書類選考で落ちる履歴書の特徴5選!3割の合格枠に入る方法と対策を徹底解説

書類選考で落ちる履歴書の特徴5選!3割の合格枠に入る方法と対策を徹底解説
  • 書類選考に落ちるのは履歴書の書き方が悪いせいなのかな…
  • 履歴書のどこを直せばいいんだろう…
  • どうすれば書類選考を通過できるのか教えて…!

書類選考で落ちる履歴書はまったく読まれていないことが多いです。採用担当者に読んでもらうには履歴書の見た目を工夫する必要があります。

この記事では、書類選考で落ちる履歴書の特徴5選と採用担当者に高評価をもらうための対策を紹介します。この記事を参考にして履歴書を書けば書類選考で落ちる確率はグッと低くなります。

見た目が悪い履歴書は書類選考で落とされる確率が高くなります。私服で撮影した写真を使ったり誤字脱字があったりなど不備がないか確認してください。

履歴書は書かれている内容以上に見た目が重要です。採用担当者に読んでもらえるよう履歴書の見た目は綺麗に整えてください。

採用担当者
採用担当者

履歴書の見た目は徹底的にこだわりましょう。

採用担当者に読んでもらえる履歴書の書き方は次の記事で解説しています。
» 転職に成功できる履歴書の書き方と見本

ダメな履歴書は読まれない

見た目が整っていない履歴書は読んでもらえません。ダメな履歴書と判断されるのに要する時間は数秒程度です。

採用担当者は膨大な履歴書をチェックしなければならないのでほとんど流し読みしています。これは一般企業だけに限らずハローワークが出している求人も同じです。

履歴書はあなたの魅力アピールする大切な書類

履歴書では志望動機で仕事に対する意欲の高さを表明し、自己PRであなたの強みを伝えます。

応募企業に適性があることをアピールするためには履歴書の内容を読んでもらわなければいけません。見た目を綺麗に整えて読まれる履歴書を書きましょう。
» 志望動機と自己PRの違いと書き方

履歴書は第一印象が命

履歴書の第一印象は非常に大切です。パッと見た印象が悪ければ読んでもらえないので綺麗な見た目にこだわってください。

手書きなら気持ちを込めて丁寧に書きましょう。パソコンで書くなら改行ミスや文字化けなどに注意してください。

手書きの字が下手でも大丈夫

手書きの字が下手だからといって書類選考で落とされることはありません。字が下手でも丁寧に書くことが重要です。

採用担当者はプロなので字の丁寧さから人柄や性格を判断できます。気持ちを込めて丁寧に書くことであなたの思いは伝わります。
» 履歴書に書く字が汚い場合の対処法

書類選考で落ちる履歴書の特徴5選

書類選考で落ちる履歴書の特徴を5つ紹介します。

  • 履歴書に不備がある
  • 誤字脱字がある
  • 空欄がある
  • 内容に具体性がない
  • 企業が求める人物像とマッチしていない

上記1つでも当てはまれば書類選考に落ちる可能性が高くなるので注意してください。

履歴書に不備がある

不備がある履歴書は書類選考で落ちる原因の1つです。

履歴書の不備とは具体的に次のようものが考えられます。

  • 応募条件を満たしていない
  • 提出期限が守られていない
  • 職歴や応募企業など社名を省略して書いている
  • 顔写真を私服で撮影している

いずれもビジネスマナーとして最低限守るべきこと。

特に顔写真は注意が必要で、スーツを着用したうえでプロに撮影してもらいましょう。履歴書はビジネス書類なので顔写真とはいえスーツ着用は必須です。

スピード写真よりプロに撮影してもらった方が写真の仕上がりもよくなります。
» 履歴書の証明写真の撮り方と基本マナー

採用担当者
採用担当者

履歴書に不備があれば落ちる原因に!最低限のマナーは守ってください。

誤字脱字がある

誤字脱字がある履歴書はNGです。仕事でもミスを連発する人だという悪い印象を与えてしまいます。

採用担当者はミスが多く細かいことに気を配れない人材を、積極的に採用したいとは思いません

誤字脱字がないかチェックするため、履歴書を書き終えたら声に出して読んでみてください。さらに一晩おいてからもう一度チェックすることで誤字脱字がなくなります。

履歴書の提出期限ぎりぎりだと、早く書こうと焦ってしまい誤字脱字の原因になります。提出期限の3日前には履歴書を完成させられるよう、余裕をもって書き始めてください。

採用担当者
採用担当者

細かいところまで気を配って誤字脱字をなくしましょう。

» 誤字脱字のある履歴書は一文字でも落ちる

空欄がある

履歴書に空欄を作ってはいけません。空欄は履歴書の不備や記入漏れとみなされ落ちる原因になります。

特に資格欄は空欄にしてしまいがちなので要注意。何も資格を持っていないからとはいえ空欄のままにするのは避けましょう。専門的な資格や仕事に活かせそうな資格がなくても「普通自動車運転免許」などと記載してください。
» 履歴書に空欄はNG!各項目の書き方

転職回数にあわせて履歴書のフォーマットを選びましょう

資格欄のほかにもう1つ注意したいのが職歴欄です。職歴欄が多い履歴書は余白が生まれる原因となります。

履歴書のフォーマットによっては職歴欄に空欄が生まれるため、これまでの転職回数にあった履歴書を選びましょう。自己PRを多く書きたいなら、課外活動欄や趣味・特技欄があるフォーマットを選んでください。
» 内定をつかむ履歴書の種類の選び方

内容に具体性がない

履歴書の記載内容に具体性がないものは落ちる原因です。特に志望動機と自己PRは丁寧に作り込む必要があります。

下記志望動機のようにスキルを羅列するだけでは高評価をもらうことはできません。

営業職を通してコミュニケーションスキルが身につきました。顧客が抱えている課題を聞き出すことが得意です。

さらにスケジュール管理能力も備わっています。御社では営業職の経験を活かして働きたいです。

職歴やスキルがどのように活かされるのか具体的に書きましょう。
» 受かる転職時の履歴書の志望動機の書き方

加えて入社後のビジョンも書かれているとさらに高評価です。働いているイメージを持てているということは志望度も高いと判断されます。

採用担当者から高評価をもらえる履歴書の書き方は次の記事で解説しています。
» 転職に成功できる履歴書の書き方と見本

企業が求める人物像とマッチしていない

履歴書の内容と企業が求める人物像がマッチしていなければ書類選考で落ちる確率が高くなります。特に志望動機は「なぜこの企業を選んだのか」について詳しく書いてください。

採用担当者
採用担当者

ありきたりな内容ではどの企業でもいいのではないかと不信感を与えてしまいます。

履歴書を書く前に企業は何を求めているのか入念に調べましょう。業界研究や企業研究を丁寧に行うことで企業が求める人物像がみえてきます。事前準備の丁寧さが書類選考の採否を左右するといっても過言ではありません。
» 転職が成功する企業研究のやり方

特に新卒の場合は、書類選考で落ちることがないよう企業が欲している人物像にあわせて自分が活かせるスキルをアピールしてください。
» 履歴書における自己PRの書き方と例文

受かる履歴書の作り方

受かる履歴書を作るためにも転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは魅力的な履歴書を作成するサポートを行ってくれます。転職エージェントの利用は完全無料なので損することはありません。
» 転職エージェントおすすめランキング

履歴書が原因で書類選考に落ちる確率は7割

マイナビ転職が集めたデータによると書類選考に通過する確率は約3割なので、落ちる確率は7割程度です。

応募して書類選考を通過する確率は30%、そこから一次面接を通過する確率は30%、その後最終面接を通過し、内定を得る確率は50%でした。

マイナビ転職

落ちる確率が高い理由は書類選考である程度絞らないと面接が大変になるから

しかしどの業界や企業でも落ちる確率が7割に固定されているわけではありません。

採用担当者
採用担当者

採用人数が多ければ多いほど書類選考で落ちる確率も高くなります。

年齢が原因で落とされることはない

書類選考は年齢が原因で落とされることはほとんどありません。能力や適性以外を基準にすることは就職差別につながるからです。

ただしあなた以外に伸びしろがある若い世代がいればそちらが優先される可能性はあります。

年齢は関係ないとはいえスキルが足りなければ落ちる原因になるので注意しましょう。

書類選考の不採用通知に返信は不要

仮に書類選考で落ちてしまっても、不採用通知に対して返信する必要はありません。返信しなくてもビジネスマナーに違反することはないのでご安心ください。

落ちる履歴書を作らない対策2選

書類選考で落ちる履歴書を作らないためには2つの対策が必要です。

  • ルールを守る
  • 自己分析を丁寧に行う

ルールを守る

提出期限や応募条件など社会人として最低限のマナーは守りましょう。初歩的なミスが原因で落ちたとなるとショックが大きすぎます。

履歴書は第一印象がすべてです。中身をしっかり読んでもらえるよう履歴書に空欄は作らないでください。

採用担当者
採用担当者

空欄が目立つ履歴書は、不備や記載漏れがあると判断されてしまいます。

手書きもしくはパソコンどちらで書くにしても、採用担当者の気持ちになって読みやすい文章を書きましょう。
» 履歴書はパソコンと手書きどちらで書く?

自己分析を丁寧に行う

履歴書を書く前に丁寧な自己分析を行ってください。自分のことは自分が一番よく分かっているといわれますが、意外に知らないことの方が多いもの。

転職後のミスマッチを起こさないためにも、自己分析であなたが本当にやりたいことを見つける必要があります。

自己分析を丁寧に行うことであなたが持つ本来の魅力を見つけ出し、企業が求める人材だとアピールしましょう
» 転職に成功する自己分析のやり方

書類選考で落ちる履歴書にありがちなミスをなくそう

履歴書はあなたの魅力をアピールするための大切な書類です。応募条件を満たしていなかったり提出期限に間に合わなかったりと、初歩的なミスが原因で落ちることがないよう注意してください。

履歴書は第一印象がすべてです。ダメな履歴書と判断されるのに要する時間は数秒程度なので、見た目が綺麗な履歴書を作りましょう。

見た目と同じく中身も重要です。企業が求めている人物像とあなたのスキルがマッチしていることを具体的にアピールしてください。

採用担当者
採用担当者

書類選考で落ちる履歴書にありがちなミスを防げば面接までたどり着くことができます。

1つの芸術作品を完成させるイメージで履歴書を作り込み、あなたの魅力を採用担当者に最大限アピールしましょう。
» 転職に成功できる履歴書の書き方と見本

\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5