【当てはまると危険!】転職エージェントに見捨てられる人の特徴9選と対処法

【当てはまると危険!】転職エージェントに見捨てられる人の特徴9選と対処法
  • 転職エージェントに見捨てられることがあるって本当?
  • 転職エージェントから連絡がないのはなぜだろう
  • 転職エージェントに見捨てられるのはどんなケース?

転職エージェントに求職者が見捨てられるケースは少なくありません。転職エージェントは、サポートしている求職者が紹介先の企業に転職することで、企業から紹介報酬を得ています。求職者の転職が難しく利益につながらないと判断すれば、サポートを打ち切るのも当然です。

本記事では、転職エージェントに見捨てられる人の特徴と見捨てられないための対処法を解説します。記事を読むことで、転職エージェントに見捨てられることなく、良好な関係を築くためのポイントが分かるはずです。

転職エージェントに見捨てられないためには「転職意欲が高く、企業に紹介したい魅力的な人材」だと認識されることが大切です。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントと上手く付き合って、転職成功につなげましょう。

転職エージェントに見捨てられる3つのパターン

転職エージェントに見捨てられるパターンは、以下の3つです。

  • 担当者が音信不通になる
  • 求人を紹介してくれない・相手にされない
  • 希望と違う求人ばかり紹介される

担当者が音信不通になる

転職エージェントの担当者に見捨てられ、音信不通になるパターンです。

大手の転職エージェントでは少ないですが、中規模・小規模の転職エージェントを利用する際には起こり得ます。「知らない間に担当変更された」というケースもあります。

転職エージェントの担当者は、1人で複数人の求職者をサポートするのが一般的です。転職の可能性が低いと判断した求職者に対しては、サポートする余裕がないため連絡が途絶えがちになります。

求人を紹介してくれない・相手にされない

転職エージェントの担当者と連絡を取り合っているものの、求人を紹介してくれないパターンです。

キャリアアドバイザーとの面談後も求人紹介が受けられない場合は要注意。転職サービスへの登録直後はモチベーションが高く、通常であれば積極的な求人紹介を受けるはずだからです。

何らかの理由により、転職をサポートする価値がないと認識されている可能性があります。ただし、紹介できる求人がないだけという場合もあるため、担当者とコミュニケーションを取って確認しましょう。

希望と違う求人ばかり紹介される

希望条件に合わない求人ばかり紹介されるパターンです。

転職エージェントとしては、すべての利用者に求人を紹介する必要があります。しかし、転職成功が見込める求職者を中心にサポートする方が、業績向上につながりやすいのも事実です。

優先度が低い求職者に対しては、求人紹介の精度が下がります。希望と違う求人ばかり紹介されると感じるなら、すでにエージェントに見捨てられているかもしれません。
» 転職エージェントから連絡がこない理由

転職エージェントに見捨てられる人の特徴9選

転職エージェントに見捨てられる人の特徴は、以下の通りです。

  • サービスへの登録が完了していない
  • 職務経歴書の入力が不十分なままである
  • 社会人としてのマナーや常識がない
  • 経歴やスキルについて嘘をつく
  • 担当者からの連絡に対して返信が遅い
  • 求人紹介を受けても応募しない
  • 転職意欲が低いと思われている
  • 転職先に対する理想が高すぎる
  • 自分に合わない転職エージェントを選んでいる

サービスへの登録が完了していない

転職エージェントへの登録が完了しておらず、サポート対象とみなされていない場合です。

転職エージェントに登録する際、以下の情報を入力します。

  • 氏名・年齢・住所などの個人情報
  • 学歴・職歴・スキル
  • 転職先に求める条件

上記を入力後、登録完了メールが届きます。メールが届いていない場合は、入力項目のいずれかで止まってしまった可能性があります

「転職エージェントに登録したのに一度も連絡が来ない」という方は、改めてメールを確認しましょう。
» 転職エージェント利用の流れ【登録~内定】

職務経歴書の入力が不十分なままである

転職エージェントへの登録が完了したものの、職務経歴書の入力が不十分な場合です。

職務経歴書

これまでに経験した業務内容や身に付けたスキルをまとめた書類

登録のタイミングでは、職務経歴書を詳細に書けていなくても問題ありません。しかし、職務経歴書は求職者がどのような経験・スキルを持っているか判断する貴重な資料です。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントから求人紹介を受けたいなら、職務経歴書は丁寧に作成しましょう。

» 履歴書と職務経歴書の違いと書き方
» 【見本付】職務経歴書の書き方とコツ

社会人としてのマナーや常識がない

社会人としてのマナーや常識に欠ける方は、転職エージェントから見捨てられます。

転職エージェントは、企業が求める人材を紹介することで報酬を得ています。社会人としてのマナーや常識がなっていない人物を紹介し、企業からの信頼を失うことは転職エージェントにとって致命的です。

転職エージェント担当者にマナーや常識がない人物と判断されれば、求人紹介を受けるのが難しくなります。

経歴やスキルについて嘘をつく

経歴やスキルに嘘をつく人も、転職エージェントからは見捨てられます。嘘をつくことは、転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないことです。

転職エージェントの担当者は人材を扱うプロです。経歴やスキルをよく見せようとしても、詳しくキャリアを掘り下げるうちに嘘を見抜かれます

経歴やスキルを偽るような人材を、大事な提携先企業に紹介することはできません。嘘をついていると判断された時点で、転職エージェントに見捨てられるのは確実です。

担当者からの連絡に対して返信が遅い

転職エージェントの担当者からの連絡に対し、返信が遅い求職者は見捨てられる可能性が高いです。

返信が遅いことは、求職者自身の中で転職活動の優先順位が低いことを意味します。モチベーションが高い他の求職者を優先されても文句は言えません。

企業の選考が進む中で、返信の早い求職者は安心できるという側面もあります。選考日程の調整など、転職エージェントはさまざまな場面で企業と求職者を仲介します。

採用担当者
採用担当者

連絡に対していつも返信が遅ければ、優先順位が下がるのも当然です。

求人紹介を受けても応募しない

複数の求人紹介に対して一度も応募しない求職者は、見捨てられる可能性が高いです。

転職エージェントの担当者は1人で複数人の求職者を抱え、日々コミュニケーションを取っています。貴重な時間を割いてサポートしているため、具体的に行動を起こす求職者を優先します。

複数の求人を紹介しても一切応募しない求職者は、転職エージェントにとって優先度が下がることは確実です。
» 転職エージェントの求人はブラックばかり?

転職意欲が低いと思われている

転職意欲が低いとみなされた場合、転職エージェントに見捨てられます。「連絡が遅い」「希望条件が曖昧なまま」「求人を紹介しても応募しない」など、さまざまな点で転職意欲の低さは現れます。

転職エージェントは、利用者が転職に成功しなければ報酬を得られません。担当者は転職意欲の高さを常にチェックしており、転職を成功させる見込みのある求職者を優先します。

転職意欲が低いとみなされないよう、具体的なアクションを起こすことが大切です。

転職先に対する理想が高すぎる

転職先に対する理想が高すぎる場合も、転職エージェントに見捨てられる可能性が高いです。

より良い待遇を求めることは悪くありませんが、相場からかけ離れた条件を提示する求職者には紹介できる案件が限られます。業界平均よりも高水準の給与を求めたり、勤務地を狭いエリアに指定したりすると、求人紹介の難易度は上がります。

転職エージェントが幅広い案件に応募している求職者を優先するのは当然です。
» 転職エージェントを使わない方がいい人は?

自分に合わない転職エージェントを選んでいる

自分に合わない転職エージェントを選んでいる場合も、見捨てられる可能性が高いです。

転職エージェントは各社強みを持っており、自社のターゲットとずれた求職者に対してはサポートが難しくなります。希望する業界・職種に合った転職エージェントを選ばなければ、積極的なサポートは得られません。

採用担当者
採用担当者

まずは複数の転職エージェントに登録し、自分に合ったエージェント・担当者を探すことが大切です。

» 最適な転職エージェントの選び方

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

転職エージェントに見捨てられた場合の対処法7選

転職エージェントに見捨てられた場合の対処法は、以下の通りです。

  • 社会人としてのマナー・常識を守って接する
  • 職務経歴書を充実させる
  • 求人に応募して転職意欲の高さを伝える
  • 担当者からの連絡にはすぐ返信する
  • 転職先に求める条件を見直す
  • 担当変更を要望する
  • 複数の転職エージェントを利用する

転職活動を続ける中で、書類選考や面接での不合格が続くとメンタル的に辛いものがあります。せめて転職エージェントは味方につけて、転職活動の後押しをしてもらいましょう。

社会人としてのマナー・常識を守って接する

転職エージェントとは、社会人としてのマナー・常識を守って接しましょう。

転職エージェントの担当者はさまざまな場面で求職者をサポートしてくれます。初回の面談、求人紹介、書類添削、面接対策、企業との待遇交渉など多岐にわたります。

求職者が期日を守らなかったり、平気でスケジュール変更を繰り返したりすれば、企業への紹介が難しいと判断される可能性が高いです。まずはマナー・常識があることを印象づけ、信頼を勝ち取りましょう

職務経歴書を充実させる

転職エージェントに登録したら、職務経歴書を充実させましょう。

職務経歴書はこれまで培った経験・スキルをまとめた重要な資料です。どのような経験をしてどのようなスキルを身に付けたのか、具体的に数字を交えて書きましょう。

求職者の強みがクリアになることで、転職エージェントは求人紹介がしやすくなります。
» 履歴書と職務経歴書の違いと書き方
» 【見本付】職務経歴書の書き方とコツ

求人に応募して転職意欲の高さを伝える

転職エージェントから求人紹介を受けたら、最低でも1社は応募しましょう。実際に応募することで、担当者に転職意欲の高さが伝わります。

自分が紹介した求人案件に応募してもらえるのは、転職エージェントの担当者にとっても嬉しいはずです。逆にどれだけ紹介しても一度も応募しない求職者には、求人を紹介しなくなります。

企業への応募という具体的な行動を起こすことで、転職意欲の高さをアピールしましょう。

担当者からの連絡にはすぐ返信する

転職エージェントの担当者からの連絡にはすぐに返信しましょう。

転職活動が進むと、複数企業の選考を同時に進めるため日程調整が必要になります。転職エージェントの担当者にとって、連絡の遅い求職者は負担です。

迅速にコミュニケーションが取れる求職者なら、安心して企業に推薦できます。転職エージェントの担当者からの連絡には早めの返信を心掛けましょう。

紹介された求人が希望と違ったとしても、早めに連絡を返すことが大切です。断りの理由を伝えてコミュニケーションを取っておくことで、希望に合う求人が出てきた際に優先してもらえる可能性が高まります。
» 転職エージェントの状況別断り方

転職先に求める条件を見直す

転職先に求める理想が高すぎる場合は、条件を見直しましょう。

あまりにも相場から離れた要求をしたり、人気の業界・職種だけを志望したりする求職者は、転職の可能性が低いです。紹介できる案件自体が少なく選考通過率も厳しいため、担当者にとっての優先度は下がります。

希望の条件を緩めることで、転職エージェントは求人紹介がしやすくなります。あまり求人紹介が受けられていない場合は、希望条件の見直しを検討しましょう。
» 転職エージェントに断られる9つの理由

担当変更を要望する

担当者に見捨てられ、連絡がつかなかったり求人紹介が受けられなかったりする場合は、担当変更を要望しましょう。

転職エージェントの担当は、問合せフォームから連絡すれば変更依頼が可能です。担当者が変われば求人紹介を受けられるかもしれません。

採用担当者
採用担当者

担当変更を要望する際は、希望の業界・職種に詳しい担当者をリクエストしましょう。

複数の転職エージェントを利用する

現在利用している転職エージェントに見捨てられたら、別のエージェントに登録しましょう。

転職エージェントは複数使うことで、自分に合ったエージェント・担当者に出会える確率が上がります。各社独自の強みがあるため、複数の転職エージェントに登録しておくことで視野が広がるのもメリットです。

求人紹介してもらえない1社にこだわるのではなく、複数の転職エージェントを利用することで有利に転職活動を進めましょう。
» 転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントに見捨てられても挽回できる

転職エージェントに見捨てられる人の特徴は、以下の通りです。

  • サービスへの登録が完了していない
  • 職務経歴書の入力が不十分なままである
  • 社会人としてのマナーや常識がない
  • 経歴やスキルについて嘘をつく
  • 担当者からの連絡に対して返信が遅い
  • 求人紹介を受けても応募しない
  • 転職意欲が低いと思われている
  • 転職先に対する理想が高すぎる
  • 自分に合わない転職エージェントを選んでいる

現在利用している転職エージェントに見捨てられたとしても、挽回は可能です。

「転職意欲が高く、企業に紹介したい魅力ある人材」と認識されるようアクションを続ければ、転職エージェントの担当者は全力でサポートしてくれます。転職エージェントにはさまざまなタイプがあるので、幅広く利用して自分に合ったエージェントを見つけましょう

採用担当者
採用担当者

転職エージェントの担当者と良好な関係を築くことが、転職成功の第一歩です。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5