会える

転職エージェントを複数利用する3つのメリット

転職エージェントを複数利用することで、優秀で気の合うキャリアアドバイザーと出会う可能性が高まります。

転職活動の成功には、アドバイザーによる的確な助言と希望に沿った求人提案が不可欠です。希望する業界の知識が乏しかったり、魅力的でない案件ばかり提案したりする担当者とは、気持ちよく転職活動を続けられません。

評判のよい転職エージェントを利用しても、担当者が経験の少ない新人だったり、性格が合わなかったりする可能性もあります。転職エージェントの複数利用で、自分に合ったキャリアアドバイザーを見つけましょう。
» むかつく転職エージェントへの対処法

キャリアをより多角的に捉えられる

複数の転職エージェントを利用することで、キャリアをより多角的に捉えられます。

キャリアアドバイザーは、在籍する転職エージェントの情報網や自身の経験を元にあなたにアドバイスをします。しかし、一人のアドバイザーの助言を鵜呑みにしてしまうのは危険です。
» 転職エージェントの裏事情10選

あるエージェントで厳しいと言われた業界・職種が、他のエージェントでは可能性ありとアドバイスされる事例は多いです。自分自身が想定していなかった業種・職種の提案により、視野が広がることもあります。

採用担当者
採用担当者

さまざまなキャリアアドバイザーの意見に触れることで、より多角的にキャリアを捉えられます。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

転職エージェント登録数の目安は5社

転職エージェント登録数の目安は5社

転職エージェントを複数利用するなら、5社を目安に登録しましょう。転職エージェントの登録数は、少なすぎると情報に偏りが出る一方、多すぎるとコミュニケーションが大変です。

一番時間のかかるアドバイザーとの面談は、近年オンライン化が進んでいます。移動時間が不要で、従来より効率的に転職活動を進められます。
» 転職エージェント面談の完全ガイド

採用担当者
採用担当者

5社を目安に転職エージェントに登録し、徐々に自分に合うエージェントに絞り込んでいきましょう。

転職エージェントを併用する際のポイントは以下の2点です。

  • 総合型と特化型を併用する
  • 最終的に3社に絞り込む

総合型と特化型を併用する

転職エージェントを複数利用する際には、総合型と特化型を併用しましょう。総合型は広く浅くさまざまな業界を扱う一方、特化型は特定の転職案件に精通しています。

総合型
幅広い業界をカバーする大手エージェント
特化型
特定の業界・職種・年代に強い中小エージェント

総合型と特化型の併用により、キャリアのさまざまな選択肢を網羅的に検討できます。総合型から2~3社、特化型から2~3社の計5社を目安に登録するのがおすすめです。

総合型の転職エージェントは、多角的な視点で求人を紹介してくれます。一方で、特定業界に関する深い知見は期待できません。

特化型の転職エージェントは特定の業界・職種・年代に強いです。総合型ほど多様な転職案件を紹介できるわけではありません。しかし得意分野に関しては深い知見を有しており、うまく選考をサポートしてくれます。

採用担当者
採用担当者

総合型・特化型をバランスよく組み合わせて、最適なキャリアを模索しましょう。

» 失敗しない転職エージェントの選び方

最終的に3社に絞り込む

企業の選考に進む段階では、利用する転職エージェントは3社以内に絞りましょう。転職活動初期には、視野を広げるために5社程度に登録するのがおすすめです。

しかし、常に5社の担当者とコミュニケーションを取るのは大変です。選考が進むにつれ、面接日程の調整なども必要となり、各エージェントとのやり取りだけで忙殺されます。

希望する業界・職種に関する情報の多さやアドバイザーとの相性を見極め、最終的には3社以内に絞りましょう。
» 転職エージェントの状況別断り方

転職エージェント複数利用時の注意点

転職エージェント複数利用時の注意点

転職エージェントの複数利用は効果的です。しかし、使い方には注意が必要です。

転職エージェントを掛け持ちするなら、以下5つの注意点を押さえましょう。

  • 掛け持ちしすぎはやり取りが大変
  • 併用の旨を転職エージェント担当者に伝える
  • 同一求人の紹介は確実に断る
  • 類似の転職エージェントを併用しすぎない
  • 内定が出たら他のエージェントにも報告

掛け持ちしすぎはやり取りが大変

多くの転職エージェントを掛け持ちしすぎると、アドバイザーとのやり取りが大変です。

転職活動が進むと、各企業との面接日程の調整なども必要です。面接対策に時間を割くべきときに、細かな調整に追われるのは避けなければなりません。

転職活動の初期には5社、選考段階に入ったら3社の掛け持ちを目安にしましょう。必要以上の転職エージェントの利用は、やり取りが大変になるだけです。

採用担当者
採用担当者

転職活動に行き詰まりを感じたタイミングで、新たな転職エージェントを利用しましょう。

» 転職エージェント登録から応募まで利用の流れ

併用の旨を転職エージェント担当者に伝える

転職エージェント複数利用時の注意点

転職エージェント併用の旨は、各社のアドバイザーに伝えておくべきです。紹介する求人や面接日程などが被り、調整が必要な局面は必ず出てくるからです。

すでに応募済みの求人を別のエージェントからも紹介された場合、断る必要が出てきます。併用を隠していると「他社で応募済みだから」とは言えません。適当に言い繕うと「この類の案件は興味なし」と判断され、その後の求人提案の方向性にずれが生じます

併用の旨を伝えれば、担当者によっては優先度が低い顧客とみなされる可能性はあります。一方で、自社の求人紹介で転職してもらうために全力でサポートしてくれる担当者もいます。熱心なアドバイザーを見分けるきっかけにもなります。
» 転職エージェントの賢い使い方と注意点

同一求人の紹介は確実に断る

すでに応募済みの求人について、他のエージェントからも紹介を受けた場合は確実に断りましょう。応募が重複してしまうと、求人元企業には「応募先の管理ができない人物」とみなされる他、転職エージェント間でのトラブルにも繋がります。

応募中の求人はメモ帳に一覧でまとめるなど、同一求人の紹介があれば一目で分かるよう管理しましょう。人気の業界・職種であれば、エージェント1社あたりの求人紹介は20~30件に及びます。

管理を怠り、複数のエージェント経由で同じ求人に応募してしまうケースは多いです。しっかりと情報を管理し、同一求人の紹介は確実に断りましょう。
» 転職エージェントで内定辞退する方法

類似の転職エージェントを併用しすぎない

転職エージェント複数利用時の注意点

類似の転職エージェントばかりを併用しても、転職活動にプラスになりません。複数の転職エージェントを利用する目的の一つは、キャリアを多角的に見ることです。

異なるタイプのエージェントを掛け持ちすることで、新たな気づきに繋がります。希望する業界に強いエージェント、自分の年代に強いエージェントなど、異なるタイプの転職エージェントを組み合わせましょう。

内定が出たら他の転職エージェントにも報告

内定が出て転職の意志が固まったら、他の転職エージェントにも報告しましょう。

内定先の求人を紹介したエージェント以外は、連絡を受けない限り転職活動の終了を知りません。選考中企業との調整や、新たな求人探しを続けています。

他の転職エージェントからすれば嬉しい報告とは言えません。しかし、連絡をもらうことで別の求職者のサポートに切り替えられます。

転職活動は人生一度とは限りません。今後再びお世話になる可能性もあります

採用担当者
採用担当者

一社会人として必要な連絡は入れましょう。

転職エージェントの複数利用で最高の転職を

転職エージェントの複数利用で最高の転職を

転職エージェントを複数利用する3つのメリットは以下の通りです。

  • より多くの魅力的な求人に出会える
  • 優秀で気の合うアドバイザーと出会える
  • キャリアをより多角的に捉えられる

転職エージェント掛け持ち時の注意点は以下の通りです。

  • 掛け持ちしすぎはやり取りが大変
  • 併用の旨を転職エージェント担当者に伝える
  • 同一求人の紹介は確実に断る
  • 類似の転職エージェントを併用しすぎない
  • 内定が出たら他のエージェントにも報告

まずは総合型を2~3社、特化型を2~3社の計5社を目安に転職エージェントに登録しましょう。自分に合った転職エージェント・キャリアアドバイザーと出会えれば、転職活動は半分成功したも同然です。

採用担当者
採用担当者

複数の転職エージェントをうまく活用し、理想の転職先を手に入れましょう。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5