転職エージェントにブラック企業ばかり紹介される人の特徴5選【求人を見極めよう】

転職エージェントにブラック企業ばかり紹介される人の特徴5選【求人を見極めよう】
  • 転職エージェントにブラック企業を紹介された…
  • ブラック企業ばかり紹介されるのはなぜ?
  • ブラック企業を紹介されたときはどう対処すればいい?

転職エージェントからブラック企業を紹介されるのは理由があります。理由を把握していないと、いつまでたってもあなたに合った企業を紹介してもらえません

この記事では、転職エージェントにブラック企業ばかり紹介される人の特徴を解説します。記事を最後まで読めば、理想の求人に出会える確率が高まります

キャリアに合った求人がないと、ブラック企業を紹介されやすくなります。キャリアが不足しているせいで、希望に合った求人を紹介できないからです。

採用担当者
採用担当者

ただし十分なキャリアがあってもブラック企業を紹介されるケースもあります。

担当者との相性が悪い可能性が考えられるため、複数の転職エージェントを活用してスムーズに転職活動を進めましょう。

転職エージェントの求人はブラック企業が少ない

転職エージェントが保有している求人は、ブラック企業が少ないと言えます。主な理由は下記2つです。

  • 企業へ返金規定がある
  • 会社訪問している

企業へ返金規定がある

転職エージェントと企業の間で返金規定が定められているため、ブラック企業を紹介される可能性は低いです。転職エージェント経由で転職した人材がすぐに退職すると、企業へ紹介料を返金しなければなりません
» 転職エージェントが利益を得る仕組み

返金額の目安は下記の通りです。

  • 数日以内に退職:100%
  • 1ヶ月以内に退職:80〜90%
  • 2ヶ月以内に退職:40〜50%
  • 3ヶ月以内に退職:20〜30%

転職から退職までの日数が短いほど、転職エージェントの利益は少なくなります。自分たちの利益を確保するためにも「転職者には長く働いてもらいたい」が転職エージェントの本音です。

ブラック企業を紹介すると転職者の早期退職率が高まります。すぐに退職されないためには、ブラック企業を紹介しないのが転職エージェントにとって有効な対策です。

会社訪問している

転職エージェントは直接会社へ訪問しています。自分たちの目で会社の内情をチェックするためです。

職場環境や社内の雰囲気は、求人情報から読み取れません。実際に働いている現場を見て判断する必要があります。

ブラック企業は社内の雰囲気が殺伐としていたり、社員の顔色が悪かったりします。数多くの転職を支援してきた転職エージェントなら、職場環境を見ただけでブラック企業かどうかある程度判断できるのです。

ブラック企業だと判断すれば、転職エージェントは自社のサイトに当該企業の求人情報を掲載することはありません。

転職エージェントにブラック企業ばかり紹介される人の特徴5選

転職エージェントにブラック企業ばかり紹介される人の特徴を5つ紹介します。下記に1つでも当てはまる人は、ブラック企業を紹介されやすいです。

  • キャリアに合った求人がない
  • 企業が求めるレベルに達していない
  • 希望条件が曖昧
  • 新卒3年以内
  • 現職の給与が低い

キャリアに合った求人がない

自分のキャリアに合った求人がない場合、ブラック企業を紹介されてしまいます。キャリアが不足しているせいで希望条件を叶えられる企業がないからです。

転職エージェントは求職者のキャリアをもとに求人を紹介します。しかしキャリアに見合った企業がなければ求人を紹介できません。

キャリアが不足している場合、ブラック企業を紹介されるだけでなく放置される可能性もあります。
» 転職エージェントに断られる理由

企業が求めるレベルに達していない

企業が求めるレベルに達していない人は、ブラック企業を紹介されやすくなります。レベル不足の状態で応募しても、書類選考の段階で落とされる確率が高いことをわかっているからです。
» 転職エージェントの内定率

転職エージェントが受かる見込みのない人材を紹介した場合、企業からの印象が悪くなります。企業側は自社が求める人物像を事前に転職エージェントへ伝えているからです。

転職エージェントは企業と良好な関係を築きたいと考えています。企業からの印象が悪くならないようできるだけ優秀な人材を紹介するのは当然のこと。

求職者が応募したいと考えていても、企業が求めるレベルに達していなければ門前払いされます。

採用担当者
採用担当者

良い求人は残っていないため、ブラック企業を紹介されてしまうのです。

希望条件が曖昧

希望条件が曖昧だとブラック企業を紹介される傾向にあります。求職者の意図が転職エージェントへ正しく伝わっていないからです。

例えば残業時間や休日数を伝えるときは注意する必要があります。下記のような条件は具体性に欠けるため、意図を正しく伝えられません。

  • 残業は少なめがいい
  • 1ヶ月の休日は8日間欲しい

「残業は少なめ」だと、残業時間の許容範囲がわかりません。求職者は月10時間までなら残業OKと考えていても、転職エージェントは「月20時間まで」と捉える可能性があります

完全週休二日制を希望していてる人は要注意。「1ヶ月の休日は8日間」と伝えてしまうと、「月に合計8日間の休日」がある企業を紹介されるケースも考えられます。

転職エージェントとの認識にズレが生じないよう、希望条件は面談時に詳しく伝えましょう。
» 転職エージェントとの面談の流れ

新卒3年以内

新卒3年以内の求職者はブラック企業を紹介されがちです。スキルや経歴が乏しいため、紹介できる企業が多くありません

「未経験歓迎」など好条件を提示しているところはブラック企業の可能性があります。人員の入れ替わりが激しいため、転職のハードルを下げているからです。
» 未経験なら転職エージェントを使うべき理由

好条件だけに惹かれてしまうと企業の実態が見えてきません。新卒3年以内の人は、未経験歓迎より「第二新卒歓迎」の条件を基準に企業を選びましょう。研修制度が整っているため、ビジネスマナーなど基礎的なスキルを身に付けられます。

現職の給与が低い

現職の給与が低い人はブラック企業を紹介されやすくなります。「高収入」「高年収」といった条件に惹かれてしまうからです。

高年収などの条件を提示するのにはいくつか理由があります。例えば下記の通りです。

  • 特別な資格が必要
  • 専門性が高い
  • 残業や休日出勤が多い

現職の給与が低い人は残業時間と休日出勤の日数もよく確認する必要があります。労働時間が長いため年収が高くなる可能性があるからです。

採用担当者
採用担当者

金額の高さだけで選ばないようにしましょう。

みなし残業○時間に注意

みなし残業とは基本給の中に残業代が含まれることです。例えばみなし残業20時間なら、20時間分の残業代が基本給に含まれて支給されます。

しかし20時間以上の残業代は支払われない、残業が常態化しているなどのデメリットがあることも。「みなし残業○時間」を提示する企業の情報は、転職エージェントから念入りに調べてもらいましょう。
» おすすめの転職エージェント

転職エージェントにブラック企業ばかり紹介されたときの対処法

転職エージェントにブラック企業ばかり紹介されたときは、下記の対処法を実践してみてください。どれも簡単にできることばかりです。

  • 自己分析を丁寧に行う
  • 希望条件を具体化する
  • 担当者を変えてもらう
  • ほかの転職エージェントを使う

自己分析を丁寧に行う

ブラック企業を紹介されたときは自己分析を丁寧に行いましょう。自己分析が不足していると、自分のキャリアやスキルレベルを客観視できないからです。

転職活動では必ずキャリアの棚卸しを行いましょう。これまでの経験から自分が身に付けたスキルや得意なことを整理してください。
» 転職が成功する自己分析のやり方

自分ができることを客観的に把握できれば、キャリアに合った企業を紹介してもらえます。

企業研究も丁寧に行う

自己分析と同じように企業研究も丁寧に行いましょう。企業が求めるレベルや人物像を把握するためです。企業研究が充実すると、企業が欲している人材だとアピールできるようになります。
» 転職が成功する企業研究のやり方

希望条件を具体化する

転職で叶えたい希望条件を具体的に考えましょう。曖昧な条件だと転職エージェントとの認識にズレが生じてしまうからです。

転職エージェントに正しく条件を伝えられないと、希望に合わない企業を紹介されます。特に残業時間や休日は、具体的な数字を伝えてください。例えば下記の通りです。

残業時間
月10時間まで、みなし残業なしなど
休日
完全週休二日制、土日祝日休みなど

希望条件を具体的に伝えれば、ブラック企業を紹介される確率は下がります。

担当者を変えてもらう

ブラック企業を紹介されたら担当者を変えてもらいましょう。求職者目線ではない担当者の可能性があるからです。

基本的に転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求職者に寄り添ってサービスを提供してくれます。しかし稀に、求職者の希望に合った求人ではなく「内定が出やすい求人」を紹介するキャリアアドバイザーもいるのです。

うまく意思疎通を図れないときは、遠慮なく担当者を変えてもらってください。各転職エージェント公式サイトのお問い合わせからメールで連絡しましょう。
» 【状況別】転職エージェントの断り方

ほかの転職エージェントを使う

ほかの転職エージェントを使うのも有効な手段です。今使っている転職エージェントそのものがあなたに合っていない可能性があります

例えば大手企業に転職したい人が、地元の転職に特化した小規模の転職エージェントを使うケースなどです。自分の希望職種や条件に合わない転職エージェントを使っても、理想の求人には出会えません。
» 失敗しない転職エージェントの選び方

転職エージェントは5社を目安に併用しましょう。

採用担当者
採用担当者

多角的なアドバイスを受けつつ、あなたに合った求人を紹介してもらえます。

» 転職エージェントを複数利用するメリット

ブラック企業を紹介しがちな転職エージェントの特徴

ブラック企業を紹介しがちな転職エージェントの特徴を3つ紹介します。下記に1つでも当てはまる転職エージェントを使うときは、紹介される求人をしっかり見極めましょう。

  • 中小規模の転職エージェント
  • 担当者のノルマが厳しい
  • キャリアカウンセリングを行わない

中小規模の転職エージェント

中小規模の転職エージェントはブラック企業を紹介する傾向にあります。大手転職エージェントに比べ、自社サイトに掲載する求人のチェックが厳しくないからです。

転職エージェントが直接企業を訪問しないケースも考えられます。企業の内情を調査しないせいで、ブラック企業かどうか見極められないのです。

中小規模の転職エージェントに求人を掲載しようとする企業はそれほど多くありません。転職エージェントの利用者が少なく、良い人材に出会える確率が低いからです。大手企業や有名企業は「リクルートエージェント」など利用者が多い転職エージェントを積極的に活用します。

全体的な求人数が少ないと、転職エージェントは利益を確保するのが困難です。できるだけ利益を得るためにブラック企業を紹介しがちになります。

採用担当者
採用担当者

中小規模の転職エージェントを使うときはブラック企業かどうか自分で見極めましょう。

» ブラック企業かどうか見極めるポイント

担当者のノルマが厳しい

担当者のノルマが厳しいとブラック企業を紹介されやすくなります。求職者のサポートよりノルマを達成することが目的になっているからです。
» 転職エージェントの裏事情

キャリアアドバイザーには下記2つのノルマが課せられています。

  • 企業へ紹介する人数
  • 企業から受け取る報酬額

ノルマを達成するため内定が出やすい求人を紹介されることも。自分の希望に合わない求人を紹介されると、職場環境や労働条件をブラックだと感じやすくなります。

希望条件を叶えられない求人を紹介されたら、担当者を変えてもらいましょう。ノルマを達成するため必死になっている可能性が高いです。
» むかつく転職エージェントへの対処法

キャリアカウンセリングを行わない

キャリアカウンセリングを行わない転職エージェントは、ブラック企業を紹介しがちです。求職者の希望に合う求人ではなく、内定が出やすい求人を紹介しようと考えている可能性があります。

キャリアカウンセリングを行わなければ、求職者の希望を正しく伝えられません。「希望を無視する」とも捉えられます。

転職エージェントに登録した後すぐに求人を紹介されたら要注意。一般的な転職エージェントを利用する流れに合っていないため、ブラック企業を紹介される可能性が高まります。
» 転職エージェント利用の流れ

ブラック企業かどうか見極めるポイント

紹介された求人がブラック企業かどうか見極めるポイントを5つ紹介します。「怪しいかも」と感じたら下記に当てはまらないか確認してみてください。

  • 求人票の情報量が少ない
  • 仕事内容を具体的にイメージできない
  • 雇用形態が正社員ではない
  • 好条件で手当が多い
  • ネガティブな口コミが多い

求人票の情報量が少ない

求人票に記載されている情報量が少ない企業はブラック企業の可能性があります。都合の悪い情報を隠している可能性があるからです。

転職エージェントの求人票には、主に下記の項目が記載されています。

  • 企業情報
  • 仕事内容
  • 応募条件
  • 年収
  • 勤務地
  • 雇用形態
  • 就業時間
  • 休日数
  • 手当の種類

各項目に記載されている情報量をチェックしてください。例えば就業時間では、所定の労働時間や休憩時間、残業の有無を確認しましょう。勤務時間しか書かれていない場合は、残業が常態化している可能性も考えられます

転職エージェントによって情報量が異なる

転職エージェントによって求人票に記載されている情報量が異なります。情報を隠しているのではなく、気になる求人があれば問い合わせてほしいからです。求人票だけでブラック企業かどうか判断するのは難しいケースもあるため、詳しい情報を知りたいときはキャリアアドバイザーに質問してみてください。

仕事内容を具体的にイメージできない

求人票に書かれている情報から仕事内容を具体的にイメージできない企業は危険です。体力的・精神的にきつい仕事を任される可能性があります。

例えば下記のように曖昧な文言が書かれている場合は注意してください。

  • 基本的な事務作業
  • 誰でもできる簡単なお仕事
  • マニュアル通りに行うだけでOK

転職後に仕事内容が合わないと感じても手遅れです。求人票の情報から自分が実際に仕事している場面をイメージできるかどうか考えてみてください。

採用担当者
採用担当者

仕事内容をイメージできない企業への応募は避けましょう。

雇用形態が正社員ではない

雇用形態が正社員以外で募集している企業は要注意です。募集要項をしっかり確認する必要があります。

例えば契約社員として募集している企業なら、契約期間や更新のタイミング、正社員登用の有無を確認しましょう。内容が曖昧だといつ契約を切られるかわかりません。

求人票に記載されていない場合は、転職エージェントから調べてもらってください。転職エージェント経由でも雇用形態の詳しい情報がわからない場合、ブラック企業の可能性が高いです。

正社員は試用期間をチェック

正社員として採用される予定でも、試用期間は契約社員として扱う企業があります。試用期間が終了したにもかかわらず契約社員として採用されるケースも考えられるので注意しなくてはなりません。過去に似たような事例がないか転職エージェントから調べてもらいましょう。

好条件で手当が多い

好条件を提示する企業はブラック企業の可能性が高いです。良い条件を提示して人手を確保しようとしている場合があります。

例えば下記のような好条件を提示するのは理由があります。

入社祝い金支給
特別なスキルを必要としない業界や企業に多い
社員の自主性を重視
研修制度が伴っていない、転職後すぐにノルマが課される
みなし残業○時間
みなし残業を超えた分の残業代は支払われない

条件だけに捕らわれず、仕事内容や勤務時間など総合的に判断しましょう。

条件のほか手当が多い企業もブラック企業の可能性があります。手当が多いものの基本給が低いケースがあるからです。

基本給が低いと賞与も少なくなるため、手当の多さに惑わされてはいけません。具体的な数字を用いて、基本給の違いが給与に与える影響を確認しましょう。

基本給20万円30万円
賞与3ヶ月分(60万円)3ヶ月分(90万円)
手当扶養手当、住居手当、資格手当、通勤手当、営業手当:各5万円休日手当のみ:15万円
合計105万円135万円

会社の制度上存在する手当をすべて記載していることもあります。

採用担当者
採用担当者

手当の種類が多くても、支給条件に当てはまらなければ受け取れません。

ネガティブな口コミが多い

ネガティブな口コミが多い企業はブラック企業の可能性があります。実際に働いた経験のある人がリアルな情報を伝えているからです。

転職エージェントは企業の内情を調べてくれますが、働いている人の気持ちまで把握できません。職場環境が良さそうに見えても、働いている人は不満を感じているケースも考えられます。

口コミから職場の雰囲気や労働環境をチェックしてください。ただし口コミには偏った意見も多いので、鵜吞みにせず参考程度にとどめておきましょう。

おすすめの口コミサイト

口コミの調査では「Lighthouse」の利用がおすすめです。Lighthouseはエンエージェントなどの人材紹介サービスを手がけるエン・ジャパンが運営しています。年間5,000万ユーザーが利用しているため、あらゆる企業の口コミが集まりやすいです。

転職エージェントが紹介する企業を見極めよう

転職エージェントからブラック企業を紹介される確率は高くありません。企業への返金規定が設けられていたり、職場の内情を事前に調査したりしているからです。

一方で、下記に当てはまる人はブラック企業を紹介されやすくなります。求人票の情報量や仕事内容の具体性などをチェックし、ブラック企業かどうか見極めましょう。

  • キャリアに合った求人がない
  • 企業が求めるレベルに達していない
  • 希望条件が曖昧
  • 新卒3年以内
  • 現職の給与が低い

担当者のノルマが厳しい転職エージェントはブラック企業を紹介しがちです。求職者の希望に合った求人ではなく、内定が出やすい求人を紹介されてしまいます。

良いキャリアアドバイザーと出会うためにも、複数の転職エージェントを利用しましょう。親身になって相談に乗ってくれるキャリアアドバイザーに出会えれば、ブラック企業ではなくあなたの希望を叶える求人を紹介してもらえます。

\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5