転職エージェント利用の流れ|失敗しない使い方7選【登録~内定後まで】

転職エージェント利用の流れ|失敗しない使い方7選【登録~内定後まで】
  • 転職エージェント登録後の流れが知りたい
  • キャリアアドバイザーとの面談をうまく進めたい
  • 転職エージェントを上手に活用して転職を成功させたい

転職を成功させるなら、うまく使いたいのが転職エージェント。一般的な転職サイトと違い、転職活動のさまざまな場面でキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

転職エージェントをうまく使えるかが、転職活動の成否を分けるといっても過言ではありません。しかしいざ使おうとすると、どのような流れで転職エージェントを利用すればいいか分からないという方も多いはず。

本記事では、転職エージェント利用の流れと失敗しない使い方を7つ紹介します。記事を読むことで、初めての転職エージェント利用でも安心して始められるほか、内定後まで最大限活用する方法が分かります

採用担当者
採用担当者

転職エージェントをうまく利用し、理想のキャリアを掴み取りましょう。

転職エージェント利用の流れ

転職エージェントに登録してから、内定・入社までの流れは以下の通りです。流れを押さえて、転職エージェントをうまく活用していきましょう。

  1. 転職エージェントに登録
  2. 面談日程の調整
  3. キャリアアドバイザーと面談
  4. アドバイザーからの求人紹介
  5. 企業への応募書類作成・添削
  6. 企業での面接
  7. 内定後の退職・入社手続き

1.転職エージェントに登録

転職エージェント利用の流れ

転職エージェントに登録します。入力が必要な項目は、主に以下の3つです。

  • プロフィール
  • 職務経歴
  • 転職先の希望条件

転職先の希望条件などは、キャリアアドバイザーとの面談前に仕上げれば問題ありません。サクサク入力を進めましょう。

転職市場は早いもの勝ちです。アクションが早いほど、理想に近い転職先を見つけられる可能性は高くなります。

転職エージェントの利用は無料ですし、相談するだけでもOKです。まだ転職を迷っている方も、とりあえず登録することをおすすめします。
» 転職エージェントは登録だけでもいい理由

2.面談日程の調整

転職エージェントに登録すると、1週間以内を目途にキャリアアドバイザーから連絡が入り、初回面談の日程調整をします。

自分で求人情報を探す転職サイトと異なり、転職エージェントはあなたに合った最適な求人を提案してくれるサービスです。キャリアアドバイザーは、あなたのこれまでのキャリアや今後の意向をしっかり把握する必要があります。

採用担当者
採用担当者

理想に近い求人を紹介してもらうためにも、早めに初回面談を設定しておきましょう。

» 転職エージェントから連絡がこない理由

3.キャリアアドバイザーと面談

転職エージェント利用の流れ

日程調整が完了したら、実際にキャリアアドバイザーとの面談です。面談の内容や必要な準備、かかる時間など、順番に説明します。

面談の内容

アドバイザーとの面談内容は以下の通りです。

  • これまでのキャリアの棚卸
  • 希望する転職先の条件整理
  • 転職スケジュールの設計
  • 求人情報の紹介(場合による)

明確に転職の意思・希望が固まっている場合は、初回の面談で求人を紹介される場合もあります
» 転職エージェントの電話面談で聞かれること

初回面談は自分の長所・短所や転職先の希望などを伝え、今後の求人紹介の精度を上げるための擦り合わせの場です。リラックスして臨みましょう。

事前に履歴書・職務経歴書を準備

面談の際、履歴書・職務経歴書の提出を求められることがほとんどです。2つの書類に記入する内容は以下の通り。

履歴書
氏名・年齢・学歴・職歴などの基本情報
» 転職に成功する履歴書の書き方
職務経歴書
これまでの業務経験・培ったスキル
» 【見本付】職務経歴書の書き方

履歴書・職務経歴書は各転職エージェントのサイトにフォーマットが用意されています。
» 転職エージェントおすすめランキング

正確に情報を伝えることで、あなたに合った求人を紹介してもらえる確率は高まります。手を抜かずに入力しましょう。

服装はオフィスカジュアルがおすすめ

服装は特に指定がなく、私服OKとされていることが多いです。ただ、できればある程度フォーマルなオフィスカジュアルなどの服装が望ましいでしょう。面接時の印象などもアドバイザーにチェックしてもらうことができるからです。

オフィスカジュアルは、ビジネスシーンに適した服装でありつつ、スーツよりは少し崩した恰好を言います。具体的には、上半身はシャツ(女性はブラウスも可)の上にジャケット、下半身はパンツといった服装です。

採用担当者
採用担当者

面接本番の服装をチェックしてもらいたい場合は、面接用のスーツで行くのもOKです。

オンライン対応のエージェントも増加

最近ではオンライン対応可能なエージェントも増えています。新型コロナウィルス対策のためです。

オンライン面談は、対面でのコミュニケーションよりアドバイザーとの親密度が劣ります。しかし、忙しい方にとっては移動時間が省ける他、感染症の心配もありません。

転職エージェントを利用するなら、オンライン面談を有効活用していきましょう。

1~1.5時間程度が目安

キャリアアドバイザーとの面談は、基本的に1~1.5時間程度が目安です。オンライン・対面どちらにするか含め、日程を設定しましょう。

面談の受付時間は転職エージェントによって異なりますが、概ね以下の通りです。

  • 平日:10時~21時
  • 土曜:10時~18時
  • 日祝:一部対応

早く仕事を切り上げられれば平日でも面談可能です。アドバイザーと相談して、うまく日程を調整しましょう。
» 転職エージェント面談の完全ガイド

4.アドバイザーからの求人紹介

転職エージェント利用の流れ

面談結果をもとに、アドバイザーからの求人紹介が始まります。紹介方法は、改めて面談する場合もあればメールや電話で打診する場合もあります

転職活動はライバルとの時間差勝負です。気になる求人があれば早めにアクションを取りましょう。提案された求人が理想と違っていれば、断ってもOKです。

ただし、具体的にどの部分が合わないのかアドバイザーにフィードバックすることが大切です。しっかりと理由を伝えることで、その後の求人紹介の精度が上がっていきます。

5.企業への応募書類作成・添削

求人へ応募することを決めたら、応募書類の作成です。一般的な転職サイトでは自力で書類を作成します。一方で、転職エージェントではアドバイザーによる添削を受けられるのが大きなメリットです。

求人元の人事担当の意向を汲みながら、より魅力的な仕上がりになるようアドバイスがもらえます。締め切りに余裕を持って作成し、添削してもらいましょう。
» 転職に成功する履歴書の書き方と見本
» 転職エージェントで書類選考に通らない理由

添削後、実際に企業へ応募する際にはキャリアアドバイザーによる推薦状も一緒に提出されます。転職エージェントを利用しているからこそ享受できるメリットで、選考通過率アップにつながります

6.企業での面接

転職エージェント利用の流れ

書類選考が通ったら面接です。面接対策や日程調整も、キャリアアドバイザーがフォローしてくれます。

特に面接対策は、積極的にアドバイスを求め、可能であれば模擬面接をしてもらいましょう。アドバイザーが求人元の人事担当者と良好な関係を築いていることもあります

採用担当者
採用担当者

応募先企業が好む回答になるようアドバイスをもらいましょう。

7.内定後の退職・入社手続き

無事に内定が出たら、退職・入社の手続きに入ります。現職場と退職日の調整をしたり、転職先の給与・待遇交渉を詰めたりと、さまざまな折衝が必要な局面です。

キャリアアドバイザーが仲介役となり、企業と上手く交渉してくれます。早めに相談を持ち掛けるといいでしょう。
» 転職エージェント経由の年収交渉とは

転職エージェントを使わない場合、現職場・転職先どちらも自分で交渉することになります。転職エージェント利用の大きなメリットだと言えます。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

失敗しない転職エージェントの使い方7選

失敗しない転職エージェントの使い方7選

転職エージェントの失敗しない使い方を以下7つ紹介します。

  • 早めに転職エージェントに登録しておく
  • 最低3つの転職エージェントを利用する
  • 年収・勤務条件など希望は明確に伝える
  • 面接の日程調整などの連絡は迅速に
  • やむを得ず断る場合は丁重に
  • 応募書類作成・面接対策時はアドバイスを求める
  • 退職・入社手続きのサポートを依頼する

転職エージェントはさまざまな部分で転職活動の手助けをしてくれる存在です。うまく利用して転職成功につなげましょう。

早めに転職エージェントに登録しておく

転職を少しでも検討し始めたら、早めに転職エージェントに登録しておくのがおすすめです。転職市場は、新卒のように一斉に採用活動をするわけではありません

あなたにとっての理想の求人が、今まさに別の人の手に渡っている可能性もあります。チャンスを逃さないためにも、早めに登録しておきましょう。

転職をまだ決めていない場合でも、転職エージェントに相談する価値はあります。転職エージェントへの登録、キャリアアドバイザーとの面談を通して、自分の理想のキャリア像が明確になっていくからです。

最終的に「転職しない」という決断に至っても問題ありません。ただ、検討をしないまま何となく働き続け、10年後に後悔することは避けたいですよね。

採用担当者
採用担当者

自分の可能性を閉ざさないという意味でも、キャリア形成のプロに相談することは大きな価値があります。

最低3つの転職エージェントを利用する

失敗しない転職エージェントの使い方7選

理想の職場に出会うため、転職エージェントは最低でも3社に登録しましょう。できれば5社以上登録するのが望ましいです。

しかし、その分手間が増えるのも事実。まずは大手の総合型転職エージェントを2社、業界特化型の転職エージェントを1社登録するといいでしょう。

複数登録するメリットは以下の2つです。

  • 幅広く求人提案が受けられる
  • 優秀で相性の良いアドバイザーと出会える

幅広く求人提案が受けられる

各社、一般公開されていないクローズドな求人情報を多く扱っています。登録しているエージェントが多いほど、自分の理想とマッチした非公開求人に出会える確率は高まります。

非公開求人は、一般公開されている求人よりも待遇面で優れた案件が多いです。できるだけ多くのエージェントから求人情報を受け取りましょう。
» 失敗しない転職エージェントの選び方

優秀で相性の良いアドバイザーと出会える

キャリアアドバイザーはキャリアのプロです。しかし、残念な担当者に当たる可能性もゼロではありません。人同士のコミュニケーションですから、合う・合わないという問題もあります。

変更を要望することもできますが、大事な転職活動中に余計な神経を使いたくはないですよね。複数登録しておくことで「この人とならうまく転職活動が進められそう」と思えるアドバイザーに出会う確率も高まります。
» 転職エージェントを複数利用するメリット

年収・勤務条件など希望は明確に伝える

失敗しない転職エージェントの使い方7選

面談時には、自分の希望を明確に伝えましょう。あいまいな部分を残してしまうと、アドバイザーとの間で非効率なコミュニケーションが多くなります

自分のために求人を探してくれているのに、断ってばかりになるのは避けたいですよね。転職後の年収・勤務条件など譲れないラインを明確にして、しっかりとアドバイザーに伝えましょう。
» 転職エージェント経由で年収交渉すべき理由

面接の日程調整などの連絡は迅速に

選考が進んでいくと、キャリアアドバイザーが企業側と面接日程などを調整してくれます。面接日程の連絡が来たら、なるべく迅速に回答を返しましょう。

早めに回答することで、アドバイザーもストレスなく仲介できます。結果としてその後のフォローも受けやすいです。

採用担当者
採用担当者

企業側にとっても、迅速にコミュニケーションが取れる人物の方が印象はよいですよね。

やむを得ず断る場合は丁重に

提案のあった求人が自分の希望に合わない場合は、丁重に断りを入れましょう。断ること自体は問題ありません

しかし、キャリアアドバイザーも人間です。一生懸命探してきた求人をあっけなく断られるといい気持ちはしません。

アドバイザーに「何を提案しても断られる」という印象を抱かせてしまうと、転職活動に大きなマイナスです。次に理想の求人を見つけてもらうためにも、理由を明確に伝えた上で、丁重に断りを入れましょう。
» 転職エージェントの状況別断り方
» 転職エージェントで内定辞退する方法

応募書類作成・面接対策時はアドバイスを求める

失敗しない転職エージェントの使い方7選

転職エージェントを利用するメリットの一つが、応募書類の作成や面接対策におけるサポートです。アドバイザーが応募先の人事担当者と信頼関係を築いている場合、企業側が好む人物像や受け答えを教えてもらえます

受け身の姿勢でいては転職エージェントをフル活用できません。アドバイザーはあなた以外にも転職希望者を多数抱えています。

黙っていると満足なサポートを受けられないかもしれません。積極的に協力を依頼していくのが転職エージェント利用のコツです。
» 転職エージェントの賢い使い方と注意点

退職・入社手続きのサポートを依頼する

内定後は、現職場との退職日の調整や、転職先での給与・待遇に関する詰めが必要です。転職エージェントなら企業との間に入ってうまく仲介してくれます

理想の転職を勝ち取ったのに、交渉がうまくいかずに揉めるのは避けたいですよね。現職場・転職先ともに、一度手続きが進んでしまうと調整は難しくなります

採用担当者
採用担当者

不安・要望がある場合は、早めにキャリアアドバイザーに相談を持ち掛けましょう。

» 転職エージェントの裏事情10選を公開

転職エージェント利用の流れを理解して転職成功につなげよう

失敗しない転職エージェントの使い方7選

転職エージェント利用の流れは以下の通りです。

  1. 転職エージェントに登録
  2. 面談日程の調整
  3. キャリアアドバイザーと面談
  4. アドバイザーからの求人紹介
  5. 企業への応募書類作成・添削
  6. 企業での面接
  7. 内定後の退職・入社手続き

転職エージェントへの登録は早いほど、理想の求人に出会える可能性が高まります。思い立ったらすぐに登録しましょう。

理想の求人に出会うため、最低でも3つの転職エージェントに登録するのがおすすめです。転職エージェントをうまく活用して、転職活動を成功させましょう。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5