転職エージェント経由が直接応募より有利な理由9選【通さないデメリットは大きい】

転職エージェント経由が直接応募より有利な理由9選【通さないデメリットは大きい】
  • 転職エージェント経由と直接応募の違いって何だろう?
  • 直接応募の方が転職エージェント経由より有利って本当?
  • 転職エージェント経由と直接応募、それぞれのメリットを知りたい

転職活動において、転職エージェント経由の応募と直接応募は大きな違いがあります。キャリアプランの設計から内定後の退職・入社手続きまで、転職エージェントが果たす役割は幅広いからです。

本記事では、転職エージェント経由の応募が直接応募より有利な理由を解説します。記事を読むことで、転職エージェント経由と直接応募の違いが把握でき、最適な転職活動の進め方が分かります

転職エージェント経由で応募することで、あらゆる面で選考を優位に進められる他、待遇面などの難しい交渉も任せられます。直接応募だと、選考突破に向けた対策だけでなく、企業との調整・交渉も全て自分の役割です。

採用担当者
採用担当者

余裕を持って賢く転職活動を進めたい方は、転職エージェントを全面的に活用しましょう。

転職エージェント経由の応募と直接応募の違い

転職エージェント経由の応募と直接応募の違いは、以下の通りです。

  • 転職エージェント経由はサポート「あり」
  • 直接応募はサポート「なし」

転職エージェント経由はサポート「あり」

転職エージェント経由で求人に応募する場合、転職活動のあらゆる場面でサポートが受けられます。

具体的な転職エージェントのサポート内容は、以下の通りです。

  • キャリアプランの設計
  • 転職先に求める条件の整理
  • 業界・企業情報の提供
  • 非公開求人案件の紹介
  • 応募書類の添削
  • 模擬面接の実施
  • 企業との面接日程調整
  • 企業との待遇交渉
  • 退職・入社手続きの支援

転職エージェントのサポート内容は幅広いです。転職エージェントなしで転職活動を進めることも可能ですが、効率よく万全の準備をするには不可欠な存在です。
» 転職エージェントの賢い使い方9選

直接応募はサポート「なし」

転職エージェントを通さない直接応募の場合、第三者からのサポートはなく全て自力で進める必要があります。

直接応募のやり方としては、以下2つのパターンがあります。

  • 企業のサイトに掲載されている求人情報をもとに応募
  • 転職サイトで求人を探して応募

いずれの場合も、自ら情報収集した上で適切なタイミング・方法での応募が必要です。

企業と直接コンタクトできることは、直接応募のメリットです。しかし、不手際があればマイナス評価につながるため、デメリットになるリスクもあります。
» 転職エージェントを使わない方がいい人は?

転職エージェント経由が直接応募より有利な理由9選

転職エージェント経由が直接応募より有利な理由は、以下の通りです。

  • キャリア設計からサポートが受けられる
  • 地域関係なく幅広い求人から探せる
  • 非公開求人の紹介が受けられる
  • 業界や企業の内部事情が聞ける
  • 複数企業との日程調整を任せられる
  • 書類選考時に推薦状でプッシュしてもらえる
  • 書類選考・面接対策のサポートが受けられる
  • 企業からのフィードバックが受けられる
  • 待遇面の交渉を仲介してもらえる

裏を返せば、直接応募のデメリットとも言えます。

採用担当者
採用担当者

転職エージェント経由と直接応募の違いを知り、最適な手段を選びましょう。

キャリア設計からサポートが受けられる

転職エージェントを利用することで、キャリア設計からサポートが受けられます。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーが求職者の担当に就きます。初回の面談で行なうのが、キャリアの棚卸と転職先に求める条件の整理です。
» 転職エージェント利用の流れ【登録~内定】

キャリアのプロの目線から具体的なアドバイスが受けられるため、完成度の高いキャリア設計が可能です。

直接応募の場合、そもそもキャリア設計をしない場合もあります。しかし、自己分析をもとに理想のキャリア像を描いておくことは、最適な転職先選びに不可欠です。
» 転職に成功する自己分析のやり方

地域関係なく幅広い求人から探せる

転職エージェントには膨大な数の求人が集まっており、地域関係なく幅広い求人から紹介を受けられます。

勤務地を特定のエリアに限定したい場合、直接応募であれば候補先企業を集めるだけで手間がかかります。転職エージェントであれば求人情報をデータベースで管理しているため、求職者に合った案件を瞬時に紹介可能です。

複数の転職エージェントを活用することで、さらに網羅的に求人を探せます
» 転職エージェントを複数利用するメリット

非公開求人の紹介が受けられる

転職エージェントは、一般に公開されていない非公開求人を扱っています。

非公開求人とは、転職エージェント経由でのみ募集される求人のことです。応募者の殺到を避けたい人気企業や、特定のポストを早急に手配したい企業が利用します。

転職エージェントに登録しなければ存在すら分からない求人であるため、転職エージェントを利用する大きなメリットだと言えます。

業界や企業の内部事情が聞ける

業界や企業の内部事情が聞ける点も、転職エージェント経由で応募するメリットの一つです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、企業の人事担当者と日常的にコミュニケーションを取っています。企業から得た情報をもとに、業界全体の動向や社内事情など、転職活動を有利に進めるための情報を幅広く提供できます。

直接応募の場合も、手間をかければ書籍や雑誌からある程度の情報収集は可能です。しかし、応募する全ての企業を転職エージェントと同じレベルで研究することは困難です。

複数企業との日程調整を任せられる

転職エージェント経由で応募する場合、企業との選考日程の調整は全て転職エージェントが担ってくれます。

転職活動では、複数企業に応募するのが一般的です。内定後はすぐに承諾が求められるため、できる限り各社の最終面接日程を近づける必要があります

転職エージェントは求職者と企業を仲介し、求職者が最適な転職先を選べるよう日程調整します。

直接応募の場合、複数の企業とメールや電話でやり取りする必要があるため、かなりの手間です。不手際があれば企業からのマイナス評価につながるというリスクも潜んでいます。

書類選考時に推薦状でプッシュしてもらえる

転職エージェント経由で応募する場合、キャリアアドバイザーが応募書類に推薦状を添えて提出します。

推薦状は、キャリアのプロとして求職者の魅力を客観的に伝える内容となっており、選考に及ぼす影響は大きいです。転職エージェントと企業は信頼関係で成り立っているため、企業側も大切な選考用資料として推薦状を扱います。

採用担当者
採用担当者

直接応募では当然推薦状はなく、第三者からのプッシュは受けられません。

書類選考・面接対策のサポートが受けられる

キャリアアドバイザーは、応募書類の添削や模擬面接を通して選考を有利に進められるようサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーは応募先企業が求める人物像を把握しています。企業側が求める人材にマッチするよう、応募書類・面接のアドバイスをもらうことが可能です。

直接応募の場合、応募先企業のサイトなどから求める人物像を想像して対策する必要があります。転職エージェント経由と直接応募で、対策レベルに差が出るのは明らかです。
» 転職エージェントの賢い使い方9選
» 転職エージェントで書類選考に通らない理由

企業からのフィードバックが受けられる

転職エージェント経由で企業の選考に進んだ場合、依頼をすれば選考途中でも企業からのフィードバックをもらえることがあります。

特に、企業側の懸念点を教えてもらえるのは大きなメリットです。次回の選考までに対策することで、選考を突破しやすくなります。

直接応募の場合、企業からのフィードバックは受けられません

待遇面の交渉を仲介してもらえる

転職エージェントは、年収を含めた待遇面の交渉をしてくれる点も大きなメリットです。

選考過程における条件交渉はリスクが伴います。過度な要求をして非常識な人物だとみなされれば、選考を落とされる可能性があるからです。

転職エージェントは待遇面の交渉にも慣れており、適切なタイミング・方法で交渉を進めてくれます
» 転職エージェント経由で年収交渉すべき理由

採用担当者
採用担当者

直接応募では自ら交渉する必要があるため、 難易度が高いです。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

「転職エージェント経由より直接応募の方が受かりやすい」はウソ

ネット上では、転職エージェント経由より直接応募の方が選考に受かりやすいといった意見も。しかし、以下3つの理由で事実とは異なることが分かります。

  • 希望する人材であれば紹介料はネックにならない
  • 多数の中から自力で選考に残る必要がある
  • 学歴や職歴で足切りされる可能性がある

希望する人材であれば紹介料はネックにならない

転職エージェント経由の応募では、紹介料の存在がネックになると言われます。転職が成立した際、企業が転職エージェントに支払うのが紹介料です。
» 転職エージェントが利益を得る仕組み

しかし、企業が支払う紹介料は一時的な出費に過ぎません。企業にとっては、紹介料を惜しんで人材の質を妥協し、その後数十年いまいちな従業員を抱える方がリスクです。

多くの企業は、理想の人材を確保できるなら紹介料の支払いを惜しむことはありません

多数の中から自力で選考に残る必要がある

直接応募の場合、多数の応募者の中から自力で選考に残る必要があるため、選考に受かりやすいとは言えません。

直接応募では、応募先企業のサイトまたは転職サイトから求人に応募します。転職エージェント経由の非公開求人とは異なり、一般公開の案件です。

多数の求職者が殺到する中、推薦状や面接対策などのサポートなしで選考を突破する必要があります。選考日程の調整や待遇交渉なども、不備のないスムーズな進行が不可欠です。

採用担当者
採用担当者

直接応募での内定獲得は容易ではありません。

学歴や職歴で足切りされる可能性がある

直接応募の場合、転職エージェントによる後押しがないため足切りされる可能性があります。

公開求人には、非公開求人よりも多数の応募者が殺到します。企業は効率的に選考を進めるため、学歴や職歴で一定の基準を設けることが多いです。

企業が設けた基準を満たしていない場合、応募書類にはほとんど目が通されないまま不合格となります。転職エージェント経由であれば、信頼できるキャリアアドバイザーが推薦する人材であるため、足切りされることはありません。

転職エージェントなしで直接応募すべきケース3選

転職エージェントなしで直接応募すべきケースは、以下の3つです。

  • 自力で企業研究・選考対策・待遇交渉をやり切る自信がある
  • 希望する求人を転職エージェントが扱っていない
  • 転職エージェント経由で書類選考に落ちた企業に再応募したい

自力で企業研究・選考対策・待遇交渉をやり切る自信がある

転職エージェントに期待できるサポートが全て不要であれば、直接応募しても問題ありません。

しかし、企業や業界の研究を一社ずつ丁寧にやり遂げ、選考対策を徹底し、待遇交渉までやり切るのは極めて困難です。今の仕事を続けながら転職活動をする場合、一社あたりに割ける時間は限られています

転職エージェントを活用し、全面的にサポートを受けた方が効率が良いのは明らかです。
» 転職が成功する企業研究のやり方

希望する求人を転職エージェントが扱っていない

希望する求人が転職エージェントで扱われていない場合は、直接応募しか選択肢はありません。以下のような採用コストをかけられない・かけたくない求人は、主に自社サイトで募集されます。

  • NPO法人
  • 学校法人
  • ベンチャー企業
  • 大量採用の仕事
採用担当者
採用担当者

転職エージェントで紹介を受けられない仕事を希望する場合は、直接応募で転職活動を進めましょう。

転職エージェント経由で書類選考に落ちた企業に再応募したい

転職エージェント経由で書類選考に落ちた場合、どうしても志望度合いが高い企業であれば直接応募で再挑戦も可能です。ただし、以下のいずれかの場合に限ります。

  • 転職エージェントの判断で書類が企業に提出されなかった
  • 選考に落ちてから半年以上経過している

内定の見込みが低いと判断した場合、転職エージェントは独自の判断で求職者の応募書類を差し止めることがあります。企業が書類を見て落としたわけではないため、改めて応募すれば選考に進める可能性も。

転職エージェント経由で選考に落ちてから一定期間経過している場合も、改めて直接応募する価値があります。会社や人事担当者の採用スタンスが変わっている可能性があるからです。

転職エージェント経由の応募と直接応募を同時に行なうことはおすすめできません。応募が重複すれば、企業からは自己管理ができない人物だとみなされるからです。

転職エージェントを活用して直接応募より有利に転職活動を進めよう

転職エージェント経由が直接応募より有利な理由は、以下の通りです。

  • キャリア設計からサポートが受けられる
  • 地域関係なく幅広い求人から探せる
  • 非公開求人の紹介が受けられる
  • 業界や企業の内部事情が聞ける
  • 複数企業との日程調整を任せられる
  • 書類選考時に推薦状でプッシュしてもらえる
  • 書類選考・面接対策のサポートが受けられる
  • 企業からのフィードバックが受けられる
  • 待遇面の交渉を仲介してもらえる

転職エージェントを使うことで、あらゆる局面で直接応募よりも有利に転職活動が進められます

採用担当者
採用担当者

転職エージェントから受けられるサポートを全面的に活用して、理想の転職を勝ち取りましょう。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5