【転職に役立つ業界研究のやり方】目的やポイントを抑えた具体的方法を徹底解説!

【転職に役立つ業界研究のやり方】目的やポイントを抑えた具体的方法を徹底解説!
  • 転職で業界研究って必要なの?
  • 業界研究のやり方が分からない
  • 業界研究って何を調べるの?

業界研究は企業への理解を深める上でとても重要なプロセスです。業界研究することで、志望企業の選択肢の幅を広げたり、深みのある応募書類を作成するのに役立ちます。

しかし業界研究の必要性を感じていなかったり、面倒に感じて後回しにしている方も多いのではないでしょうか。

本記事では転職における業界研究について、業界研究を行う目的ややり方、活用方法までを徹底解説します。この記事を読めば業界研究の具体的なやり方が分かり、内定獲得のチャンスが広がります

採用担当者
採用担当者

業界研究を効率的に行い、応募企業を絞り込みましょう。

転職に役立つ業界研究のやり方

業界研究はさまざまな業界の種類や特徴を理解することです。業界研究をすることで、どの業界に適性があるか判断する材料になり、自分が向かう方向性を絞り込めます。

採用担当者
採用担当者

選択肢が広がれば、内定を獲得できる確率も上がります。

業界研究は次の手順で行います。

  • 業界の全体像を知る
  • 興味のある業界を深堀りする
  • 業界の動向を把握する

業界の全体像を知る

業界研究では、まず業界全体の構造や動向を大まかに把握します。市場の規模や業界内のトレンドとなっている事柄、どのような企業が属しているのかなどの情報を集めてください。

まずは広く浅く情報を集めるのがポイント。大きな分類である業界を知ることで、社会の構成図を把握します。

採用担当者
採用担当者

さまざまな業界を知ることで志望企業の選択の幅が広がります。

興味のある業界を深堀りする

業界の全体像を把握した上で、興味のある業界についてさらに詳しく調べます。

  • 業界を構成する企業
  • 業界を構成する各企業の違い
  • 興味のある業界に関連する他の業界
  • 企業相互の資本関係・提携関係
  • 顧客形態

各業界に、これまでの経験やスキルが生かせる場があるかも考えます。同じ業界内の企業の共通点や違いを知ることで競合比較がスムーズに進み、志望動機に説得力を持たせることにもつながります。
» 内定をつかむ履歴書の志望動機の書き方

雇用形態とは

顧客形態には「BtoB」と「BtoC」の2種があります。これらはそれぞれ「Business to Business/Customer」の略で、各業界の顧客が「個人」か「企業」かを意味します。

業界の動向を把握する

業界の成長性や市場の動向、安定性等を業績の推移などから整理します。

業界の将来性を知ることは、志望企業の優先順位を考える上でも役立ちます。「成長性」のある企業に転職したい、または「安定性」のある企業に転職したいなど、あなたのキャリアプランに合わせて志望企業を絞っていきます

PEST分析で動向調査

業界の動向を把握するときは「PEST分析」を使うとスムーズ。政治(Politics)、経済(Economy)、社会(Society)、技術(Technology)の4つの観点から業界を多角的に捉え、情報を整理します。どこから調査したら良いのか分からない場合は、4つの項目を一つずつ調査してください。

転職活用に役立つ業界研究の情報収集方法

業界研究の手順が把握できたら、情報収集を行いましょう。一つの手法に拘らず、複数の手段を用いることで、広い視点で業界の全体像を把握します。

業界研究の情報収集を行う方法は次の通りです。

  • 転職サイトを活用する
  • 業界団体のホームページを活用する
  • 新聞・ニュースを活用する
  • 本(書籍)を活用する
  • 転職フェアに参加する
  • 企業の採用ページ・求人広告・求人票を参考にする

転職サイトを活用する

転職情報サイトでは動向などの必要な情報が網羅的に紹介されており、業界の全体像を把握するのに役立ちます。「マイナビ転職」や「女の転職type」などで、興味のある業界への理解を深めましょう。

転職サイトで開催している業界セミナーやオンラインイベントでも、役立つ情報が提供されています。

採用担当者
採用担当者

転職サイトは積極的に活用しましょう。

» 転職エージェントと転職サイトの違い

業界団体のホームページを活用する

業界団体のホームページは、業界の情報を集めるのに有効です。インターネットでは最新の情報を得られるため、定期的にチェックしましょう。

各業界の企業が加盟している団体のホームページを探し、業界全体の動向に関する情報を探します。

新聞・ニュースを活用する

新聞やニュースでも業界団体のホームページ同様に最新の情報を得られるため、定期的にチェックしましょう。最新の業界動向を把握することは、面接対策にも役立ちます。

仕事をしながらの転職活動でテレビニュースを見る暇がないという場合は、新聞社やニュースサイトのアプリがおすすめ。隙間時間でもスマホでチェックできるようにしておきましょう。

転職におすすめのニュースアプリ

日本経済新聞のニュースアプリは、就職・転職で多く活用されているアプリの一つです。
» Apple Storeでダウンロード
» Google Playでダウンロード

産経新聞グループのニュースアプリ「産経プラス」もおすすめです。
» Apple Storeでダウンロード 
» Google Playでダウンロード

本(書籍)を活用する

書籍を参考にするのも業界研究において有効です。書籍を活用することで、各業界の動向だけでなく全体の流れも理解しやすくなります

ここでは業界研究でよく使われる2冊の書籍を紹介します。

会社四季報
企業の情報収集に使われる定番の書籍で、年に4回出版されます。

全上場企業を網羅しているのが特徴的。企業の特色や注目材料、業績、財務内容、株価の動きなどがコンパクトにまとめられています。業績予想が詳細に紹介されており、業界の将来性の把握にも役立ちます。
» 会社四季報を購入する
「会社四季報」業界地図
業界ごとに主要企業がマッピングされていて、企業の規模や関係性が視覚的にわかりやすい書籍です。年度ごとに出版されています。

業界の最近の動向、業界規模、トレンド、主要な企業の規模や業績、企業同士の関係性などの理解に役立ちます。
» 「会社四季報」業界地図を購入する

この他「ビジネス雑誌」や「業界本」も業界研究に活用できます

「業界本」には各業界の動向や特色、その業界で働く場合の具体的な職種などについて解説されています。「◯◯業界のXX」といったタイトルの本を探してみましょう。

転職フェアに参加する

「転職フェア」は転職エージェントなどで主催している合同企業説会です。同じ業界の企業ブースを回り、各企業の違いを探ることで業界研究できます。

企業の採用担当者と直接会って話せるため、ある程度知識を得てから参加すると得られるものが大きくなります。
» 転職エージェントおすすめランキング

企業の採用ページ・求人広告・求人票を参考にする

企業の採用ページや求人広告、求人票には、業界研究に必要な情報が網羅的に分かりやすくまとまっています

  • 会社会社概要
  • 事業内容
  • 企業メッセージ
  • 募集背景

社員へのインタビューが載っている場合もあり、会社の雰囲気を知るのにも役立ちます。
» 転職が成功する企業研究のやり方

転職活動における業界研究の目的

転職活動においては、これまで経験を積んできた業界内の求人を探しがち。志望企業が限られ、内定獲得が難しくなる場合があります。

業界研究をすることで、次のようなメリットが生まれます。

  • 様々な業界について視野が広がる
  • 説得力のある自己PRや志望動機が作成できる
採用担当者
採用担当者

考えなかった業界が選択肢に入ることもあり、内定獲得のチャンスが広がります。

様々な業界について視野が広がる

業界研究で様々な業界について知ることで、志望業界の幅を大きく広げられます。業界研究では選択肢に入っていなかった業界でも、これまでの業務と繋がりがあることがや共通点があることに気づく場合があります。

逆に業界研究を怠ると、自らのキャリアの可能性を狭めてしまう可能性も。業界研究で幅広く情報を収集することが大切です。

説得力のある自己PRや志望動機が作成できる

業界研究は、説得力のある自己PRや志望動機を作成することにも役立ちます。

  • どうしてこの業界(企業)なのか
  • この業界(仕事)で成し遂げたいことは何か
  • なぜ興味を持ったのか

業界研究で企業の強みや競合に対する優位性を理解できると、自己PRや志望動機の深みが増します。面接でも説得力のある回答をできるようになります。
» 志望動機と自己PRの違いと書き方

転職を成功させる業界研究|具体的なやり方でスムーズに進めよう!

業界研究は納得感を持って転職先を決めるうえで重要なプロセスです。

業界研究をすることで自分の適正に合った業界を見つけ出し、応募企業の選択肢の幅を広げられます。他業界や関係業界との比較を行うことで、応募時の自己PRや志望動機を強固なものにできることも大きなメリットです。

業界研究については転職エージェントで企業の動向が分かりやすくまとめられている場合が多いです。転職エージェントの情報を活用しながら複数の方法で情報を整理し、応募企業選びに役立てましょう。

採用担当者
採用担当者

業界研究で応募企業を絞り、あなたに適した企業の内定を勝ち取りましょう。

» 転職に成功する履歴書の書き方と見本
» 【見本付】職務経歴書の書き方とコツ

転職の悩みをプロに無料相談できる!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5