転職スケジュールを立てる4つのステップを解説【逆算が成功のカギ】

転職スケジュールを立てる4つのステップを解説【逆算が成功のカギ】
  • 転職活動ってどのくらいの期間かかるのだろうか…
  • 大まかなスケジュールが分からない…
  • 転職スケジュールの立て方を詳しく教えて…!

転職成功のカギはスケジュールの立て方が握っているといっても過言ではありません。転職活動全体の流れを把握したうえでスケジュールを立てることがポイントです。

そこでこの記事では、転職スケジュールを立てる4つのステップを解説します。この記事を参考にしてスケジュールを立てればスムーズに転職活動を進められるはずです。

転職のスケジュールは逆算して立てましょう。初めにゴールを明確にすることで事前準備や書類作成、応募企業選定のスケジュール感を把握することができます。

スケジュールに余裕を持たせることも大切です。予定を詰め込み過ぎるとプラン通り進まなかった時に焦ってしまいます。

あなたが転職したいと考えた時に迷わず行動を起こすことができるようスケジュールの立て方を身に付けましょう。

転職活動のスケジュールの立て方

転職活動のスケジュールを立てる時に意識したいことは次の3つ。ポイントを押さえることでスムーズに転職活動を進められます。

  • 逆算が成功のカギ
  • 一般的な転職活動期間は3ヵ月~6ヵ月
  • 最適な転職時期はない

逆算が成功のカギ

転職活動のスケジュールは逆算して立てることが大切です。全体のスケジュール感をあらかじめチェックしておくことで準備にかけられる時間や企業へ応募するタイミングを把握できます。

そのためゴールである転職予定日を最初に決めてください。スケジュールを逆算しないといつまでも転職先が決まらずダラダラと長引いてしまうので注意が必要です。

一般的な転職活動期間は3ヵ月~6ヵ月

リクナビネクストによると一般的な転職活動期間は3ヵ月~6ヵ月です。

希望条件にもよりますが、転職活動にかける目安は「3カ月から半年程度」と言われています。

リクナビNEXT

3ヵ月~6ヵ月の間に事前準備から転職先の決定まで完了させることを意識してスケジュールを立てましょう。

例:9月に転職したいなら3月から6月の間に転職活動を始める

最適な転職時期はない

最適な転職時期はありません。転職者向けの求人は決算時期などに増えたり、新卒者を採用する4月には減ったりと増減します。

求人数が増減するため転職しやすい時期はあるものの、一番大切なことはあなたに合った転職先が見つかるかどうかです。

採用担当者
採用担当者

転職したいと思ったらすぐ行動に移しましょう。

転職活動のスケジュール・流れ

転職活動の大まかなスケジュールや流れを紹介します。スケジュールを把握しておけば転職活動を進めるうえで迷うことがなくなるはずです。

  • 事前準備
  • 情報収集
  • 応募→選考
  • 内定→退社準備

事前準備

まず転職活動の事前準備として自己分析を行います。自己分析の目的は次の2つ。

  • 転職する目的を整理する
  • キャリアやスキルを見直す

「年収アップを目指したい」「仕事のやりがいを追及したい」というようになぜ転職するのか具体的に考えてください。転職の目的がはっきりしていると転職する業界や企業を選ぶ時に楽です。

採用担当者
採用担当者

目的とあわせてキャリアやスキルも見直しましょう。

「自分ができること」を明確にすることで転職のミスマッチを最小限に抑えることができます。
» 転職に成功する自己分析のやり方

情報収集

情報収集は業界研究と企業研究の2つを行ってください。今までと同じ業界に転職するのか新しい業界にチャレンジするのか、あなたが持ち合わせているスキルと絡めながら調べましょう。
» 転職に役立つ業界研究のやり方と目的

転職する業界を決めたら企業を絞っていきます。このとき企業が求める人物像をしっかり把握してください。

ここがズレてしまうと転職が成功しても苦労することになります
» 転職が成功する企業研究のやり方と重要性

応募→選考

集めた情報をもとに書類を作成したら企業に応募します。このとき1社ずつ応募するのではなく複数の企業に対して同時に応募しましょう。

1社ずつ応募してしまうと選考待ちの時間に何もすることがなく手持ち無沙汰になってしまいます。もしダメだった場合最初から準備をやり直さなくてはなりません。

複数の企業へ同時に応募して比較検討しながら納得できる転職先を決めることが重要です。

採用担当者
採用担当者

書類選考を通過したら面接が始まります。

平日に面接日が設定されることもあるので有給休暇は事前に取得しておきましょう。

内定→退社準備

面接を突破し内定をもらうことができたら入社するかどうか検討します。このとき、事前準備の段階で考えた「転職の目的」に照らし合わせて転職先を決めましょう。

内定を受け入社を決定するまで企業ごと期日が設けられています。期日を過ぎてしまえば内定取り消しになるので注意してください。

転職活動を楽にする方法

転職活動の手間を省くためにも転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントでは、面倒な面接日程の調整や入社・退社の手続きを行ってくれます。転職エージェントの利用は無料なので、スケジュール管理を楽にしたい人は必ず利用しましょう。
» 転職エージェントおすすめランキング

逆算して転職のスケジュールを立てる4つのステップ

転職活動の大まかなスケジュールを確認したところで逆算して転職のスケジュールを立てる4つのステップをご紹介します。ステップ通りにスケジュールを立てることでスムーズに転職活動を進められます。

  • 転職予定日を決める
  • 退社時期を決める
  • 求人に応募する時期を決める
  • 事前準備を始める時期を決める

転職予定日を決める

まず初めに転職予定日を決めましょう。具体的に何月何日と決める必要はなく「3ヵ月後」「年度が変わるまで」などアバウトでOKです。

ゴールを先に決めることで何となく転職したり勢いだけで転職したりするのを防げます。

退社時期を決める

続いて退社時期を決めましょう。現在働いている会社はあなたの都合だけで辞めることはできません。

たとえ転職先が決まったとしてもすぐに退社することはできません。転職予定日にあわせて退社する時期も考えておきましょう。

会社の就業規則には「退職希望日から1ヵ月前まで申し出る」などと期限が定められているのであらかじめ確認しておいてください

求人に応募する時期を決める

続いて求人に応募する時期を決めましょう。マイナビ転職が集めたデータによると応募から内定が出るまで1ヵ月前後かかります

一般的には応募してから選考を経て内定が出るまで1カ月前後という人が多いようです。

マイナビ転職

あなたが応募した企業とやり取りをスムーズに進められるよう連絡体制は整えておいてください。

事前準備を始める時期を決める

最後に事前準備を始める時期を決めましょう。事前準備は自己分析のほかに情報収集や応募書類作成も含みます。

上記の中でも特に自己分析と情報収集は丁寧に行ってください。自己分析をしっかり行うことであなたが持つ本来の強みがみえてきます。

あなたが転職しようと考えている業界や企業の情報を詳しく調べることで応募企業に対して熱意をアピールすることができるのです。

転職のスケジュールを立てる時のコツ

転職のスケジュールを立てる時には3つのコツがあります。コツを知っておけばスケジュール通りに進まなくてもうまく対処できるはずです。

  • スケジュールに余裕を持たせる
  • 複数パターンのスケジュールを用意する
  • アプリを活用してスケジュール管理する

スケジュールに余裕を持たせる

転職のスケジュールを立てる時は余裕を持たせましょう。あえてスケジュールに空白を作ることで不測の事態にも対応できます

スケジュールを詰め込み過ぎてしまうとプラン通りに進まなかった時に焦ってしまいます。急な予定が入ることも考えてスケジュールは余裕を持たせて立てましょう。

複数パターンのスケジュールを用意する

複数パターンのスケジュールを用意しておくことも大切です。転職予定日を基準として転職活動全体にかかる期間別にスケジュールを立てましょう。具体例は以下の通りです。

1つ目のスケジュール
転職予定日が3ヵ月後
2つ目のスケジュール
転職予定日が半年後
3つ目のスケジュール
転職予定日が年度が変わるまで

スケジュールが予定通りに進むとは限りません。複数パターンのスケジュールがあることで精神的に落ち着いて転職活動に臨むことができます。

アプリを活用してスケジュール管理する

転職のスケジュールはアプリで管理するのがおすすめです。常に持ち歩いているスマートフォンで管理することでいつでも簡単にチェックできます。

アプリの通知機能を活用すれば、面接の日程を忘れてしまったり応募書類の提出期限が過ぎてしまったりというミスを防げます。

一度に複数の企業に応募するとどこか抜けてしまいがちです。

採用担当者
採用担当者

スケジュールをアプリで管理してミスを防ぎ転職活動をスムーズに進めましょう。

スケジュール管理アプリの中でおすすめはLifebearです。Lifebear1つだけでカレンダーやタスク、ノートなど複数の機能を使うことができます。
» 転職のスケジュール管理に便利なLifebear

逆算してスケジュールを組んで転職を成功させよう

転職活動のスケジュールは逆算して立てることがポイントです。逆算することで転職活動に集中して取り組めます。

逆算スケジュールを立てる4つのステップは次の通り。

  • 転職予定日を決める
  • 退社時期を決める
  • 求人に応募する時期を決める
  • 事前準備を始める時期を決める

綿密にスケジュールを立ててもプラン通り進まないことがあります。

採用担当者
採用担当者

スケジュールに余裕を持たせたり複数パターンのスケジュールを用意したりして対応してください。

転職に最適な時期はありません。あなたに合った企業が見つかったら迷わず行動を起こすことが転職を成功させる秘訣です。
» 転職に成功する履歴書の書き方と見本

\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5