役に立たない?転職エージェントを使わない方がいい人の特徴【転職方法とコツ】

役に立たない?転職エージェントを使わない方がいい人の特徴【転職方法とコツ】
  • 転職エージェントを使わないで転職したい…
  • 転職エージェントを信用できない…
  • 転職エージェントを使わなくてもOKか不安…

転職エージェントを使わない方が転職活動が上手くいく人もいます。しかし転職エージェントを使うのが一般的と言われており、不満でも利用する人は少なくありません。

この記事では、転職エージェントを使わない方がいい人の特徴を紹介します。この記事を読めば、転職エージェントを使うべきか分かります

転職エージェントを使わなくても転職は可能です。転職エージェントのメリットとデメリットを比較して、本当に使うべきか判断しましょう。

採用担当者
採用担当者

コツを押さえれば、転職エージェントを使わなくても転職できます。

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴

転職エージェントや人材紹介会社を使わなくても転職可能です。合否は転職エージェントの利用状況に左右されません。

次のような人は転職エージェントを使わず転職可能です。

  • 既に行きたい企業の目星がついている
  • 転職エージェントに求人がない企業へ行く
  • 自分で転職の書類添削や面接対策ができる
  • 日程調整や必要書類の把握が苦痛にならない

第二新卒でも条件に当てはまっていれば、転職エージェントを使わなくても問題ありません。しかし、転職エージェントを通さないと手間がかかるのも事実です。

採用担当者
採用担当者

基本的には調整や選考対策をしてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

» 転職エージェントの内定率

既に行きたい企業の目星がついている

既に行きたい企業の目星がついている場合は、転職エージェントは使わなくても問題ありません。目星がついているとは、次のような状態です。

  • 既に行きたい企業が決まっている
  • 他の企業へ行く気がない
  • 引き抜きの声が多数かかっている

少しでも「自分の視野を広げたい」「他の企業も知りたい」と思っている場合は、一度転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントに求人がない企業へ行く

転職エージェントに求人がない企業へ行きたい場合は、転職エージェントは使わない方がいいです。転職エージェントを使っても時間を無駄にします

次のような就職先は、転職エージェントに求人がないことが多いので気をつけましょう。

  • NPO法人
  • NGO法人
  • 学校法人
  • スタートアップ企業
採用担当者
採用担当者

転職エージェントに求人がない場合は、就職先へ直接応募できるか確認してみましょう。

企業の雰囲気を知るため、応募前にボランティアや見学を申し込むのもおすすめです。
» 転職エージェントを使わない転職方法

自分で転職の書類添削や面接対策ができる

転職エージェントを使わないなら、自分で書類添削や面接対策をする必要があります。書類添削や面接対策は、ただ文章を添削したり面接練習をしたりするだけではありません

次のような対策を自分自身で行います。

  • 客観的に自己分析をする
  • 企業が求める人物像などを分析する
  • 効果的な伝え方を考える
  • 書類を添削する
  • 面接の練習をする

コツさえ掴めば自分自身で対策も可能です。
» 転職に成功する自己分析のやり方
» 転職に成功する履歴書の書き方と見本

日程調整や必要書類の把握が苦痛にならない

転職エージェントを使わない場合、日程調整や必要書類の把握は自分自身で行う必要があります。具体的には、次の通りです。

  • 書類選考の必要書類と期日を把握し提出する
  • 面接の日程をメールで調整する
  • 合格後の必要書類と期日を把握し提出する

特に面接の日程調整は、他の企業の面接と被らないように調整するなど手間がかかります。最悪の場合、メールの返事の遅延や必要書類の未提出で、不合格となることもあるので気をつけましょう。

採用担当者
採用担当者

日程調整や必要書類の把握が苦痛になる人は、転職エージェントの利用がおすすめです。

» 転職スケジュールを立てる4つのステップ

役に立たない?転職エージェントを使わないメリット

転職エージェントを使わないメリットは次の通りです。

  • 自分のペースで転職活動できる
  • 転職エージェントとの面談に時間が取られない
  • 転職エージェントの都合に左右されない
  • 転職エージェントの力量に左右されない

転職エージェントへ「役に立たない」「胡散臭い」「嫌い」といった印象を抱く前に、使わないメリットを知って自分に合うか確認しましょう。

自分のペースで転職活動できる

転職エージェントを使わないと自分のペースで転職活動できます。実際に転職活動をしてみると「一度時間を置いて考えたい」「やっぱり転職活動をやめたい」と思う瞬間もしばしば。

しかし、転職エージェントは多くの求職者を担当しているため、早く転職活動を終わらせたがります。

採用担当者
採用担当者

自分のペースでゆっくり考えて転職活動したい人は、転職エージェントを使わないのがおすすめです。

転職エージェントとの面談に時間が取られない

転職エージェントとの面談に時間が取られないのもメリットの1つです。日程調整から実際の面談に至るまで手間がかかり、面談は複数回に渡ります。

転職エージェントとの面談に時間が取られない分、面接対策や書類添削など準備時間に当てられます。
» 転職エージェント面談の完全ガイド

転職エージェントの都合に左右されない

転職エージェントを使わなければ、転職エージェントの都合に左右されません。基本的に転職エージェントは、転職者の意思を尊重してくれます。しかし、転職エージェントの都合で次のようなこともあります。

  • 報酬が高い企業への転職を誘導された
  • 報酬が低い企業は紹介されない
  • 他の候補者がいる企業は面接の日程調整が進まない

転職エージェントの都合で転職活動が左右されることがあります。転職エージェントの都合に左右されたくない場合は、転職エージェントは使わないようにしましょう。
» 転職エージェントの裏事情を公開

転職エージェントの力量に左右されない

転職エージェントを使わないなら、転職エージェントの力量に左右されません。良くも悪くも全て自分次第です。

転職エージェントを使うと年収や勤務時間の交渉、面接後のフォローアップをしてくれます。しかし、転職エージェントの力量次第で結果が変わってしまうことも。

転職エージェントを使わなければ自分自身で全て行えるため、納得感があります。
» 転職エージェント経由で年収交渉すべき理由

転職エージェントを使わないデメリット

転職エージェントを使わないデメリットは次の通りです。

  • 非公開求人の情報を得られない
  • 企業の内部事情が分からない
  • 自分の市場価値を見極められない
  • 書類添削や面接対策を受けられない
  • 書類選考や面接での失敗を挽回できない
  • 面倒な手続きや交渉を自分でする必要がある

転職エージェントを使わないデメリットは大きいです。

採用担当者
採用担当者

自分自身でデメリットをカバーできるか考えてみましょう。

非公開求人の情報を得られない

転職エージェントを使わないと非公開求人の情報を得られません。一般に公開されていない転職エージェントだけが持っている求人情報が数多くあります。非公開求人の情報を得られるのは転職エージェントならではです。

転職エージェントを使わない場合、非公開求人の情報は気にしないか、企業のサイトを1つずつ調べるしかありません。少しでも非公開求人を知り自分の視野を広げたい場合は、転職エージェントを利用した方がよいでしょう。
» 転職エージェントのメリット・デメリット

企業の内部事情がわからない

転職エージェントを使わないと企業の内部事情を知りにくいです。転職エージェントは企業を調査したり、転職済みの人からヒアリングしたりしています。

しかし転職エージェントを使わない場合は、勤めている人にヒアリングするなど自分自身で企業の内部事情を調査する必要があります。
» 転職に成功する企業研究のやり方

採用担当者
採用担当者

転職エージェントに聞けば内部事情を知れるため、自分で調査する手間がかかりません。

自分の市場価値を見極められない

転職エージェントを使わない場合は、自分の市場価値の見極めが難しいです。

市場価値を見極められないと、身の丈に合わない企業へ応募するなど思うように転職活動が進みません。特に第二新卒や社会人歴が短い人の転職では、苦労する可能性が高いです。

転職エージェントを使えば、市場価値を把握したうえで転職活動を進めてくれます。転職エージェントを使わない場合は、転職サイトの診断ツールなどで自分の市場価値を把握してみましょう。
» 転職エージェントと転職サイトの違い

書類添削や面接対策を受けられない

転職エージェントを使わなければ、書類添削や面接対策を受けられません。書類の作成や面接対策を自分自身で行うことが必要です。

転職エージェントは何百人もサポートしたプロの目線で対策してくれます。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントを使わない場合は、時間を取って徹底的に対策しましょう。

書類選考や面接での失敗を挽回できない

転職エージェントを使わない場合は、書類選考や面接での失敗を挽回できません。自分自身の力が全て結果に反映されます。

転職エージェントを使えば、失敗してもフォローをしてくれて挽回できることもあります。転職エージェントを使わない場合は自分自身の力が全て反映されるため、失敗しないように事前に対策しておくことが必要です。
» 転職エージェントの内定率

面倒な手続きや交渉を自分でする必要がある

転職エージェントを使わないなら、面倒な手続きや交渉を自分で行う必要があります。特に交渉は複数回に渡る可能性があるため、時間がかかることを覚悟しましょう。自分で交渉できる分納得感はありますが、良くも悪くも自分次第です。

転職エージェントを使う場合は、面倒な手続きのフォローをしてくれて、交渉もしてくれます。
» 転職エージェント経由で年収交渉すべき理由

採用担当者
採用担当者

手続きや交渉が苦手な場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェント

転職エージェントを使わない転職方法

転職エージェントを使わない転職方法は次の通りです。

  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 企業の採用ページから応募
  • リファラル採用
  • ヘッドハンティング

転職エージェントを使わない方法も様々なので、自分に合った方法を選びましょう。

転職サイト

様々な企業の求人情報を掲載しているのが転職サイトです。転職エージェントと転職サイトは別物。転職エージェントを介さずに転職活動できます。
» 転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトの特徴は以下の通りです。

  • 公開されている求人数が多い
  • 業界・業種・職種など様々な情報を知れる
  • 転職サイトの診断ツールなどを使える

リクナビNEXT」などの転職サイトは自分でじっくり検討しながら転職活動を進めることが可能。自己分析などの診断ツールを使うだけでも役立ちます。

転職サイトによって掲載している求人情報が変わります。多くの求人に触れるためにも、複数の転職サイトに登録するのがおすすめです。

ハローワーク

ハローワークは、国が運営する就職支援サービスです。ハローワークには次の特徴があります。

  • 地域の求人情報が多く掲載されている
  • ベンチャー企業やスタートアップ企業の求人がある
  • キャリアプランの作成など支援が受けられる

ハローワークは企業側の掲載料が無料です。思わぬ求人に出会える可能性があります。国の事業なので、強制的に面談を組まれることはありません。

企業の採用ページから応募

企業の採用ページから直接応募することも可能です。企業の採用ページからの応募には次の特徴があります。

  • 求人を採用ページに掲載しない企業もある
  • 求人が殺到し返事すらもらえないことがある
  • 自分自身で直接企業とやり取りできる

企業はSNSで求人募集していることもあります。採用ページがない場合はSNSもチェックしてみましょう。

リファラル採用

リファラル採用とは、応募先の企業の社員に紹介してもらい応募する方法です。リファラル採用には次の特徴があります。

  • 企業の内部事情を詳しく知れる
  • 就職後のミスマッチを防ぎやすい
  • 社員の紹介なので受かりやすい

企業の内部事情を知ったうえで応募できるのでミスマッチが起きにくく、企業側にも応募者側にもメリットがあります。

採用担当者
採用担当者

応募先の企業がリファラル採用していないか知人へ聞いてみましょう。

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングとは企業の担当者からスカウトを受けて応募することです。ヘッドハンティングは次のように受けることができます。

  • 取引先企業からスカウトされる
  • SNS上でスカウトされる
  • 転職サイトからスカウトされる

SNSはLinkedinTwitterで声をかけられることが多いです。ヘッドハンティングを狙う場合は登録しておきましょう。

ヘッドハンティングは既に経歴を見て声をかけているため、採用されやすいです。

転職エージェントを使わずに転職するコツ

転職エージェントを使わずに転職するコツは次の通りです。

  • 転職活動の期間を決める
  • 選考対策を徹底的に行う
  • 転職先に求める条件を明確にする

転職エージェントを使わない場合は、ポイントを押さえて転職活動を行いましょう。

転職活動の期間を決める

転職エージェントを使わない場合は、転職活動の期間を最初に決めましょう。自分のペースで転職活動できるため、期間を決めないと長期化しがちです。長期化するとチャンスを逃してしまうこともあります。

途中で計画変更してもOKなので、転職活動の期間の目安は決めておきましょう。
» 転職スケジュールを立てる4つのステップ

選考対策を徹底的に行う

選考対策は自分で徹底的に行いましょう。転職エージェントを使わない場合は入念な準備が必要です。指摘されないと気づかないこともあるため、積極的に自分でチェックする必要があります。

採用担当者
採用担当者

転職経験者に選考対策を手伝ってもらうのもおすすめです。

» 転職に成功する自己分析のやり方
» 転職に成功する履歴書の書き方と見本

転職先に求める条件を明確にする

転職エージェントを使わない場合は、転職先に求める条件を明確にしましょう。特に年収や勤務時間は相場を知っておかないと不当な条件を提示されても気づきません。

事前に自分の求める条件を明確にしておくと後悔することが少ないです。
» 転職エージェントの求人はブラックばかり?

転職エージェントを使うか見極めよう!

転職エージェントを使わなくても転職可能です。転職エージェントを使わない方がいい人の特徴は次の通りです。

  • 既に行きたい企業の目星がついている
  • 転職エージェントに求人がない企業へ行く
  • 自分で転職の書類添削や面接対策ができる
  • 日程調整や必要書類の把握が苦痛にならない

転職エージェントを使わなくても、転職活動が上手くいく人もいます。しかし転職活動に不安があるなら、転職エージェントの利用がおすすめです。自分に合う転職エージェントを選べば、転職を成功させられる可能性は上がります。
» 失敗しない!転職エージェントの選び方

採用担当者
採用担当者

この記事を参考に、転職エージェントを使うかどうか決めてください。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェント
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5