後悔しない!転職エージェント経由で年収交渉するべき5つの理由【給与アップのコツ】

後悔しない!転職エージェント経由で年収交渉するべき5つの理由【給与アップのコツ】
  • 転職エージェントを利用すれば年収アップできる?
  • 転職エージェントの給与交渉は信用できる?
  • 転職後の年収をできるだけ増やしたい!

転職時に年収交渉しないと後悔します。本当はもらえるはずの年収がもらえなくなるからです。しかし、転職エージェントを経由した年収交渉に不安を感じる人も少なくありません。

この記事では、転職エージェントを経由して年収交渉しないと後悔する理由を解説します。記事を参考にすれば、もらうべき給与を確保しながら転職を成功させられます

年収アップを目指すなら、必ず転職エージェント経由で給与交渉を進めましょう。求職者の年収が上がると転職エージェントにもメリットがあります

採用担当者
採用担当者

転職エージェントを経由すれば、希望の年収に近くなる可能性が高いです。

転職エージェント経由で年収交渉するべき5つの理由

給与交渉は必ず転職エージェントに依頼しましょう。理由は以下の5つです。

  • 転職後のミスマッチを防げる
  • 対等な立場で交渉できる
  • 企業に適した交渉ができる
  • 客観的な評価で交渉できる
  • 転職エージェントにもメリットがある

転職後のミスマッチを防げる

転職エージェント経由で年収交渉するべき5つの理由

転職エージェントを経由すれば、入社後のミスマッチを防げます。転職エージェントが企業に希望する年収や条件を明確に伝えてくれるからです。

ただし、年収交渉が必ず成功するとは限りません。以下の場合、年収アップは難しいです。

  • 未経験分野での転職
  • 自分の市場価値が低い場合
  • 企業の給与水準が低い場合

企業とのミスマッチを防ぐためにも、まずは転職エージェントに希望をしっかり伝えましょう。転職エージェントとの面談時に、妥協することなく条件を伝えてください。
» 転職エージェント面談の完全ガイド

対等な立場で交渉できる

転職エージェントを経由すると対等な立場で年収交渉できます。転職エージェントと企業は「どちらが上」ということはなく、良好な関係を築いているからです。

企業と求職者の場合、どうしても企業の立場が上になります。特に未経験の個人が企業と交渉すると、採用担当者の威圧感から妥協してしまうことも…。
» 転職エージェントが直接応募より有利な理由

採用担当者
採用担当者

対等な立場で給与交渉できれば、希望の年収に近づける可能性が高いです。

企業に適した交渉ができる

転職エージェントは企業に合わせて年収交渉できます。転職エージェントは以下のような企業の内部事情を把握しているからです。

  • 採用の背景・経緯
  • 企業が提示できる年収
  • 採用に最適なタイミング

企業には給与テーブルがあります。給与テーブルとは、等級や勤続年数に合わせて年収が決まる表のこと。転職エージェントは企業の給与テーブルをおおよそ把握しているのです。

個人で交渉すると、一方的な希望年収を提示してしまいがち。企業の内部事情を知っている転職エージェントに任せれば、うまく交渉をまとめてくれます。

客観的な評価で交渉できる

転職エージェント経由で年収交渉するべき5つの理由

転職エージェントが年収交渉すると、客観的な評価を基に交渉を進められます。転職エージェントは求職者の市場価値や、業界の平均年収を知っているからです。

自分が提示する希望年収が世間的にはズレている可能性もあります。希望年収が市場価値より低い場合、企業からすると「安いコストで優秀な人材を得られる」というラッキーな状況になるのです。

希望年収が市場価値より高い場合でも、無理のある交渉にはなりません。転職エージェントがうまく調整してくれます
» 転職エージェントの賢い使い方と注意点

採用担当者
採用担当者

正しい評価で転職したいなら転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントにもメリットがある

転職エージェントには年収交渉を成功させるメリットがあります。転職エージェントは転職者がもらう年収の30〜40%を報酬として企業にもらうからです。

転職者の年収が上がるほど転職エージェントの報酬もアップします。転職エージェントはできるだけ高い年収で入社できるように努力してくれるのです。

転職エージェントの仕組みは転職者にもメリットがあります。転職エージェントを利用すれば、年収アップできる可能性が高いです。
» 転職エージェントが利益を得る仕組み

年収交渉に失敗した場合

企業によっては年収交渉が難しい場合もあります。年収交渉に失敗した場合は、入社後の福利厚生や成果報酬を交渉しましょう。入社後に成果を見せれば年収アップは可能です。

転職エージェント経由の年収交渉を成功させるコツ7選

転職エージェントを通した年収交渉では以下7つのコツを押さえてください。年収交渉を成功させられる確率が上がります。

  • 内定前に年収交渉する
  • 自分の市場価値を把握する
  • 企業の年収相場を把握する
  • 業界の年収相場を把握する
  • 他社の提示年収を活用する
  • 年収アップの根拠を提示する
  • 年収の下限と希望を明確にする

内定前に年収交渉する

転職エージェント経由の年収交渉を成功させるコツ7選

企業との年収交渉は内定前に行ってもらいます。内定承諾後だと年収交渉に失敗する確率が高くなるからです。

内定承諾後に年収交渉を提案すると、内定取り消しに繋がる可能性もあります。企業は提示した年収を踏まえて内定を出しているからです。

転職エージェントには内定が出る前に年収交渉してもらうように伝えましょう。内定前に年収交渉することでスムーズに話が進みます。

自分の市場価値を把握する

年収交渉では自分の市場価値を把握しておくことが重要です。市場価値がわからないと、提示された年収に対して適切な判断を下せません

市場価値は以下の項目を基に算出されます。

  • 実績
  • 経験
  • スキル

自分の市場価値を転職エージェントのキャリアアドバイザーに聞きましょう。キャリアアドバイザーは多くの求職者を見ており、客観的な市場価値を教えてくれます
» 転職に成功する自己分析のやり方

企業の年収相場を把握する

応募する企業の年収相場も把握しておいてください。企業の給与水準がわからないと、スムーズに交渉が進みません

企業にも提示できる年収には限界があります。企業の給与水準を上回る年収を提示しても、交渉が成功する確率は低いです。

企業の年収相場を調べる方法は2つあります。

  • 企業の求人情報を確認する
  • 転職エージェントに確認する
採用担当者
採用担当者

企業の年収相場を把握して円滑に交渉を進めましょう。

» 転職に成功する企業研究のやり方

業界の年収相場を把握する

給与交渉では、業界全体の年収相場を把握しておくことも大切です。業界全体の給与水準を把握しておけば、無理な年収を提示することはなくなります

業界の年収水準を大きく超えた額を提示すると「業界研究ができていない」と判断されることも…。未経験の業界でも、情報収集できていないと印象が悪いです。
» 未経験なら転職エージェントを使うべき理由

希望する業界の年収は必ず調べておきましょう。転職エージェントに聞けば業界の年収相場を教えてくれます
» 転職に役立つ業界研究のやり方とポイント

他社の提示年収を活用する

転職エージェント経由の年収交渉を成功させるコツ7選

複数企業から年収を提示されている場合、応募企業との交渉材料に使えます。企業側としては、他社を下回る年収を提示しにくいからです。

他社よりも下回る年収を提示すると「この人材を取られてしまう」と考えます。「他社で内定が出ている=優秀な人材」と捉えることもでき、年収交渉を有利に進められるのです。

他社から内定をもらっていることで、企業に悪い印象を与えることはありません。複数企業に応募していることは企業側も理解しています

他社の提示する年収が低い場合、応募企業との交渉材料には使わないほうが無難です。企業側に「安くても雇える」という印象を与えてしまいます。

年収アップの根拠を提示する

企業との給与交渉では、年収アップする根拠を示すことも重要です。根拠があれば、企業側も納得して希望の年収を与えられます

企業側に希望年収相応のメリットを提示してください。以下のポイントを基に交渉すると効果的です。

  • 実績
  • 経験
  • スキル

根拠を提示するためにも、自分のキャリアを棚卸ししましょう。転職エージェントと相談して、企業を納得させる根拠を考えてください。

採用担当者
採用担当者

年収アップの根拠を明確にすれば、企業も交渉に応じるしかありません。

年収の下限と希望を明確にする

企業に提示する年収には「下限」と「希望」を設定しましょう。希望年収だけでなく下限も決めておくことで、交渉がまとまりやすくなります

下限に関しては「絶対に譲らない」という姿勢で交渉に臨んでください。下限を下回る年収を提示された場合は辞退も考えましょう。
» 転職エージェントで内定辞退する方法

下限年収は自分が納得できる金額に設定してください。下限年収ギリギリで交渉がまとまった場合に後悔してしまいます。

転職エージェント経由で年収交渉するときの注意点

転職エージェント経由の年収交渉では以下7つの注意点を押さえましょう。年収交渉で後悔する確率を減らせます。

  • 月給・賞与も確認する
  • 年収だけを重視しない
  • 内定辞退は取り消しできない
  • 希望年収を釣り上げない
  • 現在の年収に嘘をつかない
  • 年収が上がると期待値も上がる
  • 一方的に希望年収を主張しない

月給・賞与も確認する

転職エージェント経由で年収交渉するときの注意点

年収交渉では月給や賞与がいくらになるのかも確認してください。年収アップしても以下のようなケースがあります。

  • 月給が下がる・賞与が大幅に増える
  • 月給が変わらない・賞与が増えただけ
  • 月給が大幅に上がる・賞与なし

月給が下がると生活水準も変えなければいけません。「思っていた生活と違う…」とならないように、年収だけでなく月給・賞与も確認しましょう。

採用担当者
採用担当者

転職1年目の場合、賞与がないケースもあります。

年収だけを重視しない

転職では年収だけを重視してはいけません。年収が上がっても、仕事内容が合わないとすぐに辞めてしまいます

転職する目的を明確にしましょう。「とにかく年収を上げたい」「希望の企業に入社したい」など、人によって目的はさまざまです。

理想の年収が得られなくても、希望の企業であればキャリアが充実します。年収アップだけを目的に転職すると後悔する可能性も高いです。

内定辞退は取り消しできない

年収交渉の後に辞退する場合、取り消しはできません。辞退すると企業への印象を悪くするからです。

年収交渉で希望の額を提示されない場合は辞退できます。しかし、後悔しないようによく考えてから辞退を決断しましょう。

辞退する場合は、転職エージェントへ早めに伝えなければいけません。優柔不断な態度を続けていると、キャリアアドバイザーへの信頼を失います。
» 転職エージェントに見捨てられる人とは

希望年収を釣り上げない

年収交渉では一度提示した金額を釣り上げてはいけません。希望額を変更した場合、採用担当者へ不信感を与えます

内定承諾後の釣り上げは絶対にNGです。内定取り消しになる可能性があります。

給与交渉する前に、提示する年収をしっかり決めておきましょう。転職エージェントと話し合って、後悔しない年収に設定してください。

現在の年収に嘘をつかない

転職エージェント経由で年収交渉するときの注意点

企業に現在の年収を伝える場合、嘘をついてはいけません。嘘をついても源泉徴収票を提出する際にバレてしまいます

前職の年収を基に給与を決定する企業も多いです。しかし入社後に嘘がバレると最悪の場合、懲戒解雇の可能性もあります。解雇にならないとしても、職場に居づらくなるのは間違いありません。

採用担当者
採用担当者

現在の年収がわからない人は、源泉徴収票で正確な金額を把握しておきましょう。

年収が上がると期待値も上がる

交渉が成功して年収アップすると企業の期待値は上がります。「希望の年収を与えるなら、それなりの仕事をしてもらわないと困る」と考えるからです。

企業からの期待値は、あなたのプレッシャーに繋がります。人によっては、あまりに高すぎる年収で交渉がまとまらないようにすることも大切です。

プレッシャーが仕事に良い影響をもたらすこともあります。転職エージェントと相談して、どの程度の年収が相応なのか検討しましょう

一方的に希望年収を主張しない

年収交渉では、一方的に希望年収を主張してはいけません。一方的な主張は採用担当者に悪い印象を与えます

以下のポイントを考慮しつつ、適切な交渉を行うのがおすすめです。

  • 自分の市場価値
  • 企業の給与水準
  • 業界の年収相場

転職エージェントは上記のポイントを押さえつつ年収交渉してくれます。

まずは転職エージェントに希望年収を伝えてください。キャリアアドバイザーが企業の採用担当者へマイルドに伝えてくれます

採用担当者
採用担当者

気持ちを押し付けるのではなく、論理的に説得することが年収交渉で失敗しないコツです。

転職エージェント経由で年収交渉しよう

転職エージェント経由で年収交渉しよう

転職エージェントに代理で給与交渉してもらいましょう。転職エージェントを通すと以下のメリットがあります。

  • 転職後のミスマッチを防げる
  • 対等な立場で交渉できる
  • 企業に適した交渉ができる
  • 客観的な評価で交渉できる
  • 転職エージェントにもメリットがある

未経験の個人が企業と年収交渉を行うのは困難です。年収交渉に失敗すると最悪の場合、内定取り消しもあり得ます。

リクルートエージェント」や「doda」など、大手総合型の転職エージェントは給与交渉の経験が豊富です。年収アップの可能性が高くなります。

採用担当者
採用担当者

年収アップを確実に目指すなら、大手総合型転職エージェントの利用がおすすめです。

\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5