偉そうでうざい!むかつく転職エージェントへの対処法5選【担当がハズレでも大丈夫】

偉そうでうざい!むかつく転職エージェントへの対処法5選【担当がハズレでも大丈夫】
  • 転職エージェントが偉そうでむかつく…
  • 希望していない求人を紹介されてイライラする…
  • キャリアアドバイザーがうざいけど転職は成功させたい!

転職エージェントの担当者が「むかつく」「うざい」という声は多いです。イライラした気持ちのあるままだと、スムーズに転職活動が進みません。

この記事では、むかつく転職エージェントへの対処法を解説します。記事の内容を実践すれば、相性の良いキャリアアドバイザーと転職を成功させられます

転職エージェントがむかつくなら、担当者の変更を申し出ましょう。担当者が変わってもうざいままなら、別の転職エージェントを利用してください。

採用担当者
採用担当者

複数の転職エージェントを利用すれば、相性の良い担当者と出会える可能性が高いです。

むかつく転職エージェントへの対処法5選

転職エージェントがむかつくときの対処法は次の5つです。実践することで、気持ち良く転職活動を進められます。

  • 担当者を変更する
  • 担当者へ任せきりにしない
  • 自分の意志をはっきり伝える
  • 他の転職エージェントを利用する
  • 複数の転職エージェントを利用する

担当者を変更する

むかつく転職エージェントへの対処法

転職エージェントのキャリアアドバイザーがむかつくなら、担当者の変更を申し出ましょう。担当者が変われば、対応が良くなる可能性があるからです。

転職エージェントには多くのキャリアアドバイザーが所属しています。所属するキャリアアドバイザー全員の態度が悪いわけではありません

担当の変更希望は、各転職エージェントのお問い合わせ窓口などからメールで行います。「担当者がむかつくから」とストレートに伝えるのではなく「他の人の意見も参考にしたい」など前向きな伝え方をしてください。

相性の良いキャリアアドバイザーに出会うことが転職成功のカギです。相性が悪いと感じたら、遠慮なく担当者の変更を依頼しましょう。
» 転職エージェントの断り方【状況別】

担当者へ任せきりにしない

転職エージェントの担当者がむかつく場合は、任せきりにしないことも大切です。むかつく担当者に転職活動の全てを任せると、理想的な企業に転職できません

担当者から紹介された求人だけでなく、自分でも探してみましょう。転職エージェントのマイページから検索すれば、多くの求人に目を通せます。

「うざい」と感じる担当者に期待してはいけません。自分から進んで求人を探す努力も必要です。

自分の意志をはっきり伝える

転職エージェントに自分の意志を明確に伝えることで、むかつく態度が直る場合もあります。こちらの意志が伝わっていないことが、イライラする原因の可能性もあるからです。

意志が明確に伝わっていないことで、以下の問題が起こります。

  • 求めるサポートがない
  • 的外れな求人を紹介される
  • 的確なアドバイスをもらえない

転職エージェントとの面談時には、転職先に求める条件を遠慮なく伝えましょう。面談時に条件をはっきりとさせておけば、適切なサポートを受けられます。
» 転職エージェント面談の完全ガイド

紹介された求人に納得いかないなら「なぜその求人を紹介したのか?」を聞いてみてください。応募した求人が不採用になった場合は、なぜ落ちたのか理由を聞きましょう。

採用担当者
採用担当者

担当者と考えを共有することで、むかつくと感じることはなくなります。

他の転職エージェントを利用する

むかつく転職エージェントへの対処法

担当者がむかつくなら、他の転職エージェントの利用も検討してください。あなたをサポートしてくれる転職エージェントは他にもたくさんあります

1つの転職エージェントにこだわりたいなら、別の転職エージェントの利用も検討していることを匂わせましょう。自分の転職エージェントで転職させたいキャリアアドバイザーは、なんとか引き止めようと態度を改める可能性もあります。

転職エージェントが合わないと思ったら、すぐに利用の中止を決断してください。自分に合う転職エージェントの利用が転職成功のコツです。
» 失敗しない転職エージェントの選び方

複数の転職エージェントを利用する

転職エージェントは複数利用しましょう。他の転職エージェントも利用していれば、むかつく担当者に依存する必要がありません

1つの転職エージェントがむかつく場合は、サポートを中止して別の転職エージェントを利用してください。最終的に相性の良い転職エージェントで求人に応募すれば、スムーズに転職活動が進みます。

転職エージェントの複数利用には以下のメリットがあります。

  • 多くの求人に触れられる
  • 多角的なアドバイスを受けられる
  • 相性の良い担当者に出会いやすい

転職エージェントのキャリアアドバイザーに当たりハズレがあるのは仕方ありません。複数利用して、むかつくキャリアアドバイザーに出会うリスクを軽減しましょう。
» 転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェント以外の方法もある

転職活動の方法は転職エージェントだけではありません。「リクナビNEXT」などの転職サイトやハローワークを利用する方法もあります。転職エージェントが合わないと思ったら、別の転職方法も検討しましょう。
» 転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントがむかつく理由

転職エージェントにむかつく担当者がいるのには理由があります。担当者の立場を理解して接しましょう。

  • 企業から報酬をもらうビジネスモデル
  • 担当者のスキルが低い
  • 担当者にノルマがある
  • 担当者の抱えている求職者が多い

企業から報酬をもらうビジネスモデル

転職エージェントがむかつく理由

転職エージェントが企業から報酬を得る仕組みも、むかつく態度を生む原因になっています。転職エージェントが求職者よりも企業の考えを優先してしまうからです。

企業を最優先にしている転職エージェントは、求職者に対して高圧的な態度になりがち。態度が高圧的だと「うざい」「むかつく」といった気持ちになるのは当然です。

最初の対応は良くても、徐々に転職エージェントの態度が悪くなるケースもあります。例えば求職者の市場価値が低いと分かった場合です。

転職エージェントは転職者が入社後にもらう年収の30〜40%を報酬として受け取ります。求職者の市場価値が低いということは、転職エージェントが受け取る報酬も少なくなるのです。
» 転職エージェントが利益を得る仕組み

転職エージェントの裏事情

転職エージェントは新規企業の紹介に積極的な場合があります。新規企業から非公開求人を獲得したいからです。転職エージェントからの求人が怪しい場合は、よく考えて検討しましょう。
» 転職エージェントの裏事情・本音

担当者のスキルが低い

転職エージェントがむかつくのは、担当者のスキルが低いからです。転職エージェントに所属するキャリアアドバイザーには、まだ経験の浅い新人もいます

キャリアアドバイザーがスキル不足だと、適切なアドバイスができません。的外れなアドバイスにむかつくことも多いです。

役に立たないキャリアアドバイザーが担当になると、転職を成功させられる可能性が低くなります。「スキルが低い」と感じたら、担当者の変更を依頼しましょう。
» 転職エージェントで担当者を変更する方法

担当者にノルマがある

転職エージェントがむかつく理由

転職エージェントをうざいと感じるのは、担当者のノルマが原因である場合も考えられます。ノルマにプレッシャーを感じている担当者は、人材を企業へ紹介することに必死だからです。

キャリアアドバイザーに課せられるノルマは2種類あります。

  • 企業に紹介した人数
  • 企業から受け取る報酬

特に売上数を追っている転職エージェントの対応はシビアです。「態度がむかつく」と感じやすくなります。

採用担当者
採用担当者

連絡がしつこかったり応募を急かしたりしてくる原因はノルマの可能性が高いです。

担当者の抱えている求職者が多い

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、多くの求職者を担当しています。キャリアアドバイザー1人あたり、10〜15人を担当するからです。
(参考:転職ステーション)

担当者がキャパオーバーだと、態度が悪くなる場合もあります。担当者が求職者の対応に追われていると、連絡が来なくなる場合も多いです。
» 転職エージェントから連絡がこない理由

スキルの高いキャリアアドバイザーであれば、担当する求職者が多くても問題ありません。しかし経験の浅い新人キャリアアドバイザーの場合、対応に必死です。

むかつく転職エージェントの特徴

「うざい」と感じる転職エージェントの特徴は7つです。当てはまる項目があれば、すぐに「むかつく転職エージェントへの対処法」を実践しましょう。

  • 偉そうな態度
  • 連絡が途絶える
  • 連絡がしつこい
  • 的外れな求人紹介
  • 応募・入社を急かしてくる
  • アドバイスが参考にならない
  • 転職に関係のない質問をしてくる

偉そうな態度

むかつく転職エージェントの特徴

転職エージェントがむかつくのは態度が偉そうだからです。上から目線で話されれば「うざい」と感じても仕方ありません。

偉そうなキャリアドバイザーの特徴は以下の通りです。

  • 説教してくる
  • 時間を守らない
  • 権威を振りかざす
  • 気分で態度が変わる
  • 失敗を人のせいにする

経験が浅いのに上から目線で対応してくるキャリアドバイザーもいます。担当者の態度が悪いと気持ち良く転職活動を進められません

採用担当者
採用担当者

キャリアドバイザーの態度が悪いと転職条件の共有もしにくくなります。

連絡が途絶える

転職エージェントとの連絡が途絶えると、むかつくと感じることがあります。転職エージェントは転職のサポートが仕事のはずなのに、何も役に立たないからです。

しかし転職エージェントに見捨てられる原因は求職者にもあります

  • 求職者の態度が悪い
  • 転職エージェントの選び方が悪い
  • 希望条件に見合う経験・スキルがない

転職エージェントは企業の条件に合う人材を紹介しなければいけません。求職者の経験やスキルが見合わないと、サポートを断られる可能性があります。
» 転職エージェントに断られる理由

別の転職エージェントを利用すれば、求人紹介してくれる可能性が高いです。希望する転職先の特徴に合わせて転職エージェントを選びましょう
» 失敗しない転職エージェントの選び方

連絡がしつこい

むかつく転職エージェントの特徴

転職エージェントからの連絡がしつこいと、むかつくと感じることがあります。利用者の都合を考えていないからです。

相手の都合を考えられないキャリアアドバイザーは、自分のペースで連絡してきます。キャリアアドバイザーに時間があれば、頻繁に連絡してくるのです。

転職エージェントがしつこい場合は、連絡する頻度や時間を指定しましょう。こちらから指定しておけば、連絡がしつこくなることはありません。

的外れな求人紹介

転職エージェントから紹介される求人が希望とは違う場合、むかつくことがあります。こちらの意図を汲み取ってくれていないからです。
» 転職エージェントの求人はブラックばかり?

条件が違う求人を紹介される原因はいくつか考えられます。

  • 意図が伝わっていない
  • 希望条件に合う求人がない
  • 特定の求人をどうしても紹介したい

転職エージェントが特定の求人を紹介してくる原因は2つです。

  • 新規の企業を紹介したい
  • 年収の高い求人を紹介したい

転職エージェントは新規の企業を優先的に紹介してくる可能性があります。非公開求人を獲得できるからです。
» 転職エージェントの裏事情を公開

採用担当者
採用担当者

転職エージェントは好条件の非公開求人を獲得して、他社より有利な立場になりたいと思っています。

転職者の年収が高いほど転職エージェントの報酬も上がります。仕事内容よりも年収を重視して求人紹介する場合もあるのです。
» 転職エージェントが利益を得る仕組み

応募・入社を急かしてくる

むかつく転職エージェントの特徴

転職エージェントのキャリアアドバイザーによっては、求人応募や入社を急かしてきます。転職エージェントの利用者が企業に入社した時点で報酬が発生するからです。

相談に乗ったり求人を紹介したりするだけでは、転職エージェントに報酬が発生しません。ノルマを抱えて必死なキャリアアドバイザーほど、応募や入社を急かしてくることが多いです。

キャリアアドバイザーが意思決定を急かしてきても焦ることはありません。自分の意志をはっきり伝えて、納得できる企業にのみ応募しましょう

アドバイスが参考にならない

転職エージェントにはアドバイスが参考にならないキャリアアドバイザーもいます。的外れなアドバイスばかりするキャリアアドバイザーがいる理由は以下の通りです。

  • 経験の浅い新人
  • 該当の業界・職種に詳しくない
  • 求職者の希望を汲み取れていない

根拠のないアドバイスや気持ちに寄り添っていない態度をする担当者なら変更を依頼しましょう

採用担当者
採用担当者

むかつく気持ちを持っていたままサポートを受けていても、スムーズに転職活動が進みません。

相性の良いキャリアアドバイザーに出会うためにも、転職エージェントの複数利用がおすすめです。多くの転職エージェントを利用すれば、相性の良いキャリアアドバイザーに出会う確率が上がります。
» 転職エージェントを複数利用するメリット

転職に関係のない質問をしてくる

キャリアアドバイザーが転職に関係のない質問をしてくると、むかつく気持ちが生まれます。多くの人は転職のサポートが目的で転職エージェントに登録しているからです。

プライベートな質問をされても転職活動は進みません。フレンドリーすぎる態度には、胡散臭さも感じてしまいます

馴れ馴れしいキャリアアドバイザーに「プライベートな質問はやめてほしい」と伝えても、雰囲気が悪くなるだけです。担当者の変更を申し出るか、別の転職エージェントの利用を検討しましょう。

むかつく転職エージェントの利用はやめよう

むかつく転職エージェントの利用はやめよう

転職エージェントの担当者がむかつく場合でも問題ありません。以下の対処法を実践して、スムーズに転職活動を進めてください。

  • 担当者を変更する
  • 担当者へ任せきりにしない
  • 自分の意志をはっきり伝える
  • 他の転職エージェントを利用する
  • 複数の転職エージェントを利用する

転職エージェントは複数利用がおすすめです。複数利用すれば、むかつくキャリアアドバイザーが担当になっても依存する必要がありません。
» 転職エージェントを複数利用するメリット

リクルートエージェント」や「doda」など、大手総合型の転職エージェントには2〜3社登録しましょう。経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたの転職活動をサポートしてくれます。

\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5