事前に確認!転職エージェントの電話面談で聞かれること3選【失敗しないコツ】

事前に確認!転職エージェントの電話面談で聞かれること3選【失敗しないコツ】
  • 転職エージェントの電話面談では何を聞かれる?
  • 通常の面談と電話面談の違いは何?
  • 電話面談だとこちらの意図がきちんと伝わるか不安…

電話面談を実施する転職エージェントは増えています。しかし電話面談の経験がない場合「何を聞かれるのか」「本当に転職できるのか」など、不安を抱える人は少なくありません。

この記事では、転職エージェントの電話面談で聞かれることや流れを解説します。記事を読めば、転職エージェントとの電話面談を最大限に活かして転職成功に近づけます

転職エージェントの電話面談で聞かれることは、通常の面談と変わりありません。転職活動の状況や希望条件のヒアリングがあります。

採用担当者
採用担当者

事前準備をしっかり行うことで、転職エージェントの電話面談を最大限に活かしましょう。

転職エージェントの電話面談で聞かれること3選

転職エージェントの電話面談で聞かれること3選

転職エージェントの電話面談で聞かれることは主に3つです。基本的に通常の面談と変わりはありません。
» 転職エージェント面談の完全ガイド

  • 転職活動の状況
  • 転職先の希望条件
  • 転職活動方針の希望

転職活動の状況

電話面談では転職エージェントに登録したときの状況を聞かれます。あなたがどのような人材なのか転職エージェントが判断するためです。

以下の項目へ答えられる準備をしておきましょう。

  • 転職への意欲
  • 転職理由・退職理由
  • これまでのキャリア

転職エージェントは「なぜ転職するのか」「どのようなキャリアを持っているのか」を把握することで、適切な求人紹介に繋げます。転職エージェントを最大限に活かすためも、正しい情報を伝えてください。

転職先の希望条件

転職エージェントの電話面談では、転職先に求める条件も聞かれます。希望条件を把握した上で、どのようにサポートするか決めるからです。

以下の条件をスムーズに答えられる準備をしておいてください。

  • 希望する年収
  • 希望する勤務地
  • 希望する業界・職種

希望条件を伝えることで、転職エージェントに紹介される求人の質が変わります。理想の転職先を紹介してもらうためにも、希望条件を妥協してはいけません。

転職活動方針の希望

転職エージェントの電話面談では「今後の転職活動をどのように進めていきたいか」も聞かれます。転職活動の方向性を決めることで、サポートの食い違いをなくすためです。

希望方針を転職エージェントへスムーズに伝えるためにも、電話面談の前に考えておきましょう。転職の軸を明確にしておけば、スムーズに転職活動が進みます。何を重視して転職先を決めるのかを明確にしておいてください。

採用担当者
採用担当者

優先事項を把握できていれば、転職エージェントの担当者も適切な求人を紹介できます。

電話面談したくない場合

電話面談をしたくないなら別の転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントによっては対面で面談を行ってくれます。希望の転職エージェントでサポートを受けたいなら、したくなくても電話面談を行ってください。
» 失敗しない!転職エージェントの選び方

転職エージェントとの電話面談前に準備しておくこと

転職エージェントとの電話面談前に準備しておくこと

転職エージェントとの電話面談では事前準備が大切です。電話面談をスムーズに進めるためにも、以下の4つを実行しておきましょう。

  • 話しやすい環境を整える
  • 求人票を手元に準備する
  • 転職理由・希望条件を明確にする
  • 事前に履歴書・職務経歴書を送る

話しやすい環境を整える

転職エージェントとの電話面談を行う前に、話しやすい環境を確保してください。電話面談ではお互いの声だけでしかコミュニケーションをとれません

以下のような場所を確保しましょう。

  • 静かな場所
  • 通信環境の良い場所
  • はっきり声を出せる場所

周囲の音がうるさいと担当者の声が聞き取りにくくなります。できるだけ音の少ない場所を選んでください

静かな場所でも図書館など大きな声を出しにくい場所はいけません。こちらの意図をしっかり伝えるためにも、はっきりと明るく話せる場所を選ぶことが大切です。

転職エージェントとの電話面談ではマイク付きのイヤホンを使うのがおすすめです。手が空くため、メモをとりやすくなります。

求人票を手元に準備する

気になる求人があるなら、転職エージェントとの電話面談前に求人票を準備しましょう。手元に求人票があれば、キャリアアドバイザーに希望を伝えやすくなるからです。

具体的にどのような仕事に興味を持っているか示すことで、キャリアアドバイザーが求人紹介しやすくなります。提示した求人以外にも、関連する求人を紹介してくれるのです。

採用担当者
採用担当者

特に気になる求人がなければ、無理に準備する必要はありません。

転職理由・希望条件を明確にする

転職エージェントとの電話面談前に、転職理由や希望条件を明確にしておきましょう。担当者から聞かれたとき、スムーズに答えられます

転職を決意した理由が明確になれば、前職に似た企業は紹介されません。希望条件を把握することで、適切な求人紹介に繋がります。

転職エージェントとの電話面談前には自己分析を行うことも大切です。自分の強みやスキルを整理して言語化しやすくなります。
» 転職に成功する自己分析のやり方

気になる業界があれば、転職エージェントとの電話面談前に研究しておいてください。業界研究を行っておけば、担当者への逆質問をスムーズに行えます。
» 転職を成功させる業界研究のやり方

事前に履歴書・職務経歴書を送る

転職エージェントとの電話面談前に、履歴書や職務経歴書を送りましょう。応募書類に関するアドバイスをもらえます

送付方法はメールで構いません。データをPDF化して送付してください。
» 履歴書をメールで送る方法とマナー

電話面談時に応募書類を送っていない場合でも、後から書類添削を行ってくれます。しかし電話面談時にもアドバイスをしてもらうことで、より素早く転職活動を進められるのです。

転職エージェントとの電話面談の流れ

転職エージェントとの電話面談の流れ

転職エージェントの電話面談も通常の面談の流れと同じです。指定の時間に転職エージェントの担当者から電話がかかってきます。
» 転職エージェントから連絡がこない理由

  1. 自己紹介
  2. キャリア相談
  3. 求人紹介・提案

STEP1:自己紹介

まず自己紹介を行います。簡単な挨拶を終えたらプロフィールを伝えましょう。転職エージェントはあなたがどのような人材なのか知りたがっています

スムーズに応えるためにも、電話面談前に準備した転職理由や希望条件を元にキャリアや実績をまとめておくと便利です。メモなどに書いて手元に置いておいてください。

STEP2:キャリア相談

自己紹介を終えたら、次はキャリア相談です。キャリア相談では転職活動の状況や希望条件を聞かれます

聞きたいことがあれば、積極的に質問しましょう。キャリアアドバイザー側からだけではなく、こちらからも質問してOKです。

気になる業界の動向なども聞いてみてください。電話面談とはいえ、通常の面談と変わりはありません。電話面談でキャリア相談するだけでも価値があります
» 転職エージェントに相談だけするメリット

転職エージェントがあなたをサポートできるか見極めるのもキャリア相談の目的です。サポートできないと判断された場合には断られるケースもあります。
» 転職エージェントに断られる理由

STEP3:求人紹介・提案

転職エージェントの電話面談では、求人を紹介される場合もあります。電話面談で希望の条件に一致する求人がある場合です。

紹介される求人に不満があれば、無理に応募する必要はありません。後日、別の求人案内がメールなどで送られてきます。

しかし転職を成功させるためにも、気になる求人には積極的に応募しましょう。転職エージェントを活用した場合の内定率は4〜5%です。
» 転職エージェントの内定率と書類選考突破率

採用担当者
採用担当者

スムーズに転職するには、複数企業への応募が必須です。

電話面談後の流れ

電話面談の後は求人への応募や書類作成に入っていきます。面接対策や入社後のフォローまで行ってくれるため、転職エージェントを存分に活用しましょう。
» 転職エージェントを利用する流れ

転職エージェントとの電話面談の時間

転職エージェントとの電話面談の時間

転職エージェントと電話面談する所要時間や時間帯は以下の通りです。

  • 所要時間は60〜120分
  • 時間帯は10〜20時が一般的

所要時間は60〜120分

転職エージェントとの電話面談に関する所要時間は60〜90分程度です。場合によっては120分程かかります。

スケジュールには余裕を持ちましょう。スケジュールが詰まっていると、まだ聞きたいことがあるのに電話面談を終わらなければいけない事態になりかねません。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントとの電話面談は、スケジュールに余裕がある時間帯で調整しましょう。

時間帯は10〜20時が一般的

転職エージェントとの電話面談が行われる時間帯は10~20時が一般的です。基本的には転職エージェントの業務時間内に行われます

仕事が終わる18時以降は人気の時間帯です。予約が取りにくいため、早めに時間帯を確保しておきましょう。

リクルートエージェント」では土日祝日も対応しています。しかし「doda」は日曜日の対応がありません。転職エージェントによって対応時間・曜日が変わります。

急な予定が入った場合

急な予定が入って電話面談が難しくなった場合は、スケジュールの調整を依頼しましょう。辞退すると印象が悪くなり、今後のサポートに悪い影響を与えます。
» 転職エージェントに見捨てられる人とは

転職エージェントで電話面談するメリット

転職エージェントで電話面談するメリット

転職エージェントとの電話面談は3つのメリットがあります。メリットを活かして転職活動をスムーズに進めましょう。

  • 都合を合わせやすい
  • オフィス訪問の必要がない
  • 本格的な利用前に相性を判断できる

都合を合わせやすい

転職エージェントとの電話面談は都合を合わせやすいのがメリットです。電話さえあれば、どこでも転職のサポートを受けられます

働きながら転職活動している場合、スケージュール調整が難しいです。電話面談であれば日程調整がしやすく、スムーズに転職活動を進められます。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントの電話面談は利用者に負担の少ない方法です。

オフィス訪問の必要がない

電話面談なら転職エージェントのオフィスに訪問する必要がありません。電話があれば好きな場所で面談を受けられるからです。

オフィスに訪問しないことで以下のメリットがあります。

  • 時間を節約できる
  • 交通費を節約できる
  • 遠方でもサポートを受けられる

転職エージェントのオフィスが遠い人や、訪問している時間のない人には電話面談が便利です。

本格的な利用前に相性を判断できる

転職エージェントとの電話面談を利用すれば、本格的なサポートへ移る前に雰囲気を掴めます。電話面談越しに担当者との相性を確かめましょう

転職を成功させるにはキャリアアドバイザーとの相性が重要です。相性の悪いキャリアアドバイザーが担当になると、転職をスムーズに進められません。

求人紹介からは転職エージェントの特徴がわかります。自分の希望する求人がなさそうなら、電話面談の後にサポートを断りましょう。
» 転職エージェントの断り方【状況別】

転職エージェントで電話面談するデメリット

転職エージェントで電話面談するデメリット

転職エージェントとの電話面談にはデメリットもあります。事前にデメリットを把握して、電話面談をスムーズに進めましょう。

  • 意思疎通を図りにくい
  • 踏み入った相談をしにくい
  • 応募書類へのアドバイスがしにくい

意思疎通を図りにくい

電話面談だと転職エージェントの担当者と意思疎通を図りにくくなります。電話越しでは表情を確認できないからです。

表情がわからないと相手の人柄が伝わってきません。心情がわかりにくいため、声で感情を表すなどの工夫が必要です。

意図がうまく伝わらないと、転職エージェントも適切にサポートできません。コミュニケーション能力が低いと、電話面談をうまく活かせなくなります。

踏み入った相談をしにくい

電話面談では踏み入った相談をしにくくなります。声だけのコミュニケーションでは限界があるからです。

電話面談だと表面的な相談になりがち。未経験の業界への転職や多くの選択肢からキャリアを迷っていることなどを相談しにくいです。

こちらの考えを転職エージェント側に伝えられなければ、適切な求人を紹介されません。深い相談をしたいなら、直接面談できる転職エージェントの利用がおすすめです。
» おすすめ転職エージェントランキング

応募書類へのアドバイスがしにくい

電話面談の場合、応募書類へのアドバイスをしにくくなります。視覚的に確認しながらアドバイスできないからです。

直接面談であれば、応募書類を2人で見ながら確認し合えます。しかし電話面談だと、口頭でアドバイスしなければいけません

採用担当者
採用担当者

応募書類へのアドバイスをしっかり受けたいなら、直接面談できる転職エージェントを利用しましょう。

» 転職に成功する履歴書の書き方と見本

転職エージェント以外の転職方法もある

転職エージェントを使わなくても「リクナビNEXT」などの転職サイトを利用すれば転職活動を進められます。転職サイトは自分ですべてを行う分、マイペースで転職活動できるのがメリットです。
» 転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントの電話面談で失敗しない5つのコツ

転職エージェントとの電話面談にはコツがあります。以下の5つを押さえて、電話面談を成功させましょう。

  • メモをとる
  • 転職意欲をアピールする
  • ネガティブな印象を与えない
  • 転職エージェントの掛け持ちを伝える
  • 相性の悪い担当者なら変更を依頼する

メモをとる

転職エージェントの電話面談で失敗しない5つのコツ

転職エージェントとの電話面談時にはメモ帳と筆記用具を用意しましょう。電話面談中にメモをとることで後から見直せます

スムーズにメモをとるためにも、マイク付きのイヤホンを使うのがおすすめです。片手で電話を持ったままだと紙を抑えながらメモできず、字が汚くなります。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントとの電話面談中にはメモをとって、内容を忘れないようにしましょう。

転職意欲をアピールする

転職エージェントとの電話面談では、転職意欲が高いことをアピールしましょう。転職意欲の高さが伝わると、転職エージェントが積極的にサポートしてくれます

転職エージェントは企業に人材を紹介することで利益を得る仕組みです。転職を成功させないと報酬が発生しません。
» 転職エージェントが利益を得る仕組み

転職意欲が低いと判断された場合、対応を後回しにされる場合もあります。転職エージェントのサポートを最大限に活かすためにも、転職に前向きな姿勢を見せてください。
» 転職エージェントの裏事情を公開

ネガティブな印象を与えない

転職エージェントの電話面談で失敗しない5つのコツ

転職エージェントとの電話面談では、ネガティブな内容を話してはいけません。ネガティブな印象を与えると、転職エージェントに不安を感じさせます

転職が成功しても、すぐに辞められると転職エージェントは企業に報酬の返金を求められます。電話面談で以下のような内容を転職エージェントに伝えてはいけません。

  • うつ気味
  • 働く自信がない
  • 自分は役に立たない

転職エージェントにはポジティブな印象を与えてください。「この人ならやれる」と思わせることで、転職エージェントは積極的にサポートしてくれます。

転職エージェントの掛け持ちを伝える

複数の転職エージェントを利用している場合は、掛け持ちしていることを電話面談で伝えてください。掛け持ちしていると「転職意欲の高い人」という印象を与えるからです。

担当者は自分の転職エージェントで転職させたいと思っています。他の転職エージェントに負けないように、積極的なサポートをしてくれるのです。

転職エージェントを複数利用することは担当者も理解しています。まだ1つしか利用していない人は、他の転職エージェントにも登録しておきましょう。
» 転職エージェントを複数利用するメリット

相性の悪い担当者なら変更を依頼する

転職エージェントと電話面談して相性が合わないと思ったら、担当者の変更を依頼しましょう。担当者が変われば適切なサポートを受けられる可能性があります。

相性だけでなくアドバイザーとしての実力も確かめてみてください。希望する業界の知識があるか、市場動向や年収相場などを逆質問で確かめましょう。

採用担当者
採用担当者

実力のないキャリアアドバイザーにサポートされても、理想の企業に入社できる可能性は低いです。

担当者の変更は各転職エージェントのお問い合わせ窓口からメールで行えます。「相性が悪いから」と直接的に伝えるのではなく「他の人の意見も聞きたい」などポジティブな伝え方を意識してください。
» 転職エージェントの断り方【担当変更】

転職エージェントが電話面談を勧めるケース

転職エージェントが電話面談を勧めるケース

転職エージェントが電話面談を勧めてくる状況には3つの理由が考えられます。状況を把握して今後の対応を考えましょう。

  • 遠方に住んでいる
  • 経歴が不十分
  • 十分な経歴がある

遠方に住んでいる

転職エージェントのオフィスが近くにない場合は、電話面談を勧められます。オフィスを訪問する負担を減らすためです。

オフィスまで来るように利用者へ伝えると、登録してくれない可能性があります。少しでも利用者を増やすため、電話で遠方の人でも面談できるようにしているのです。

採用担当者
採用担当者

転職エージェントのない地方に住んでいても転職をサポートしてくれます。

経歴が不十分

これまでの経験やスキルが不十分な場合、電話面談を勧められるケースがあります。本当にサポートできるか、転職エージェントが判断するためです。

サポートできないのに直接面談すると時間が無駄になります。少しでも負担を減らすために、電話面談を勧められるのです。
» 転職エージェントを使わない方がいい人は?

電話面談が実現しても相手にされないこともあります。電話面談が決まったからといって安心してはいけません。
» 転職エージェントに断られる理由

十分な経歴がある

転職するのに十分な経験・スキルがある場合、電話面談を勧められることがあります。直接面談しなくても、転職を実現できるからです。

以下のような経歴がある場合、十分な経験・スキルがあると言えます。

  • 年収の高いハイレイヤー層
  • 医療・看護など特殊な資格がある
  • プログラミングなど特殊なスキルがある

転職しやすい人材なら直接面談して詳しく状況を聞く必要がありません。電話で簡単にヒアリングするだけで十分です。

転職エージェントとの電話面談は事前準備が大切

転職エージェントとの電話面談は事前準備が大切

転職エージェントの電話面談で聞かれることは主に3つです。事前に把握しておけば、質問へスムーズに答えられます

  • 転職活動の状況
  • 転職先の希望条件
  • 転職活動方針の希望

電話面談に不安があるなら、オンライン面談を実施している転職エージェントを利用しましょう。オンライン面談なら相手の表情や資料を見ながら相談できます。通常の面談と変わりありません。
» 転職エージェント面談の完全ガイド

理想の転職先に入社するためにも、転職エージェント選びは重要です。あなたに最適な転職エージェントで転職を成功させましょう。
» 失敗しない!転職エージェントの選び方

\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5