使わないのは損!転職エージェントは相談だけでもOK【各社の見解を調査】

使わないのは損!転職エージェントは相談だけでもOK【各社の見解を調査】
  • 転職エージェントに相談すると費用がかかる?
  • 相談だけだと転職エージェントから相手にされない?
  • 今後のキャリアプランを転職エージェントに相談したい!

相談だけで転職エージェントを利用してもいいのか、迷う人はたくさんいます。しかし「相談だけで利用するのは申し訳ないから」と、転職エージェントを利用しないのは損です。

この記事では、相談だけでも転職エージェントを利用するメリットを紹介します。記事を読めば、安心して転職エージェントにキャリアプランを相談できます

転職エージェントは相談だけでもOKです。ただし「相談だけ」で利用していることがわかると十分なサポートを受けられません。

採用担当者
採用担当者

転職する姿勢を見せつつ転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは相談だけでもOK

転職エージェントは相談だけでもOK

相談だけが目的で転職エージェントを利用しても問題ありません。理由は以下の2つです。

  • 各社が相談だけでも歓迎している
  • 10人に2人は相談だけの利用者

各社が相談だけでも歓迎している

「相談だけ」の利用に関する、大手転職エージェント各社の見解は以下の通りです。

転職エージェント見解詳細▼



リクルートエージェント
OK詳細を見る

type転職エージェント
NG詳細を見る

JACリクルートメント
前向きな姿勢詳細を見る

doda
OK詳細を見る

パソナキャリア
OK詳細を見る

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは相談だけでも利用OKです。公式ページにも以下のように記載されています。

A. 相談だけでも利用できます。

“転職”と“転職活動”は同じものとして捉えがちですが、実は異なります。“転職”は勤務先を変えたという結果であり、“転職活動”はその過程です。

転職活動は自分の置かれた状況を見つめ、今後の可能性にじっくりと向き合い、将来を考える貴重な機会です。また、転職活動によって他社の状況を知ることで、「在籍企業の魅力をあらためて思い知った」「この会社で自分はまだまだ活躍できると気付いた」というケースは多々あります。その結果、転職を見送る人はたくさんいます。

リクルートエージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは相談だけの利用がNGでした。公式サイトに以下のような記載があります。

A. 「type転職エージェント」では、求人案件のご紹介を前提にカウンセリング(面談)を行っております。 そのため、ご紹介できる求人案件がない状態でのカウンセリングのみは行っておりません。

type転職エージェント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは相談だけに関する明記がありません。しかし、公式サイトには前向きな記載がありました。

求人について、また転職活動全般について、質問や疑問、ご相談等がございましたら、小さなことであってもお気軽におたずねください。

JACリクルートメント

doda

doda

dodaは相談だけでもOKです。公式サイトに以下のような記載があります。

転職するかどうか迷っている…」という人は、 まずは相談だけでもOK!

doda

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは相談だけでも利用OKです。公式ページに以下の記載がありました。

A. 転職活動をするか迷っている場合も、お気軽にご登録下さい。キャリアカウンセリングを通して、転職の必要がないと分かる場合もありますし、内定が出たからといって、無理に入社を勧めるということもありません。

パソナキャリア

10人に2人は相談だけの利用者

相談だけで転職エージェントを利用する人は10人に2人の割合です。転職エージェントで実際に働く人の話を参考にしています。
(参考:転職エージェントのすべて)

転職エージェント側も相談だけで利用する人がいることを理解しています。相談だけしたい場合でも不安に感じる必要はありません。

採用担当者
採用担当者

今後のキャリアプランに関するアドバイスが欲しいなら転職エージェントに相談しましょう。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

転職エージェントに相談するメリット

相談だけでも転職エージェントを利用するメリットは6つあります。すべて無料で相談できる内容です。

  • 市場動向を知れる
  • 自分の市場価値がわかる
  • 転職成功のコツがわかる
  • 転職するべきか判断できる
  • 希望の求人があるかわかる
  • 自分だけでは気づかないことがわかる

市場動向を知れる

転職エージェントに相談するメリット

転職エージェントは市場動向を教えてくれます。転職エージェントはあらゆる求人を扱っており、どのような傾向があるか把握しているからです。

業界によって転職しやすい時期が違います。転職エージェントに聞けば、適切なアドバイスをもらえるのです。

市場動向を個人でリサーチするのは困難。無料で利用できる転職エージェントを利用して、市場動向を調査しましょう。

自分の市場価値がわかる

転職エージェントはあなたの市場価値を教えてくれます。転職エージェントは膨大な求職者のデータを持っているからです。

キャリアとデータを比較すると以下の内容がわかります。

  • 今の年収は妥当か?
  • 需要のある人材か?
  • 年収アップの見込みはあるか?

現在の状況を把握することは、今後のキャリアプランに影響を与えます

採用担当者
採用担当者

最適なキャリアを歩みたいなら、転職エージェントで自分の価値を確認しましょう。

転職成功のコツがわかる

転職エージェントに相談すれば、転職成功のコツがわかります。転職エージェントに所属するアドバイザーは転職のプロだからです。

転職エージェントの面談では、あなたの強みや性格を見出します。どのようにアピールすれば企業へ魅力を伝えられるかわかるのです。

初めての転職だと何から始めたらいいのかもわかりません。転職エージェントを活用して、転職成功の確率を上げましょう。

転職するべきか判断できる

転職エージェントに相談するメリット

転職エージェントで相談すると、転職するべきか正しい判断ができます。転職エージェントは多くの転職者を見ており、最適な転職のタイミングを熟知しているからです。

転職エージェントに相談しても「転職しないほうがいい」と言われることもあります。転職エージェントが導くのは求人紹介だけでなく、あなたの最適なキャリアです。

自分だけで考えていても「転職するべきか」の最適な答えは出ません。転職のプロに相談すれば安心して今後のキャリアを決められます。

希望の求人があるかわかる

転職エージェントに登録すると希望する求人があるかわかります。転職エージェントに希望を伝えると、最適な求人を紹介してくれるからです。

転職エージェントには非公開求人があります。非公開求人とは、非登録者では確認できない求人のこと。転職エージェントを利用しない限りは見つけられません。
» 転職エージェントは登録だけでもいい理由
» 転職エージェントの求人はブラックばかり?

非公開求人は狙い目

非公開求人には公開すると応募が殺到してしまう人気企業が揃っています。希望する求人が見つかる可能性が高いです。

自分だけでは気づかないことがわかる

転職エージェントに相談すると、自分では気づかない部分がわかります。第三者目線で自分を分析できるからです。

転職エージェントのアドバイザーは、以下を考慮してあなたの能力に合ったキャリアを提案します。

  • 信念
  • 性格
  • 経験
  • スキル

転職エージェントに相談すればキャリアの選択肢が広がります
» 転職エージェントのメリット・デメリット

採用担当者
採用担当者

転職エージェントを利用せず、選択肢が狭いまま転職活動するのは損です。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

転職エージェントに相談だけするときの注意点

転職エージェントに相談だけするときの注意点

相談だけで転職エージェントを利用する場合、以下の注意点を押さえましょう。十分なサポートを受けられなくなる可能性があります。

  • 転職に誘導されることがある
  • 相談の後にしつこく連絡が来る
  • 「相談だけ」がバレると態度が変わる
  • 「相談だけ」がバレると担当者が変わる

転職に誘導されることがある

相談だけが目的でも、転職エージェントが転職に誘導することがあります。転職エージェントは企業への紹介が成立した時点で報酬が発生するからです。

転職エージェントが利益を得る仕組みは以下の通りです。

転職エージェントは相談だけだと報酬が発生しません。親身になって相談に乗っていても、最終的に転職へ誘導するケースは多いです。
» 転職エージェントが利益を得る仕組み

相談の後にしつこく連絡が来る

転職エージェントへ相談した後、担当者からしつこく連絡が来る場合があります。転職エージェントが利益を得るため、転職に誘導したいからです。

転職エージェントに相談してみて「転職するべきではない」と判断したなら、キッパリと断りましょう

採用担当者
採用担当者

転職する可能性を見せると、転職エージェントは積極的に連絡してきます。

「相談だけ」がバレると態度が変わる

転職エージェントに「相談だけ」がバレると、担当者の態度が変わります。転職しない人は転職エージェントに利益をもたらさないからです。

転職エージェントは多くの求職者を抱えています。転職する気がない人材よりも、転職意欲の高い人材を優先するのは当然です。
» むかつく転職エージェントへの対処法

「相談だけ」がバレると担当者が変わる

転職エージェントに「相談だけ」がバレると、担当者が変わる可能性があります。転職する可能性のない利用者を使って、新人アドバイザーに経験を積ませるためです。

優秀なアドバイザーは転職に前向きな利用者の担当に付きます。転職する可能性がある利用者に新人アドバイザーが付くと、失敗して報酬を取り逃す可能性があるからです。
» 転職エージェントに見捨てられる人の特徴

採用担当者
採用担当者

経験の浅い新人アドバイザーが担当に付くと、質の高いサポートを受けられません。

転職エージェントへの相談を成功させるコツ

転職エージェントへの相談を成功させるコツ

転職エージェントに相談する場合は、以下4つのコツを押さえましょう。コツを押さえれば、転職エージェントをうまく活用できます。

  • 転職する姿勢を見せる
  • どこまで相談するか整理しておく
  • 担当者のアドバイスに流されない
  • 転職エージェントを利用する姿勢を見せる

転職する姿勢を見せる

「相談だけ」と決めていても、転職する姿勢を転職エージェントに見せましょう。転職する可能性があれば、転職エージェントは質の高いサポートを行ってくれます

「相談だけお願いします」と正直に答えてはいけません。転職を迷っていても「良い求人があれば転職する」と伝えてください。

ただし「すぐに転職したい」と嘘をついてはいけません。転職エージェントが積極的に求人を紹介してきます。断る手間が増えるだけです。

どこまで相談するか整理しておく

転職エージェントで相談するときには、どこまで相談するのか決めておきましょう。あらかじめラインを決めておけば、想定外のシチュエーションを避けられます

転職エージェントは転職させることが目的です。少しでも転職の可能性を見せれば、積極的に求人を紹介してきます。ラインを決めずに相談すると、いつの間にか求人応募する事態にまで発展する可能性もあります。
» 転職エージェントの賢い使い方と注意点

採用担当者
採用担当者

相談するときに「転職するか決めるまで」などと決めておきましょう。

担当者のアドバイスに流されない

転職エージェントの言葉をすべて鵜呑みにするのはいけません。転職エージェントは最終的に「転職させたい」と思っています。転職させるように誘導してくる可能性が高いです。

担当者や転職エージェントによってアドバイスする内容も変わります。アドバイスは参考までに留めておき、よく考えて決断しましょう。

転職エージェントは複数の利用がおすすめ

できれば複数の転職エージェントに相談するのがおすすめです。各転職エージェントから違った目線でアドバイスをもらえます。転職エージェントの利用は無料なので損することはありません
» 転職エージェントを複数利用すべき理由

転職エージェントを利用する姿勢を見せる

転職する際には、相談している転職エージェントを利用する姿勢を見せましょう。「自分の転職エージェントで転職する可能性がある」と思わせれば、本気で相談に乗ってくれるからです。

転職エージェントは企業に人材を紹介した時点で報酬が発生します。自分の転職エージェントを利用する可能性がある人に大きなメリットを感じるのです。
» 転職エージェントが利益を得る仕組み

採用担当者
採用担当者

転職エージェントがあなたに対して本気になれば、より質の高いサポートが期待できます。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

転職エージェントに相談するまでの流れ

転職エージェントに相談するまでの流れ

転職エージェントに相談したいときは以下の流れで進めましょう。転職エージェントとのやりとりは最後まで費用がかかりません。

  1. 無料登録
  2. 面談日程の調整
  3. 面談

STEP1:無料登録

まずは転職エージェントに登録します。各転職エージェントの公式サイトから以下の項目を入力してください。

  • プロフィール
  • 職務経歴
  • 転職先の希望条件

登録の時点で求人される企業が決まるわけではありません。深く考えずに入力を進めましょう。
» 失敗しない転職エージェントの選び方

STEP2:面談日程の調整

転職エージェントへの登録が完了すると、1週間以内に担当者からメールまたは電話で連絡が来ます。初回面談の日程を決めるためです。連絡が来たら希望する日時を伝えてください。
» 転職エージェントを利用する流れ

転職エージェントはWeb面談にも対応

転職エージェントにはリモートで行うWeb面談に対応している場合があります。転職エージェントに赴くのが難しい場合はWeb面談を活用して相談しましょう。

STEP3:面談

日程調整が終われば面談に進みます。転職に関する不安や悩みを担当者に相談しましょう。

転職エージェントの面談は以下の流れで進みます。

  1. 自己紹介
  2. キャリアの棚卸
  3. 希望条件の整理
  4. 転職スケジュールの設計
  5. 求人情報の紹介

相談だけの場合、求人応募まで進むことはありません。安心して面談に臨みましょう。
» 転職エージェントの電話面談で聞かれること

服装はオフィスカジュアルかスーツ

面談時の服装はオフィスカジュアルかスーツがおすすめです。担当者より外見の印象を含めたアドバイスをもらえることがあります。
» 転職エージェント面談の完全ガイド

転職エージェント以外で相談できる場所

転職エージェント以外で相談できる場所

転職エージェント以外にも転職相談できる場所はあります。ただし、転職成功に役立つとは限りません

  • ハローワーク
  • 転職サイトの診断機能

ハローワーク

ハローワークでも転職相談を行っています。しかし、質の高いアドバイスをもらえるとは限りません。ハローワークの相談員は転職のプロではなく、公務員だからです。

ハローワークで紹介している求人には以下の特徴があります。

  • 高齢者向け
  • 事務担当者
  • パート・アルバイト
採用担当者
採用担当者

転職の支援実績があっても、あなたの望む業界や職種の経験は少ない可能性が高いです。

転職サイトの診断機能

各転職サイトには診断機能が搭載されています。しかし、診断結果を鵜呑みにしてはいけません。

転職サイトの診断機能では、市場価値がやや高くなるように設定されています。「転職すれば今よりも年収が上がる」と思わせれば、転職する可能性が上がるからです。
» 転職エージェントを使わない方がいい人は?

転職サイトの診断機能はあくまでもAI判定によるもの。人がサポートする転職エージェントとは質が違います。
» 転職エージェントと転職サイトの違い

相談だけでも転職エージェントを利用しよう

相談だけでも転職エージェントを利用しよう

転職エージェントは相談だけでも受け付けています。今後のキャリアプランに不安があるなら必ず利用しましょう。

転職エージェントで相談するメリットは以下の6つです。

  • 市場動向を知れる
  • 自分の市場価値がわかる
  • 転職成功のコツがわかる
  • 転職するべきか判断できる
  • 希望の求人があるかわかる
  • 自分だけでは気づかないことがわかる

転職エージェントに登録しても、途中で利用中止できます。利用をやめる場合は、担当者にメールで連絡するだけです。
» 転職エージェントの断り方【状況別】

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5