転職エージェントで内定辞退する方法【やってはいけない注意点】

転職エージェントで内定辞退する方法【やってはいけない注意点】
  • 転職エージェント経由で内定をもらったけど辞退したい
  • 内定辞退をする方法を知りたい
  • 内定辞退でトラブルが起きないか不安

転職活動中に内定がもらえれば、不安や焦りを解消してくれます。しかし、複数の企業から内定をもらったり、条件面で納得できなかったりなどの理由で内定を辞退したい場面が出てくるでしょう。

この記事では、転職エージェント経由の内定を辞退する方法と、気をつけるべき注意点を解説します。内定を辞退する正しい方法を知っておけば、転職に妥協することがなくなります

転職エージェント経由でもらった内定は辞退できます。望まない内定をもらったら転職しなくていいのです。転職に失敗しないために内定辞退の方法を押さえてください。

転職エージェントの内定辞退はできる

転職エージェントの内定辞退はできる

転職エージェント経由でもらった内定は辞退できます。内定辞退できるタイミングは3つです。

  • 内定をもらった後
  • 内定承諾書を出した後
  • 入社前

内定辞退をしている利用者は多い

転職エージェント業界を見ても、内定辞退をしている利用者は多いです。

マイナビ 中途採用状況調査2020年版」の発表によると、転職活動者のうち16.1%が面接を無断キャンセル。内定が決まった利用者でも22.1%が辞退をしています。

複数の転職エージェントの併用や、内定が重なっての辞退も多いです。選考途中や内定後の辞退は珍しくありません。
» 転職エージェントおすすめランキング

採用担当者
採用担当者

一定数の辞退が出ることは、転職エージェント側も理解しています。

転職エージェントでもらった内定を辞退する方法

転職エージェントでもらった内定を辞退する方法

転職エージェント経由でもらった内定を辞退する方法は、担当のアドバイザーに内定辞退の意思を伝えるだけです。企業へはアドバイザーがうまく伝えてくれます。

内定後のトラブルを防ぐために、メールと電話の両方を使って辞退を伝えてください

メールで内定辞退を伝える

担当のアドバイザーにメールで内定辞退の意思を伝えてください。メールで記録を残すことで、トラブル時の証拠になります

文章だと感情が伝わりにくいです。内定辞退の理由はしっかりと記載しましょう。

他社への就職が決まった場合
「内定を頂いた〇〇株式会社様と同時に、第一志望であった株式会社〇〇への応募を進めておりました。第一希望の企業より内定を頂いたため辞退させていただきます。」
条件面でお断りする場合
「面接の際に頂いた〇〇の条件面で希望に沿わなかったため、内定を辞退させていただきます。」
採用担当者
採用担当者

辞退の理由が伝わるように記載してください。

» ビジネスメールのマナーと書き方と例文

電話で内定辞退を伝える

担当のアドバイザーには、電話でも内定辞退の意思を伝えましょう。

メールだけだとアドバイザーが開封に遅れる可能性があります。確実に素早く伝えるために電話連絡は必要です。

アドバイザーへ電話連絡をする場合には、以下の内容を伝えてください。

  • 名前
  • 内定通知を頂いたことへのお礼
  • 内定辞退の意思
  • 内定辞退の理由
  • 早急に伝えるために電話連絡をしたこと
  • ご迷惑をおかけすることへのお詫び

アドバイザーは同時に複数の利用者を担当しています。連絡したときに「伝わっているだろう」と考えずに、しっかり伝えてください。
» 転職エージェントの状況別断り方

転職エージェントに内定辞退を伝える際のマナー

転職エージェントに内定辞退を伝える際のマナー

転職エージェントに内定辞退を伝える際に重要なのがマナーです。転職活動をしている社会人なら、最低限抑えておきましょう。

  • アドバイザーに敬意を払う
  • 内定辞退の理由を伝える

アドバイザーに敬意を払う

内定辞退を伝える際に、担当のアドバイザーには敬意を払いましょう。利用者の転職活動を一生懸命サポートしてくれた感謝を込めて対応してください。

無料で転職エージェントの利用ができるからといって、アドバイザーに雑な接し方をするのは厳禁です。どのような仕事に就くにしても礼儀は欠かせません。

雑な対応をすると、今後のサポート優先度が下がる可能性があります。人材価値を下げないためにも礼儀を尽くしましょう。

内定辞退の理由を伝える

アドバイザーに内定辞退の意思を伝える際は、理由をしっかり伝えてください。

理由を伝えないとアドバイザーとの信頼関係に悪影響を及ぼします。転職を成功させるためには、アドバイザーとの信頼関係が重要です。

  • 自分の適性を改めて見つめ直した結果
  • 他者へのご縁を感じた
  • 面接官との相性が合わなかった

転職活動をしながら気づいたことを中心に伝えるのが効果的です。

採用担当者
採用担当者

丁寧に伝えると、辞退の理由をもとに新たな求人を提案してくれます。

内定辞退で「現職を辞められないから」という理由はNGです。退職する気がないのに転職エージェントを利用しているとアドバイザーに失礼です。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

転職エージェントの内定辞退で気になるポイント

転職エージェントの内定辞退で気になるポイント

転職エージェント経由の内定辞退で気になるポイントを解説します。

内定辞退で損賠賠償は請求されるの?

内定辞退しても損害賠償は請求されません。内定時点では、客観的な損害の証明ができないからです。日本国憲法の「職業選択の自由」でも認められています。

転職エージェントによっては内定辞退を防ぐために、損害賠償があると嘘をつくことがあります。不正な説得をされないためにも知っておきましょう。

内定と雇用契約って違うの?

内定と雇用契約は異なります。内定とは、正式な雇用契約を結ぶ前の内々の決定という意味です。正式な契約前なので法的効果はありません。

雇用契約とは確約した労働条件のこと。雇用契約後〜入社日の2週間以上前の辞退なら法的に可能です。

入社日の2週間以内に辞退すると、契約違反として損害賠償が請求される可能性があります。辞退するタイミングを間違えると危険です。

内定保留はできるの?

転職エージェントの内定辞退で気になるポイント

内定保留は可能です。保留を希望なら担当のアドバイザーに相談してください。アドバイザーから企業に内定承諾書の提出期限を延長するように伝えてくれます。

内定承諾書は2〜3日以内に回答するのが一般的です。しかし、保留を希望すると1週間ほど待ってくれます。まれに1ヶ月待ってくれる企業もあります。

内定保留の理由は家庭の事情にすると無難です。自己都合の保留だと、入社意思が低いと判断されるからです。

内定保留の期間が長いと自動的にキャンセル扱いになる可能性があります。

採用担当者
採用担当者

保留とはいえできる限り早めに回答しましょう。

内定辞退でブラックリスト登録されるの?

内定辞退しても転職業界のブラックリストには登録されません。転職エージェントに登録した個人情報は厳重に保護されるからです。

ハローワークや他社の転職エージェントに情報を共有することは個人情報保護法に違反します。転職エージェントの運営危機に陥るリスクがあります。

転職エージェント業界としてのブラックリストはありません。しかし、転職エージェント社内でブラックリストに登録される可能性はあります。

社内のブラックリストに登録されると、同じ転職エージェントからの求人紹介を断られます。他社の転職エージェントの利用を検討してください。
» 転職エージェントに断られる理由

転職エージェントの内定辞退をする5つの注意点

転職エージェントの内定辞退をする注意点

転職エージェントの内定辞退で気をつけて欲しい注意点があります。内定辞退で後悔しないためにチェックしてください。

  • 採用企業へ直接連絡してはいけない
  • できるだけ早く内定辞退の意思を伝える
  • 内定辞退のリスクを認識しておく
  • 内定辞退をしつこく説得するアドバイザーがいる
  • 内定辞退の取り消しはできない

採用企業へ直接連絡をしてはいけない

内定辞退をする際は、採用企業へ直接連絡してはいけません。転職エージェントを経由して採用活動を進めているので、利用者が直接連絡するとトラブルに発展します。

利用者は担当のアドバイザーに伝えるだけでOKです。企業へはアドバイザーからうまく説明してくれます。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントと企業との関係性が悪化しないためにも、直接の連絡は辞めましょう。

できるだけ早く内定辞退の意思を伝える

内定を辞退するときは、できるだけ早く意思を伝えてください。連絡が遅いほど、企業と転職エージェントに迷惑がかかります

企業は内定通知を出すと、採用活動を休止して入社準備を始めます。入社直前で内定辞退をすると、再び採用活動を始めるため手間がかかります。

転職エージェントも早い方が企業へ内定辞退を伝えやすいです。入社直前に伝えると、企業との関係が悪化する可能性があります。

内定辞退が遅くて良いことはありません。できるだけ早めに決断してください。

内定辞退のリスクを認識しておく

転職エージェントの内定辞退をする注意点

内定辞退をするなら、辞退のリスクを認識しておきましょう。

  • 同じ転職エージェントで紹介してもらえない可能性がある
  • 内定辞退した企業には今後転職できない

悪質な内定辞退と判断されると、同じ転職エージェントからの紹介を断られることがあります。今後に活かすためにも、アドバイザーとの信頼関係は大事にしてください。
» 転職エージェントに見捨てられる人の特徴

企業の採用担当は、辞退した利用者の情報を把握しています。辞退した人を採用することはありません。

内定辞退をしつこく説得するアドバイザーがいる

内定辞退を伝えると、しつこく説得するアドバイザーがいます。

  • 紹介先の企業との関係が悪化する
  • 営業ノルマを達成したい
  • 採用企業から催促の連絡がある

転職エージェントは入社が決まらないと報酬を得られません。利益を出すために内定を辞退されると困るのです。

アドバイザー自身も営業ノルマがあります。担当している利用者の転職が決まらないと成果にならないので辞退されたくないのです。企業側に内定承諾書の提出を急かされていることもあります。

あまりにも説得がしつこいなら、辞退の意思をはっきり伝えてください。それでもしつこい場合は、転職エージェント側に担当の変更を希望しましょう

採用担当者
採用担当者

転職を成功させるにはアドバイザーとの相性は重要です。

» 転職エージェントの裏事情10選

内定辞退の取り消しはできない

内定辞退を取り消すことはできません。企業からの印象が悪くなるからです。

まれに内定辞退の取り消しを希望する利用者がいます。第一希望の企業との条件がまとまらなかった場合や、辞退後に考えが変わった場合です。

どうしても内定辞退の取り消しを依頼するなら、企業から悪い印象を持たれていることを認識してください。誠実な気持ちを伝えると、採用される可能性があります。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

転職エージェントの内定辞退をしないコツ

転職エージェントの内定辞退をしないコツ

転職エージェント経由で内定辞退をしないためのコツを5つ解説します。内定辞退をしないコツを知っておけば、より安全に転職活動を進められます。

  • アドバイザーに要望をしっかり伝える
  • アドバイザーに転職活動の状況を報告する
  • 応募前に業界の情報を調べておく
  • 転職活動のスケジュールを調整する
  • 内定をもらった労働条件を見つめ直す

アドバイザーに要望をしっかり伝える

内定辞退を避けるには、アドバイザーに要望をしっかり伝えることが重要です。要望が伝わっていないと、希望しない求人を紹介されます。望まない求人ははっきり断ってください。

以下の理由で断りきれない利用者が多いです。

  • 一生懸命探してくれた求人だから
  • 転職のプロの提案だから
  • 早く転職したいから

紹介されたときの気持ちだけで判断せずに、冷静に考えて判断してください。アドバイザーにとっては、紹介した求人を断られることより内定辞退される方がキツイです。
» 転職エージェントの賢い使い方と注意点

採用担当者
採用担当者

利用者とアドバイザー両方のためにも要望をしっかりと伝えましょう。

アドバイザーに転職活動の状況を報告する

アドバイザーには転職活動の状況を報告してください。

  • 他社の転職エージェントを併用しているか
  • 知人や友人から紹介を受けているか
  • いつまでに転職をしたいか

転職エージェントを併用する利用者は多いです。併用してもアドバイザーの対応が雑になることはありません。

事前に状況を共有しておくと、内定が重なったときに対応しやすくなります。
» 転職エージェントを複数利用するメリット

応募前に業界の情報を調べておく

転職エージェントの内定辞退をしないコツ

求人に応募する前に業界情報を調べましょう。情報不足による内定辞退を防げます

業界の情報を知らずに選考を進めると、辞退する可能性が高まります。提案された時点で知らない業界があれば調べる癖をつけましょう。

対面で提案されたらアドバイザーに聞くのもおすすめです。自分なりの考えを持ちたいならインターネットで調べてください。
» 転職に役立つ業界研究のやり方と目的

転職活動のスケジュールを調整する

内定辞退を防ぐために、転職活動のスケジュール調整をしてください。スケジュールをうまく調整できれば、内定が重なりません

複数の企業に応募するなら、アドバイザーに優先順位を相談しましょう。書類提出や面接のタイミングを調整し、第一希望の企業から最初に結果をもらえるような日程が組めます。

採用担当者
採用担当者

優先度の高い順に結果がわかれば内定辞退を減らせます。

» 転職スケジュールを立てる4つのステップ

内定をもらった労働条件を考え直す

内定をもらった労働条件を考え直すことで、辞退を回避できる可能性があります。辞退理由によって考え直すポイントは異なります。

  • 給与が不満
  • 人材としての評価が不満
  • 労働環境や仕事内容が不満

給与が不満で辞退を希望しているなら、給与以外の待遇を含めて考え直しましょう。1ヶ月単位の労働日数や時給換算で満足できるかを検討します。昇給や昇進の条件を事前に確認することも重要です。
» 転職エージェント経由で年収交渉すべき理由

人材としての評価が気になるなら、相場を確認してください。転職エージェントの公開情報や、アドバイザーに聞けば教えてくれます。

労働環境や仕事内容が不満なら、現職と比較しましょう。現職に満足できずに転職する人が多いです。内定の条件と現職を比較して、どちらがいいかを見極めてください。
» 転職エージェントおすすめランキング

妥協厳禁!転職エージェントの内定辞退はできる

妥協厳禁!転職エージェントの内定辞退はできる

転職エージェント経由でもらった内定は辞退できます。内定辞退は法律で認められているので妥協してはいけません。

内定辞退する方法は、なるべく早く担当のアドバイザーに連絡するだけです。メールと電話それぞれで詳しく辞退の意思と理由を伝えてください。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントも企業も内定辞退の可能性は理解しています。

内定辞退をしつこく説得するアドバイザーもいます。辞退の意思をはっきり伝えても説得が続くなら担当を変えてもらいましょう。

望まない転職をしても長続きしません。時間と労力を消耗するだけです。利用者の転職を成功させるためにも、望まない内定は辞退してください。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5