失敗しない!最適な転職エージェントの選び方3ステップ【優秀な担当者の見分け方】

失敗しない!最適な転職エージェントの選び方3ステップ【優秀な担当者の見分け方】
  • 転職エージェントが多すぎて何を選べばいいかわからない…
  • 自分に合う転職エージェントが何かわからない…
  • 優秀な転職エージェントで転職を実現させたい!

転職エージェント選びは重要です。自分に適していない転職ージェントを選ぶと転職に失敗します。無料だからと、何も考えずに転職エージェントを選んではいけません

この記事では、失敗しない転職エージェントの選び方を解説します。記事の内容に沿って転職エージェントを選べば、満足できるサポートを受けられます

選び方のポイント

転職エージェント選びでは、相性の良い担当者に出会うことが重要です。5〜6社の転職エージェントに登録し、最終的には1〜2社に絞りましょう。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントは無料なので、複数に登録しても損はありません。

転職エージェントの選び方3ステップ

転職エージェントの選び方3ステップ

失敗しない転職エージェントの選び方は以下の通りです。最後まで費用はかからないので安心してください。

  1. 5〜6社に登録する
  2. 面談で担当者を比較する
  3. 優秀な担当者のいる1〜2社に絞り込む

STEP1:5〜6社に登録する

転職活動を始めるなら、まず5〜6社の転職エージェントに登録しましょう。複数の転職エージェントに登録することで、優秀なキャリアアドバイザーに出会える確率が上がります

5〜6つの転職エージェントは以下の振り分けがおすすめです。

  • 大手総合型:2〜3社
  • 業界・職種特化型:1〜2社
  • 年代・属性特化型:1〜2社

転職エージェントを掛け持ちすると、求人の幅も広がります。キャリアを多角的に捉えるためにも、転職エージェントの複数利用がおすすめです。
» 転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントは無料

転職エージェントの利用は完全無料です。転職エージェントは企業から成功報酬をもらうため、求職者から利用料を受け取る必要がありません。
» 転職エージェントが利益を得る仕組み

STEP2:面談で担当者を比較する

面談時に、各転職エージェントの担当者をシビアな目で厳選してください。転職エージェントに登録すると、各社でそれぞれ担当者が付きます。

転職活動では、相性の良いキャリアアドバイザーに出会うことが重要です。相性の悪いキャリアアドバイザーにサポートしてもらうと、希望の企業に転職できる可能性が下がります。
» 優秀な担当者か見分けるポイント

転職エージェントに登録すると1週間以内に連絡が来ます。日程調整をして面談に臨みましょう。
» 転職エージェント面談の完全ガイド

STEP3:優秀な担当者のいる1〜2社に絞り込む

相性の良い担当者を見極めたら、転職エージェントを1〜2社に絞り込みます。最終的に利用する転職エージェントは1つだからです。転職エージェントを多く利用しすぎると、やり取りが大変になります。

採用担当者
採用担当者

厳選した転職エージェントでの活動に集中しましょう。

転職エージェントのサポートを断るときは、担当者にメールで連絡します。お詫びの言葉と共に求人紹介停止の希望を伝えてください。
» 転職エージェントの断り方【状況別】

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

転職エージェントを選ぶ9つのポイント

転職エージェントを選ぶときは、以下のポイントを押さえましょう。優秀な転職エージェントに絞り込めます。

  • 求人数
  • 求人の質
  • サポート内容
  • 転職成功実績
  • 総合型or特化型
  • 運営会社の規模
  • 口コミ・評判の良さ
  • プライバシーマークの有無
  • キャリアアドバイザーとの相性

求人数

転職エージェントを選ぶ9つのポイント

転職エージェント選びでは、まず求人数に注目しましょう。求人数が多いほど紹介される企業の幅が広がります

できるだけたくさんの求人から探した方が、希望する求人を見つけられる可能性が高いです。求人数の多い転職エージェントに登録して、理想の企業を見つけましょう。

転職エージェントには非公開求人あり

転職エージェントには一般公開されていない非公開求人もあります。非公開求人には公開すると応募が殺到する優良企業が多いです。希望の求人が見つかる可能性が上がります。

求人の質

転職エージェントを選ぶ際には、求人の質にも注目しましょう。求人数が多くても、質が合っていないと希望条件を満たす企業を見つけられません

求人の質を確認するときは以下のポイントに注目してください。

  • 自分の年代に合っているか
  • 希望する年収の求人があるか
  • 希望する業界・職種の求人はあるか

30〜50代でハイクラス転職を目指す場合、大手総合転職エージェントでは効率が悪いです。「JACリクルートメント」など、高年収を目指せる転職エージェントを利用しましょう。
» JACリクルートメントの詳細を見る

サポート内容

転職エージェント選びでは、サポート内容も確認してください。転職エージェントによってサポート内容が違います

転職エージェントで一般的に受けられるサービスは以下の通りです。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 条件交渉
  • 日程調整
  • 入社後のフォロー

dodaは転職セミナーなども開催しています。無料で受けられるので、転職を成功させたい人は利用してみましょう。
» 手厚いサポートが評判!dodaの詳細

転職成功実績

転職エージェントを選ぶ9つのポイント

転職エージェントは、転職成功実績も重要です。実績の多い転職エージェントなら、転職成功の確率が上がります

主に希望する業界や職種での転職成功実績があるか確認しましょう。希望していない業界や職種で実績が多くても、理想の企業に転職できる可能性は高くなりません。

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数もトップクラスなので、とりあえず登録しておいて損はありません。
» 求人数最大級!リクルートエージェント

総合型or特化型

転職エージェントは総合型と特化型の2つに分かれます。それぞれの特徴に応じて使い分けることが大切です。

総合型
幅広い求人を扱う転職エージェント。業界・職種を問わず、膨大な量の求人を有しています。
特化型
ある分野に特化した転職エージェント。業界や職種、年代、地域に特化した求人を取り扱います。
採用担当者
採用担当者

最適な求人を探すためにも、総合型と特化型を併用しましょう。

以下の割合で登録し、最終的に1〜2社に絞り込んでください

  • 大手総合型:2〜3社
  • 業界・職種特化型:1〜2社
  • 年代・属性特化型:1〜2社

» 登録必須の転職エージェントはこちら

運営会社の規模

転職エージェントを選ぶ際には、運営会社の規模にも注目しましょう。運営会社が大手で知名度が高いほど、信頼性のある転職エージェントと言えます。

ただし、大手だから良いというわけではありません。個人で運営しているような小規模の転職エージェントにも、下記のようなメリットがあります。

  • 長く付き合える
  • サポートが手厚い
  • 企業との繋がりが深い

小規模の転職エージェントには当たり外れが大きいです。心配な人は大手の転職エージェントを利用しましょう。

口コミ・評判の良さ

転職エージェントを選ぶ9つのポイント

気になる転職エージェントは、口コミで評判を確認してみてください。口コミは実際に利用した人のリアルな感想だからです。

転職エージェントの口コミは、TwitterなどのSNSで調査するのがおすすめです。インターネット記事で紹介されている口コミは、都合の良い評判を厳選している可能性があります。

パソナキャリアは「オリコン顧客満足度調査」で3年連続No.1を獲得している転職エージェントです。評判の良い転職エージェントを利用したいなら必ずチェックしましょう。
» パソナキャリアを詳しく見る

プライバシーマークの有無

気になる転職エージェントに、プライバシーマークが付いているか確認してください。プライバシーマークのある転職エージェントは、個人情報をしっかり管理してくれます

プライバシーマークとは?

プライバシーマークは、JIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)が事業者に対して発行するもの。「個人情報を適切に扱っている」と認定するマークです。

プライバシーマークのない転職エージェントだと、名前や住所などの個人情報が流出しないとも言い切れません

採用担当者
採用担当者

通常、大手の転職エージェントならプライバシーマークが付いています。

キャリアアドバイザーとの相性

転職エージェント選びでもっとも重要なのが、キャリアアドバイザーとの相性です。どこの転職エージェントを利用するかよりも、優秀なキャリアアドバイザーとの出会いが転職成功を左右します。

転職エージェントに希望の求人があっても、キャリアアドバイザーが求職者の意図を把握していなければ紹介できません。キャリアアドバイザーによっては、求職者のためではないサポートをする場合もあります
» 転職エージェントの裏事情を公開

求職者がキャリアアドバイザーを選ぶことはできません。複数の転職エージェントを利用して、相性の良いキャリアアドバイザーに出会う確率を高めましょう。
» むかつく転職エージェントへの対処法

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

転職エージェントで優秀な担当者か見分けるポイント

転職エージェントで担当者の実力を判断するポイントは次の5つです。面談時に注目してみてください。

  • 対応が丁寧
  • 返信が早い
  • アドバイスが適切
  • 最適な求人紹介をする
  • 希望する業界・職種に詳しい

対応が丁寧

転職エージェントで優秀な担当者か見分けるポイント

転職エージェントの面談時に、担当者の対応が丁寧か確認しましょう。丁寧に対応してくれる人は信頼できる可能性が高いです。

以下のポイントを元に判断してみてください。

  • 面談時間が30分以上
  • 親身になって相談に乗ってくれる
  • 転職エージェントの利益にならない情報もくれる

上から目線で話してきたり、態度が高圧的だったりするなら注意です。求職者を「商品」としてしか見ておらず、雑なサポートになる可能性があります。

採用担当者
採用担当者

複数の転職エージェントを利用すれば、担当者の対応を比較できます。

複数の転職エージェントを利用すれば、担当者の対応を比較できます。

» 転職エージェントを複数利用するメリット

返信が早い

キャリアアドバイザーの返信が速いかも注目しましょう。返信の速いキャリアアドバイザーには優秀な人が多く、面接対策などを先回りでサポートしてくれます

メールや電話の返信が1〜2営業日以内にあるか確認してください。返信の遅いキャリアアドバイザーは、見切りをつけるのも良い判断です。
» 転職エージェントから連絡がこない理由

返信が遅いと、連絡を待っている間に希望の求人が締め切られる可能性もあります。希望の求人を逃さないためにも、返信スピードは大切です。小まめに連絡をくれるキャリアアドバイザーを選びましょう。

アドバイスが適切

転職エージェントで優秀な担当者か見分けるポイント

キャリアアドバイザーのアドバイスが適切か確認してください。曖昧なアドバイスをもらっても、転職成功の可能性は上がりません

キャリアアドバイザーの意見を押し付けてくる場合は注意が必要です。世間的な事実から、客観的な目線でアドバイスをくれるキャリアアドバイザーを選びましょう

採用担当者
採用担当者

「自分は〇〇が良いと思う」など、根拠のない主観的な意見を信頼してはいけません。

希望条件を聞くだけで面談が終わる場合にも注意してください。機械的で雑な求人紹介になる可能性があります。

最適な求人紹介をする

キャリアアドバイザーに紹介される求人が適切かも確認しましょう。希望条件とは違う求人を紹介されるなら、見切りをつけたほうが無難です。

キャリアアドバイザーによっては、大量に求人を紹介してくる場合があります。数打てば当たる作戦なので、信用してはいけません。
» 転職エージェントで書類選考に通らない理由
» 転職エージェントの求人はブラックばかり?

しっかりと面談の内容を踏まえた上で求人紹介してくれるキャリアアドバイザーを選びましょう。求職者の希望をしっかりと汲み取れるキャリアアドバイザーには優秀な人が多いです。

希望する業界・職種に詳しい

担当のキャリアアドバイザーが、希望する業界や職種に詳しいかも確認してください。業界や職種に詳しい人ほど、適切なアドバイスをもらえます

以下のポイントを押さえているか確認しましょう。

  • 業界のトレンド情報を知っている
  • 求人票にはない情報を持っている

希望する業界に詳しくないと、適切な求人を紹介できません。面談時に深掘りした質問をして反応を探ってください。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5

転職エージェントの上手な活用方法

最適な転職エージェントを選んでも、活用方法を知らなければ最大限に活かせません。以下7つのポイントを押さえて、転職エージェントを有効活用しましょう。

  • マナーを守る
  • 推薦文を確認する
  • 面談で嘘をつかない
  • 2週間に1回は連絡を入れる
  • デメリットも理解する
  • 可能な転職時期を伝える
  • 希望を妥協せずに伝える

マナーを守る

転職エージェントの上手な活用方法

転職エージェントは、マナーのある態度で利用してください。マナーのない利用者は、対応を後回しにされる可能性があります。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、多くの求職者を担当しています。マナーのない人よりも、マナーのある人を優先したいと思うのは当然です。

丁寧な対応をする人には、自然とサポートも手厚くなります。転職エージェントのサポートを最大限に活かしたいなら、マナーのある態度で臨むことが大切です。

推薦文を確認する

転職エージェント側から企業に送る推薦文は必ず確認しましょう。推薦文はあなたの印象を左右する重要な書類です。

キャリアアドバイザーによっては、経歴を写しただけで推薦文を送る場合もあります。経歴だけでは、企業に魅力を存分に伝えられません。

こちらから声を書けないと、転職エージェントは推薦文を企業に送ってしまいます。「送る推薦文を見せてもらうことはできますでしょうか?」と、転職エージェントの担当者に声をかけてください

面談で嘘をつかない

転職エージェントの面談時に嘘をついてはいけません。面談で嘘をつくと、適切なサポートを受けられないからです。

自信のない部分があっても隠してはいけません。転職エージェントは求職者の弱みをカバーできるようなサポートを行ってくれます。弱みを隠したままだと、何も対策できません。
» 転職エージェントに見捨てられる人の特徴

採用担当者
採用担当者

転職エージェントの面談では正直な気持ちを伝えることが大切です。

2週間に1回は連絡を入れる

転職エージェントの上手な活用方法

転職エージェントに登録した後は、2週間に1回は連絡を入れてください。連絡を怠ると「転職先が決まったかもしれない」と判断される可能性があるからです。

転職エージェントのデータベースは「更新日順」に表示されます。キャリアアドバイザーは更新日の新しい順に連絡していくことが多いです。

優先的にサポートしてもらうためにも定期的な連絡が大切です。「求人の状況はどうですか?」など、2週間に1回は連絡してください。

デメリットも理解する

転職エージェントを利用するときには、デメリットも理解することが大切です。転職エージェントの利用はメリットばかりではありません

転職エージェントのデメリットは以下の通りです。

  • 担当者とのやり取りが手間
  • サポート期間が決まっている
  • 自分のペースで転職活動できない
  • 希望する求人へ自由に応募できない
  • 担当者との相性でサポートの質が変わる

デメリットを踏まえた上で利用すれば、転職エージェントにストレスを感じることはありません。転職エージェントに不満を感じることなく、スムーズに転職活動を進められます
» 転職エージェントのメリット・デメリット

可能な転職時期を伝える

転職エージェントの面談時に、転職できる時期を伝えてください。転職時期を可能な限り「最短」で伝えると、転職エージェントが積極的にサポートしてくれます

転職エージェントは転職に前向きな人材を好みます。企業に人材を紹介しないと、転職エージェントに報酬が発生しないからです。
» 転職エージェントが利益を得る仕組み

転職エージェント面談時に、担当者から転職時期を聞かれます。「できるだけ早く」と答えましょう

希望を妥協せずに伝える

転職エージェントの面談では、希望の条件を妥協することなく伝えてください。希望条件に合う求人を紹介してくれる可能性が高まります

以下のポイントを担当のキャリアアドバイザーに伝えましょう。

  • 転職したい理由
  • 絶対に譲れない条件
  • 将来のキャリアビジョン

妥協のない希望を提案すると、キャリアアドバイザーがより深い情報を教えてくれます
» 転職エージェントの賢い使い方と注意点

採用担当者
採用担当者

最適なキャリアを歩むためにも、希望条件を妥協してはいけません。

失敗しない選び方で最適な転職エージェントを見つけよう

転職エージェント選びは、転職成功を左右する重要なポイントです。以下3つのステップで最適な転職エージェントを見つけてください。

  1. 5〜6社に登録する
  2. 面談で担当者を比較する
  3. 優秀な担当者のいる1〜2社に絞り込む

総合型の転職エージェントには必ず2〜3社登録しましょう。求人数が多く、登録すればキャリアの幅が広がります。
» 転職エージェントは登録だけでもいい理由

採用担当者
採用担当者

完全無料なので、1つだけの転職エージェントしか利用しないのは損です。

数ある中から転職のプロが厳選!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5