転職エージェントの賢い使い方9選と使い倒す際の注意点【選考サポート~条件交渉まで】

転職エージェントの賢い使い方9選と使い倒す際の注意点【選考サポート~条件交渉まで】
  • 転職エージェントを使って内定を得るまでの流れが知りたい
  • 転職エージェントをうまく使って転職活動を有利に進めたい
  • 転職エージェントの具体的なサポート内容が知りたい

転職活動を有利に進めたいなら、うまく活用したいのが転職エージェントです。しかし、初めて転職エージェントを利用する場合、使い方が分からず悩むことが多いでしょう。

本記事では、転職エージェントの賢い使い方と使い倒す際の注意点を解説します。記事を読むことで、転職活動の各プロセスでどのように転職エージェントを活用すべきか分かるはずです。

転職エージェントを賢く使うためには、自分に適したエージェントを見つけることが大切です。選考突破に向けたアドバイスだけでなく、企業との難しい交渉も仲介してくれます。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントのサポートを最大限引き出し、転職活動の成功に繋げましょう。

転職エージェントとは「企業と求職者をつなぐ存在

転職エージェントとは、必要な人材を求める「企業」と転職を希望する「求職者」をつなぐ人材紹介サービスです。キャリアアドバイザーが担当に付き、最適な転職先探しをサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーの役割は以下の通りです。

  • 経験やスキル、転職意向のヒアリング
  • 求職者の要望に合う求人の紹介
  • 選考突破に向けたアドバイス
  • 企業への推薦状の提出
  • 面接日程の調整
  • 年収など待遇面の交渉
  • 内定後の転職手続きサポート

転職活動の各プロセスで、キャリアアドバイザーが果たす役割は大きいです。転職エージェントを使わない場合、求職者自身が企業との待遇交渉などを進める必要があります。

キャリアアドバイザーは企業の人事担当者と関係を構築できています。難しい交渉でもスムーズに進めることが可能です。

転職エージェントの一般的な使い方と利用の流れ

転職エージェントの一般的な使い方と利用の流れは、以下の通りです。

  1. 転職エージェントに登録する
  2. キャリアアドバイザーと面談する
  3. 求人紹介を受ける
  4. 書類選考を受ける
  5. 面接を受ける
  6. 志望企業に内定する
  7. 退職・入社手続きをする

1.転職エージェントに登録する

各転職エージェントのサイトから登録します。入力する情報は以下の通りです。

  • 氏名・年齢・住所などの個人情報
  • 学歴・職歴・スキル
  • 転職先に求める条件

登録時点では、転職先に求める条件が明確である必要はありません。キャリアアドバイザーとの対話を通じて、業界・職種・給与・勤務地などの条件が絞られるからです。
» 転職エージェントは登録だけでもいい理由

2.キャリアアドバイザーと面談する

転職エージェントの登録が完了したら、担当となったキャリアアドバイザーとの面談が入ります。面談の目的は、求職者の意向をヒアリングし、最適な求人紹介に繋げることです。

「面談で何を話すのか」と不安な方は、以下ポイントを事前に整理しましょう。

  • 現職までに培った経験・スキル
  • 興味のある業界・職種
  • 年収・勤務地などの条件
  • 希望の転職タイミング

自分なりに整理した上で面談に臨めば、的確なアドバイスがもらえます。
» 転職エージェント面談の完全ガイド

3.求人紹介を受ける

面談で転職意向の擦り合わせができたら、求人紹介が始まります。

新卒の就職活動とは違い、転職活動は早い者勝ちです。希望の条件に合う求人があれば、積極的に応募しましょう。

希望と異なる点がある場合、キャリアアドバイザーへ正直に伝えることが大切です。求人の条件を細かく見直すことで、希望にマッチした企業が見つかりやすくなります。

4.書類選考を受ける

紹介された求人が魅力的であれば、応募して書類選考を受けましょう。

転職エージェントを利用する場合、キャリアアドバイザーが応募書類を添削してくれます。応募先企業の内情に精通しているため、選考通過率を上げるアドバイスが可能です。

企業への推薦状も合わせて提出してくれます。キャリアのプロの目線から、あなたの経験・スキル・人柄をアピールする内容となっています。
» 転職エージェントで書類選考に通らない理由

5.面接を受ける

書類選考を通過したら、次は面接です。

キャリアアドバイザーのサポートを受けながら面接対策を進めましょう。応募先企業でよく聞かれる質問を把握していることも多いです。

模擬面接を通して企業が求める受け答えができるようアドバイスしてもらえます。アドバイザーの知見をフルに活用して、面接を有利に進めましょう。

6.志望企業に内定する

最終面接を通過したら、転職エージェントから内定の通知が届きます。内定承諾前にはオファー面談が実施されるケースが多いです。

オファー面談とは

企業が内定者に対し、雇用条件等を提示するための面談

給与や福利厚生などで気になる点があれば、オファー面談で確認しましょう。

年収交渉も可能ですが、慎重に進める必要があります

採用担当者
採用担当者

キャリアアドバイザーに相談し、最適なアプローチで臨みましょう。

» 転職エージェント経由で年収交渉すべき理由

7.退職・入社手続きをする

内定を承諾したら、退職・入社の手続きを進めます。

現職の退職日と転職先への入社日をうまく調整する必要があります。双方に不都合が生じないよう、キャリアアドバイザーと連携して進めましょう。

転職先企業との調整だけでなく、現職から引き留めがあった場合の対応などもサポートしてくれます。転職のプロの力を借りれば、スムーズに退職・入社の手続きが進められるはずです。
» 転職エージェント利用の流れ【登録~内定】

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

転職エージェントの賢い使い方9選

転職エージェントの賢い使い方は以下の通りです。

  • 相談だけでも利用する
  • 複数登録して条件の良い求人を探す
  • 自分に適した転職エージェントを選ぶ
  • 業界や企業の内部情報を聞き出す
  • 書類選考・面接対策をしてもらう
  • 選考日程をうまく調整してもらう
  • 企業側の評価・フィードバックをもらう
  • 年収など条件交渉をしてもらう
  • 転職手続きをサポートしてもらう

転職エージェントを使い倒すことで、転職の成功率がアップします。

採用担当者
採用担当者

転職活動の各プロセスにおける活用法を押さえ、選考を有利に進めましょう。

相談だけでも利用する

転職エージェントは、キャリアに関する相談だけでも利用可能です。

キャリアアドバイザーとの面談は、さまざまな角度から仕事を見つめ直す貴重な機会です。意外な業界に興味が湧いたり、自分の新たな強みに気付いたりします。

一人で悩んでいるだけでは視野が広がりません。転職の決意が固まっていない段階だからこそ、プロに相談する価値があります
» 転職エージェントは相談だけでもOK

複数登録して条件の良い求人を探す

転職エージェントを利用する際は、視野を広げるために複数のエージェントに登録しましょう。

転職エージェント各社は、クローズド案件と呼ばれる非公開の求人情報を扱っています。大手の転職エージェントでも、他社のクローズド案件までは把握できません。

複数の転職エージェントに登録することで、条件の良い求人に出会う確率を高められます

転職エージェントには総合型と特化型の2種類があります。目安として総合型を3社、特化型を2社の計5社に登録しましょう。

  • 総合型:さまざまな業界・職種を幅広く扱う
  • 特化型:特定の業界・職種のみを専門的に扱う

総合型エージェントから多様な業界・職種の求人紹介を受けることで、幅広くキャリアを検討できます。特化型エージェントから特定の経験・知識を活かすキャリアの提案を受けることで、強みの再発見につながります。

採用担当者
採用担当者

総合型と特化型をバランスよく組み合わせ、自分の価値を最大化できるキャリアを追求しましょう。

» 転職エージェントを複数利用するメリット

自分に適した転職エージェントを選ぶ

転職エージェントを賢く使うためには、自分に適したエージェントを選ぶことが大切です。転職エージェント選びで大切なポイントは以下3点です。

  • 希望する業界・職種に対する知見
  • 希望ジャンルでの質の高い求人紹介
  • 担当アドバイザーとの相性

まずは複数の転職エージェントに登録し、サポートの質やアドバイザーとの相性を見極めましょう。自分に適した転職エージェントを見つけることが、転職成功に直結します。
» 最適な転職エージェントの選び方

業界や企業の内部情報を聞き出す

キャリアアドバイザーからは、希望する業界や企業の内部情報を聞き出しましょう。

キャリアアドバイザーは企業の人事担当者とも日常的にコミュニケーションを取っています。業界が抱える課題や、企業が求める人物像を把握していることが多いです。

業界や企業に対する知識が深まり、選考を有利に進めるためのヒントになります。希望ジャンルに関する情報が十分でない場合は、アドバイザーの担当変更を申し出ることも可能です。
» 転職エージェントの状況別断り方

書類選考・面接対策をしてもらう

書類選考や面接の際は、キャリアアドバイザーに事前対策をしてもらいましょう。

転職エージェントは、過去に同じ企業へ応募した利用者のデータを蓄積しています。面接での質問や受け答えなど、有利に進めるためのアドバイスが可能です。

担当アドバイザーに依頼すれば、書類添削や模擬面接に対応してくれます。転職エージェントのサポートをフル活用して選考を有利に進めましょう。

選考日程をうまく調整してもらう

応募先企業での選考が進んだら、転職エージェントにうまく日程調整をしてもらいましょう。

転職活動では複数企業に応募するのが一般的です。選考日程が大きくずれている場合、先に内定した企業には長期間待ってもらう必要が出てきます

第一志望の企業が最初に決まれば問題ありません。しかし、志望度の低い企業から先に内定が出る可能性もあります。第一志望を待たずに内定を受けるか、第一志望に賭けて内定をお断りするか、選択を迫られます。

選考状況を見ながら柔軟に対応できるよう、転職エージェントには選考日程を調整してもらいましょう
» 転職エージェントで内定辞退する方法

企業側の評価・フィードバックをもらう

選考を通過したら、転職エージェント経由で企業側の評価・フィードバックを聞き出しましょう。次の選考突破に向けた大きなヒントとなります。

例えば「一次面接は通過させたが、一部懸念点がある」と企業の担当者が考えている場合です。企業側が抱える懸念をエージェントに聞き出してもらえば、次の選考に向けて対策が可能です。

企業側の不安を払拭するようアピールすれば、選考を突破しやすくなります。
» 転職エージェントの内定率と面接の通過率

年収など条件交渉をしてもらう

応募先企業の待遇で満足いかない点がある場合は、転職エージェントに交渉してもらいましょう。

交渉のタイミングや金額は判断が難しく、自己判断で進めると選考中止や内定破棄に繋がる可能性もありま。転職エージェントなら最適なタイミング・内容で企業に打診してくれます。

交渉を希望する場合は早めにキャリアアドバイザーへ伝えましょう。
» 転職エージェント経由で年収交渉すべき理由

転職手続きをサポートしてもらう

転職エージェントには、現職・転職先双方との手続きをサポートしてもらいましょう。

現職からは引き留めや退職日の調整を求められることが多いです。転職先への入社日を安易に決定すると、現職・転職先双方と交渉が必要になる可能性があります。

内定を承諾したら、転職手続きが円滑に進むようキャリアアドバイザーにサポートを依頼しましょう。

転職エージェントを使い倒す際の注意点

転職エージェントを使い倒す際の注意点は以下の通りです。

  • 転職エージェントに頼りすぎない
  • 経歴・スキルに嘘はつかない
  • 別のエージェントから同一求人に応募しない

転職エージェントに頼りすぎない

転職エージェントはさまざまな局面で転職活動をサポートしてくれます。しかし、頼りすぎないよう注意が必要です。

キャリアアドバイザーは転職支援のプロですが、求職者が受け身な状態では適切にサポートできません。主体的にキャリアプランを考えた上で相談することが重要です。

応募する企業の選定や自己アピールの方法など、自身でも突き詰めて考えた上でアドバイスを受けましょう

経歴・スキルに嘘はつかない

転職エージェントに対し、経歴やスキルを偽ってはいけません。

良い条件を勝ち取るために実績を大きく見せる人がいます。しかし、仮に選考過程を乗り切れたとしても、入社後に嘘がばれる可能性は高いです。

最悪の場合、解雇されるリスクもあります。転職エージェントも企業からの信頼を失うことになり、多大な迷惑を被ります。
» 転職エージェントに見捨てられる人の特徴

採用担当者
採用担当者

嘘をつくのではなく、既に持っている経歴・スキルをいかに魅力的に見せるか考えましょう。

別のエージェントから同一求人に応募しない

複数の転職エージェントを利用する際、注意したいのが同一求人への応募です。

転職エージェント1社あたり、20~30件の求人を紹介されることは少なくありません。応募した企業を記録しておかないと、同一求人に書類を提出してしまう可能性があります

企業側には、異なる転職エージェント経由で同じ人物からの応募書類が届きます。選考前の段階で「自己管理ができない人物」とみなされることは確実です。

応募した企業はメモ帳などに記録し、常に管理することが大切です。

転職エージェントの賢い使い方を知って転職活動を有利に進めよう

転職エージェントをうまく活用することで、転職活動を有利に進められます。転職エージェントの賢い使い方は以下の通りです。

  • 相談だけでも利用する
  • 複数登録して条件の良い求人を探す
  • 自分に適した転職エージェントを選ぶ
  • 業界や企業の内部情報を聞き出す
  • 書類選考・面接対策をしてもらう
  • 選考日程をうまく調整してもらう
  • 企業側の評価・フィードバックをもらう
  • 年収など条件交渉をしてもらう
  • 転職手続きをサポートしてもらう

転職エージェントを利用するなら、サポート実績や企業とのコネクションに優れる大手エージェントが安心です。年収交渉など難しい局面でも、スムーズに対応してくれます。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントの知見や交渉力を最大限に活かして、転職活動を成功させましょう。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5