弁護士監修!退職代行Jobsは安心して任せられると評判【労働組合が会社と交渉】

弁護士監修!退職代行Jobsは安心して任せられると評判【労働組合が会社と交渉】

弁護士監修かつ労働組合と連携している退職代行Jobs。適正な業務により安全・確実に退職できます。

退職の意思を代弁するだけでなく、退職日の調整や有給休暇の申請など会社側と交渉してくれます。退職成功率100%の実績があり即日退職も可能です。LINEやメール、電話で退職や職場に関する悩みを無料で相談できます。

採用担当者
採用担当者

会社への連絡は一切不要!円満に退職して次のキャリアに繋げましょう。

退職できなければ全額返金

無料相談(公式サイト)はこちら

退職代行Jobsが選ばれる3つの理由

労働組合と連携

退職代行Jobsは労働組合と連携しているのが特徴です。退職日の調整など会社側と交渉が必要な際、労働組合が活躍します。

労働組合か弁護士しか会社と交渉できません。一般の退職代行業務が交渉すると、退職できないだけでなく会社から裁判を起こされる危険性もあります。

無料転職サポート

退職代行Jobsは無料で転職サポートが受けられます。転職サポートの利用だけでもOKです。

転職サポートを利用して転職が成功すると、最大3万円のお祝い金がもらえることも。退職代行Jobsを利用して、新たな一歩を踏み出しましょう。

退職後の無料カウンセリング

退職代行Jobsを利用すると、無料カウンセリング特典が付いてきます。同じ失敗を繰り返さないよう親身になって寄り添ってくれるのです。

仕事を辞めると、漠然とした不安や思い詰めていた感情が一気にあふれるケースがあります。1人で抱え込まず誰かに話すことで、気持ちが楽になるのです。

退職できなければ全額返金

無料相談(公式サイト)はこちら

退職代行Jobsの概要

運営元株式会社アレス
本社〒533-0006
大阪市東淀川区上新庄
3-14-12-1202
顧問弁護士隼町法律事務所
西前啓子
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン
利用料金(税込)基本料金:27,000円
労働組合費:2,000円
即日退職可能
退職成功率100%
対応エリア全国
チャットサービスLINE無料相談(24時間対応)
おすすめポイント利用料の後払いOK

退職代行サービスだけの利用なら27,000円です。会社側と交渉が必要なら、退職代行Jobs利用時に労働組合へ加入しましょう

採用担当者
採用担当者

退職に関して不安があるときは、LINEで無料相談できます。24時間いつでも相談可能です。

退職できなければ全額返金

無料相談(公式サイト)はこちら

退職代行Jobsに関してよくある質問

即日退職できる?

退職代行Jobsでは即日退職できます。会社側には退職を引き止める権利がないからです。

正社員など期間の定めがない雇用の場合は、退職の申し入れから2週間で雇用契約が終了します。会社が同意しなくても退職できるということです。
(参考:大阪労働局)

2週間の欠勤扱いもしくは有給休暇の取得により、即日退職できます。退職代行Jobsでは有給休暇の無料申請サポートも行っているので、うまく活用しましょう。

利用する流れは?

退職代行Jobsは、以下の流れで利用できます。

  1. 退職の相談
  2. 利用料金を入金
  3. 退職代行業務
  4. 退職届提出
  5. 退職完了

退職代行Jobsを利用すると、顧問弁護士が監修した退職届のテンプレートがプレゼントされます。テンプレートを参考に退職届を作成したら、会社へ郵送しましょう。

交渉が必要な場合

会社と交渉が必要な場合、③と④の間で行われます。労働組合が団体交渉申入書を会社側へ送付し、交渉スタートです。話がまとまるまで待ちましょう。

会社から連絡はこない?

基本的に会社から連絡がくることはありません。退職代行Jobsが会社側に対して、利用者へ連絡しないよう伝えてくれるからです。

退職の相談をする際に、退職代行Jobsへお願いしておきましょう。連絡しないで欲しいことを、退職代行Jobsが忘れずに会社側へ伝えてくれます。

採用担当者
採用担当者

会社から親に連絡がいくこともありません。

利用はキャンセルできる?

退職代行Jobsは利用をキャンセルできます。申し込み後でもキャンセルは可能です。

ただし、支払い済みの利用料金は返却されません。退職代行Jobsで利用料金が全額返金されるのは、退職できない場合に限られます。

退職できないといっても、以下に該当する場合は返金されないのでご注意ください。

  • 退職を辞退
  • 退職届や貸与品を返却しない
  • 退職代行Jobsからの連絡に3日以上返信しない

(参考:退職代行Jobsご利用規約)

特に2つ目は要注意です。退職届の郵送や会社から支給された備品、保険証などの返却は利用者が行う必要があります。

退職の意思を伝えてもらったら、速やかに対応しましょう。貸与品を郵送するのがめんどうな場合は、最終出社日に会社へ置いてくるのがおすすめです。

退職に失敗することはある?

退職に失敗する可能性は限りなくゼロに近いです。退職代行Jobsは退職成功率100%を誇ります。

万が一退職に失敗すれば、費用は全額返金されます。損することはないので、現状に不満があるなら無料で相談してみるのがおすすめです。

具体的な料金プランが知りたい

退職代行Jobsの料金は3パターンあります。

退職の意思を伝えるだけ(シンプルプラン)
27,000円(税込)
退職代行サービス利用時に労働組合へ加入(安心パックプラン)
29,000円(税込)
後から労働組合に加入
31,000円(税込)

会社側と交渉するため労働組合に加入する場合、4,000円の追加料金が発生します。内訳は以下の通りです。

  • 新規加入金:2,000円
  • 組合費:2,000円

しかし、退職代行サービス利用時に労働組合へ加入する安心パックプランなら新規加入金の2,000円が免除。退職代行費用27,000円と組合費2,000円の29,000円でサービスを利用できます。

採用担当者
採用担当者

会社と交渉が必要なら、安心パックを選びましょう。

保険証はどうやって返せばいい?

会社の健康保険証は郵送で返却しましょう。退職と同時に会社の健康保険もやめることになるため、保険証は必ず返却しなければなりません。

保険証以外に以下のような貸与品も、一緒に郵送してください。

  • 制服
  • 社員カード
  • ボールペンなどの備品

郵送するのがめんどうな場合は、最終出社日に会社へ置いていきましょう。

退職できなければ全額返金

無料相談(公式サイト)はこちら

悪徳な退職代行サービスの特徴

退職代行サービスの中には悪徳なサービスを提供するところがあります。労働組合や弁護士以外の一般企業が「会社と交渉する」と宣伝している場合は注意してください。

労働組合には団体交渉権があります。弁護士は法律に基づいた交渉のほか、会社が裁判を起こした際に対応できるのが特徴です。

労働組合がなかったり弁護士が在籍していなかったりする退職代行サービスは、会社側と交渉する権利がありません。万が一交渉した場合、利用者が会社を退職できないだけでなく訴えられる可能性があります

会社側と交渉が必要なら、労働組合と連携もしくは弁護士が在籍している退職代行サービスを選びましょう。
» 退職代行サービスおすすめランキング

弁護士監修だけではNG

弁護士が監修しているだけの退職代行サービスも交渉はできません。退職代行Jobsのように、弁護士監修に加えて労働組合と連携しているサービスなら会社と交渉できます。

退職前にやっておくこと

退職する前に、業務の引き継ぎを済ませておきましょう。民法の信義則(信義誠実の原則)にしたがうと、引き継ぎは義務の範囲内とされています。
(参考:ロア・ユナイテッド法律事務所)

まったく引き継ぎを行わずに退職すると、会社から損害賠償請求されることも。退職後の人生に悪影響を及ぼすため、必ず引き継ぎしてから退職してください。

退職代行Jobsでは「業務引き継ぎ書のテンプレート」がプレゼントされます。テンプレートにしたがえば簡単に引き継ぎ資料を作れるので、うまく活用しましょう。

退職代行Jobsに任せて現状を変える!

退職代行Jobsは弁護士監修かつ労働組合と連携した退職代行サービスです。2022年4月時点で退職成功率100%を誇ります。

退職を引き止められたり後任が見つかってからと言われたりする場合でも問題ありません。退職代行Jobsを利用すれば、即日退職が可能です。

  • 会社側と交渉したい
  • 転職のサポートも受けたい
  • 退職後の不安を相談したい

上記に当てはまる人は、退職代行Jobsに相談してみてください。LINEやメール、電話で無料相談できます。

採用担当者
採用担当者

悩みを打ち明ければ心が軽くなり、新たな一歩を踏み出せます。

退職できなければ全額返金

無料相談(公式サイト)はこちら
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5