転職が成功する企業研究のやり方5選と重要性を解説【業界研究も必須】

転職が成功する企業研究のやり方5選と重要性を解説【業界研究も必須】
  • 転職の企業研究はどうやって進めればいいの…
  • 企業情報の調べ方が分からない…
  • 詳しい企業研究のやり方を教えて…!

転職の企業研究がめんどくさいと思われるかもしれませんが、不足することで志望度が低いと見なされ採否に影響します。正しいやり方で丁寧に企業研究を行うことが転職成功のカギです。

そこでこの記事では、転職が成功する企業研究のやり方5選と重要性を解説します。この記事を参考にすることで企業研究のやり方に迷うことはなくなります

企業研究のやり方の王道は、企業のホームページチェックです。ホームページにはあらゆる情報が掲載されています。企業が求めている人物像とあなたのスキルがマッチしていることをアピールするためにもホームページは必ずチェックしてください。

企業研究と一緒に業界研究を行うこともポイントです。転職を成功させるため企業研究と業界研究をセットで行いあなたに合った転職先を見つけましょう。

転職における企業研究のやり方5選

転職における企業研究のやり方を5つ紹介します。いずれも難しいことではなく誰でも簡単にできることばかりです。

  • 企業のホームページをチェックする
  • OB・OG訪問する
  • 企業が求めている人物像を確認する
  • 企業の悪い面も把握する
  • 転職エージェントを活用する

企業のホームページをチェックする

まず企業研究では企業のホームページチェックから始めましょう。ホームページにはあらゆる情報が掲載されています。

  • 企業概要
  • 経営理念
  • 沿革
  • 事業内容
  • IR情報
  • 組織図
  • 求人情報

企業のホームページには求人票に書かれていないことも掲載されています。特に経営理念は要チェックです。

経営理念には企業の存在価値が表現されています。どのような方法で世の中に貢献しているのか、そのためにどのような人材を欲しているのか読み解ってください。

どれほど仕事が忙しくてもホームページは最低限チェックしましょう。

採用担当者
採用担当者

ホームページのほか企業の経営者などが出版している本を読むことも効果的です。

経営に対する考え方や成功するまでの過程から学んだことなどを吸収しましょう。

理系出身なら企業の特許や研究論文をチェックしてください。あなたのスキルを絡めて面接でのネタにすることができます。

OB・OG訪問する

企業に勤めているOB・OGに話を聞くことも効果的です。

実際に働いている人の生の声は参考になる

職場の雰囲気や上司・同僚との距離感、休憩時間の過ごし方などは企業のホームページからチェックすることができません。また、ホームページをチェックしただけでは分からなかったことも直接話を聞くことで理解が深まることがあります。

メールか電話でアポイントを取ったうえでOB・OGを訪問し本音を引き出してください。
» ビジネスメールのマナーと書き方

企業が求めている人物像を確認する

企業が求めている人物像を確認することは企業研究するうえで欠かせません。ここがズレてしまうと入社後にミスマッチが起こってしまいます

あなたがどれだけ多くの資格やスキルを持っていたとしても企業から求められていなければ採用されないのです。

高いスキルがあっても活かせません。企業研究の段階で企業が求めている人物像を把握しておきましょう。

企業の悪い面も把握する

企業研究では企業の悪い面も把握してください。あなたが求めるすべての条件が当てはまる完璧な企業は存在しません。

あらかじめ悪い面を把握しておくことで、入社後「そんな話は聞いていない」という事態を防げます。

転職エージェントを活用する

企業研究のために転職エージェントを活用するのも効果的です。エージェントは一般に出回っていない情報を持っています。

求人情報だけでなくあなたが応募しようとしている企業が現在力を入れていることなど、1人では手に入れられない情報を得られるのです。

企業研究のほかにも転職エージェントは面接対策や応募書類チェックなどあなたの転職活動をサポートしてくれます。

企業の調べ方が分からない時はエージェントに頼ることであなたに合った転職先が見つかるため、うまく活用して転職を成功させましょう。

転職における企業研究の目的

転職における企業研究の目的は主に3つです。目的を理解しておけば企業研究を丁寧に行うことができます。

  • 転職先を決めること
  • 面接対策
  • 選考通過率を上げる

転職先を決めること

企業研究の目的は内定を勝ち取ることではなく転職先を決めることです。「内定を勝ち取ること」を目標にしてしまうと応募企業に対して熱意が伝わりません。

さらに採用担当者に不信感を与える危険性もあるので注意が必要です。

企業研究を行うことであなたに合った企業かどうか知ることができます。企業のことを何も知らないまま転職しても苦労するのはあなた自身

採用担当者
採用担当者

転職のミスマッチを最小限に抑えるためにも企業研究は必ず行いましょう。

面接対策

企業研究をしっかり行うことは面接対策につながります。特に志望動機や自己PRは企業が求めている人物像にあわせて作ることがポイントです。

そのためには企業研究が欠かせません。企業研究を丁寧に行うことで企業に対する適正をアピールすることができるのです。

企業研究の深さは転職に対する意欲の高さと直結するので、採用担当者に高評価を与えられます。

選考通過率を上げる

企業研究を丁寧に行うことで選考通過率アップが期待できます。

書類選考では企業が求めている人物であることを伝え「この人材に会ってみたい」と思わせましょう。面接では質問に対して的確に回答できるため、採用担当者の印象が良くなるのです。

企業研究は良いこと尽くめなので転職活動において必ず行いましょう。
» 転職に成功する履歴書の書き方と見本

転職で企業研究を行うタイミング

転職活動において企業研究を行うタイミングは次の3つです。1つでも怠ると転職後にミスマッチが生じるので注意してください。

  • エントリー前
  • エントリー後
  • 内定後

エントリー前

エントリー前に行う企業研究では業界や職種について調べましょう。企業研究というより業界全体を調べるイメージです。

現職と同じもしくは違う業界・職種に転職するかどうかによりキャリアプランが変わります。

業界や職種をある程度絞っておくことで企業研究を効率的に行えるのです。

採用担当者
採用担当者

あなたが挑戦しようとしている業界に関する情報は本や新聞、四季報を駆使して調べましょう。

エントリー後

エントリー後の企業研究ではあなたが応募する企業について徹底的に調べましょう。企業のホームページは最低限チェックしてください。

経営理念や事業内容のほか、応募企業の業界内における立ち位置もチェックすることがポイントです。企業が抱えている課題を把握できれば、面接で話のネタになります。

企業研究は情報量が多くなるのでノートにまとめましょう

面接前に見返すことで想定外の質問をされても落ち着いて対処できます。大手転職サイトでは企業研究用のシートを無料で配布しているところも。うまく活用して転職活動に役立ててください。

内定後

内定後の企業研究では企業に対する社員の口コミを調べましょう。口コミから職場環境を予想できます。

SNSを駆使して口コミを探してください。難しい場合はOB・OG訪問により直接話を聞きましょう。

口コミを参考にしつつ入社するかどうか最終的な判断を下してください。
» 転職スケジュールを立てる4つのステップ

転職における企業研究の注意点

転職における企業研究を行う時の注意点は次の2つです。注意点を押さえれば選考通過率をアップさせられます。

  • 企業研究と一緒に業界研究も行う
  • 企業研究をしないと志望度が低いとみなされる

企業研究と一緒に業界研究も行う

企業研究と一緒に業界研究も行うことで企業に対する理解度を深めましょう

業界全体を調べることであなたのキャリアや希望に合った業界がみえてくるもの。思わぬ発見から新しいチャレンジをすることにつながることもあるので転職の幅が広がります
» 転職に役立つ業界研究のやり方と目的

採用担当者
採用担当者

順番は業界研究の方が企業研究より先です。

企業研究をしないと志望度が低いと見なされる

企業研究をしないことで採用担当者から志望度が低いと見なされてしまいます。選考通過率が悪くなるので注意してください。

企業研究が不足すると企業が求めている人物像にあなたがマッチしているかどうか分かりません。志望動機や自己PRに深みが出ないので採否に直結します。

転職のミスマッチを防ぐためにも企業研究は丁寧に行いましょう。
» 履歴書における自己PR文の書き方と例文
» 転職時における履歴書の志望動機の書き方

企業研究は丁寧なやり方で行うことが転職成功のカギ

企業研究は丁寧なやり方で行うことが転職成功のカギです。次の5つを実践してください。

  • 企業のホームページをチェックする
  • OB・OG訪問する
  • 企業が求めている人物像を確認する
  • 企業の悪い面も把握する
  • 転職エージェントを活用する

上記の中でもホームページは必ずチェックしましょう。

採用担当者
採用担当者

企業が求めている人材とあなたのスキルがマッチしているかどうか把握できます。

企業研究をしないと志望度が低いと見なされ採否に直接影響するので注意してください。

後から見返したときに分かりやすくするため、企業研究で学んだことはノートにまとめるのがおすすめです。職務経歴書作成時にも役立ちます。
» 【見本付】職務経歴書の書き方とコツ

\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5