履歴書と職務経歴書の違いと正しい書き方のポイント【それぞれの記載事項をチェック】

履歴書と職務経歴書の違いと正しい書き方のポイント【それぞれの記載事項をチェック】
  • 履歴書と職務経歴書はどちらか一方だけ提出すればいいの…?
  • それぞれ何を書けばいいか分からない…
  • 履歴書と職務経歴書の違いを教えて…!

履歴書と職務経歴書には明確な違いがあるものの、よく混同されます。それぞれの違いが分からなければ書類選考を突破することは難しくなるので注意が必要です。

この記事では、履歴書と職務経歴書の違いと正しい書き方のポイントを紹介します。記事の内容を参考にすれば、両者の違いを押さえて採用担当者に好印象を与えられる書類が書けます

履歴書にはフォーマットがありますが職務経歴書は様式がありません。履歴書ではあなたのプロフィールを、職務経歴書では企業が求める人材とあなたのスキルがマッチしていることを伝えましょう。

履歴書職務経歴書
フォーマットありなし
記載事項プロフィールアピールしたいこと
チェックされることビジネスマナー企業との適正
採用担当者
採用担当者

履歴書と職務経歴書の違いを理解して作成することが転職成功の近道です。

履歴書と職務経歴書のフォーマットの違い

履歴書と職務経歴書はフォーマットに違いがあります。それぞれの違いを具体的にみていきましょう。

履歴書はフォーマットが決まっている

履歴書はフォーマットが決められています。履歴書のメーカーにより記載事項は若干異なりますが、ほとんど統一されているのが特徴です。

  • 日付
  • 名前
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 顔写真
  • 学歴、職歴
  • 免許、資格

上記のほか志望動機や自己PR、特技、健康状態などを書く欄が設けられている履歴書があります。
» 転職に成功する履歴書の書き方と見本

職務経歴書はA4サイズ1~2枚が一般的

職務経歴書は履歴書と違いフォーマットはありません。A4サイズの用紙1~2枚以内に収めて書くことが一般的です。

ただし、フォーマットはないものの必ず書くべき内容がいくつかあります。

  • 日付
  • 名前
  • 職歴
  • 自己PR
  • 活かせるスキルや資格

上記事項のほか志望動機や転職理由、特記事項を書く場合があります。

職務経歴書はフォーマットが決まっていない分、記入の自由度が高いことが特徴です。あなたが応募する企業やこれまでの転職状況にあわせて記載事項を判断しましょう。

履歴書と職務経歴書は両方必要

履歴書と職務経歴書は両方提出する必要があります。どちらか一方ではなく書類選考に応募する際はセットで提出してください。

別々に送るのではなく送付状を添付したうえで一緒に送りましょう。
» 履歴書を送る時の送付状の書き方・注意点

採用担当者
採用担当者

あなたの転職回数が多ければ履歴書と職務経歴書が一体型のフォーマットを使うこともおすすめです。

履歴書と職務経歴書に書く内容の違い

履歴書と職務経歴書に書く内容は違います。それぞれ何を書けばいいのか詳しくみていきましょう。

履歴書はプロフィールを書く

履歴書にはあなたのプロフィールを書きます。氏名や年齢、職歴などあなたの略歴を伝える書類だと考えてください。

履歴書はビジネス書類として扱われるため採用後も保管されます。人事情報として残ることを意識して丁寧に作り込みましょう。
» 転職に成功する履歴書の書き方と見本

職務経歴書はアピールしたいことを書く

職務経歴書はあなたがこれまで携わった仕事や身に付けたスキルを書きます。書類選考のために利用されるので、職歴を羅列するだけでは採用担当者に好印象を与えられません。

「この人に会いたい」と思われるように書く

職務経歴書を読んだだけで「この人に会いたい」と思われるように書くのが重要です。あなたがこれまで培った経験やスキルをどのように活かせるのか具体的に書いてください。

採用担当者
採用担当者

あなたができることを詳しく書くことで、採用担当者に一目置かれる存在になれます。

» 【見本付】職務経歴書の書き方とコツ

履歴書と職務経歴書のチェックポイントの違い

履歴書と職務経歴書は採用担当者にチェックされるポイントが違います。それぞれ何をみられているのか具体的に確認しましょう。

履歴書はビジネスマナーがチェックされている

履歴書はビジネスマナーがチェックされます。フォーマットが決められているのでルールに則って書くがポイントです。

見た目が悪い履歴書は書類選考で落ちる原因になります。特に気を付けたい点は次の通り。

  • 誤字脱字に気を付ける
  • 社名を省略して書かない
  • 顔写真はスーツを着用する

顔写真はマナーを守る必要があります。写真の仕上がりをよくするためにもプロに撮影してもらいましょう。
» 履歴書の証明写真の撮り方と基本マナー

面接官は履歴書を一目見ただけで一般的なビジネスマナーが備わっているかどうか判断できます。

採用担当者
採用担当者

軽率なミスが原因でダメな履歴書と判断されるのはもったいないので丁寧に書きましょう。

職務経歴書は企業が求める人材かどうかチェックされている

職務経歴書はあなたの職歴やスキルを通して企業が求めている人材とマッチしているかチェックされます。応募する企業にあわせて書き方を変えることが書類選考を突破するポイントです。

あなたが身に付けているスキルは絶好のアピールポイント。応募する企業の特性に合ったスキルをアピールできれば高評価をもらえます。

職務経歴書ではこれまでの経験を活かしてあなたが応募企業に貢献できることを詳しく伝えましょう。
» 転職が成功する企業研究のやり方と重要性

履歴書と職務経歴書の書き方の違い

履歴書と職務経歴書は書き方にも違いがあります。どのような点が違うのか詳しくみていきましょう。

履歴書は手書き・パソコンどちらでもOK

履歴書は手書き・パソコンどちらで書いてもOKです。ひと昔前まで履歴書は手書きで書くことが当たり前とされていましたが、最近ではパソコンで書く人も増えてきました

あなたが応募する企業がIT系やメーカー系ならパソコンで作成した方が無難です。一方で、営業職など人と接することが多い職種に応募するなら手書きで書くことであなたの人柄をアピールできます。
» 履歴書はパソコンと手書きどちらで書く?

職務経歴書はパソコンでの作成が一般的

職務経歴書はパソコンでの作成が一般的です。履歴書と違いフォーマットが決められていない分、簡単にレイアウトを作成できるパソコンの方が効率よく書けます

履歴書にくらべて記載事項が多いのでパソコンで作成した方が、早く執筆できるだけでなく修正も容易です

文字の詰め込みすぎないように注意しましょう。経験やスキルをアピールしたいからといって文字の量が多くなれば、読みにくくなってしまいます。

採用担当者
採用担当者

採用担当者の読みやすさを意識してください。

履歴書と職務経歴書は手書きで統一しなくていい

履歴書と職務経歴書は手書きで統一しなくてOKです。統一しないからといってビジネスマナーに違反したり評価が下がったりすることはありません

手書きとパソコンどちらで作成する場合も、採用担当者が読みやすい書類を作り上げるのが重要です。改行ミスや誤字脱字は絶対に避けましょう
» 簡単!履歴書をきれいに書く方法
» 誤字脱字のある履歴書は一文字でも落ちる

魅力的な書類を作成する方法

書類選考突破の可能性を上げるためにも転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは企業紹介だけでなく、魅力的な書類を作るサポートも行ってくれます。転職エージェントの利用は完全無料なので利用しない手はありません。
» 転職エージェントおすすめランキング

履歴書と職務経歴書の違いを理解し転職を成功させよう

履歴書と職務経歴書はいくつか違いがあります。両者の違いを押さえ、採用担当者に好印象を与えましょう。

履歴書職務経歴書
フォーマットありなし
記載事項プロフィールアピールしたいこと
チェックされることビジネスマナー企業との適正

履歴書と職務経歴書で手書き・パソコンどちらで書くか統一する必要はありません

採用担当者
採用担当者

採用担当者の読みやすさを意識して丁寧に作り込むことが書類選考を突破するポイントです。

\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5