履歴書はパソコンと手書きどちらで書くべき?メリット・デメリットとともに解説

履歴書はパソコンと手書きどちらで書くべき?メリット・デメリットとともに解説
  • 履歴書は手書きで書かなければいけないの…?
  • パソコンで書いたら面接官の印象が悪くならないか心配…
  • 履歴書はパソコンと手書きどっちで書けばいいか教えて…!

転職時の履歴書は、パソコンと手書きどちらで書いた方がよいか悩んでいませんか?履歴書といえば手書きで書くことが一般的でしたが、最近ではパソコンで書く人も増えています。

履歴書には職歴のほか自己PRやスキルなどを書く欄があるため、あなたの魅力をアピールする大切な書類です。できるだけ好印象を与えられるよう書きたいと思うのは当然のこと。

この記事では、パソコンと手書きそれぞれのメリットとデメリット、履歴書を書くときの注意点を解説します。記事を最後まで読めば、パソコンと手書きどちらで書くか迷うことがなくなります

履歴書はパソコンと手書きどちらで書いても問題ありません。メリット・デメリットを比較して、あなたが書きやすい方を選んでください。

手書きパソコン
メリット文字から人柄や応募意欲を伝えられる短時間で作成でき、企業研究や自己分析に時間を使える
デメリット時間がかかる個性が伝わらない
適した業界サービス系(接客や販売)などIT系、Web系、外資系、メーカーなど

履歴書はパソコンと手書きどっちで書くべき?

転職の履歴書は、パソコンと手書きどちらで作成しても問題ありません。応募する企業から指定されていなければ、あなたが書きやすい方を選びましょう

履歴書で大切なことは「何が書かれているかです。パソコン・手書き問わず、履歴書に書かれている内容が合否を左右します。

パソコンと手書きのメリットとデメリットを紹介するので、自分に合った方法を見つけてください。

手書きが有利とは言い切れない

ひと昔前まで履歴書は手書きが一般的でした。しかしどれだけ綺麗な文字で書かれていても、内容が薄ければ採用担当者の心に響くことはありません。

最近ではパソコンで履歴書を作成する人も増えています。手書きが苦手であれば、パソコンで作成しても差し支えありません。

パソコンで履歴書を作成するメリット・デメリット

普段から使い慣れている人は、パソコンで履歴書を作成しています。パソコンで履歴書を作成するメリットは次の通りです。

  • 修正しやすい
  • 時間がかからない
  • 悪筆やクセ文字を気にする必要がない
  • PCスキルをアピールできる

パソコンなら、手書き特有の緊張感や不安感を抱かずに書くことができます。しかし文字が短調で、個性を出しにくいデメリットもあります。

メリット1:パソコンなら簡単に修正できる

パソコンは文字を打ち間違えても、簡単に修正できます。

手書きの場合は1文字も間違えられないため、「失敗したらどうしよう」と不安を抱えることが多いです。

パソコンなら手軽に書き直せるので、推敲を重ねながら履歴書の内容をブラッシュアップできます

メリット2:履歴書作成に時間がかからない

パソコンで作成すると、手書きの場合よりも短時間で履歴書を作成できます。

パソコンの場合、氏名や住所などの基本情報は複数の応募先に転用が可能。誤字脱字があってもすぐに書き直すことができるため、時間をロスすることが少なくなります。

履歴書の作成時間を短縮できるので「書く」ことよりも、企業研究や自己分析に時間をかけることができるのです。
» 転職が成功する企業研究のやり方
» 転職に成功する自己分析のやり方

メリット3:悪筆やクセ文字を気にする必要なし

パソコンで履歴書を作成した場合、悪筆やクセ文字を気にする必要はありません。

人気の企業の場合、採用担当者は多くの履歴書をチェックしています。文字にクセがあり読みにくいと、履歴書を読んでもらえない場合があるのです。

自分の書く字にクセがあると感じている場合は、パソコンで履歴書を作成しましょう。自分の字にコンプレックスを持っていても、パソコンで履歴書を作成すれば余計なストレスを抱えません

採用担当者
採用担当者

フォントやサイズを指定するだけで文字が均一に揃い、採用担当者が読みやすい履歴書になります。

メリット4:履歴書でパソコンスキルもアピール

パソコンで履歴書を作成すれば、基本的なパソコンスキルがあることをアピールできます。IT企業・ウェブ系企業への転職を希望する場合や、パソコンを使う業務内容を希望するなら絶好のチャンスです。

言葉だけでは伝えきることのできないパソコンスキルを、履歴書でアピールしましょう。
» 履歴書を自作するメリットとポイント

デメリット:パソコンの文字では個性を感じられない

パソコンで作成した履歴書は、手書きと違い文字から個性を感じ取ることはできません。印刷された文字から無機質なイメージを感じる人もいます

文字には個性や性格が現れるといわれるように、手書きの文字から人柄や性格が垣間見えるもの。企業によっては文字の丁寧さを評価対象としている場合があるのです。

接客や販売など人と接する仕事を希望する場合は、パソコンより手書きで書くのがおすすめです。

手書きで履歴書を作成するメリット・デメリット

手書きの履歴書はあなた自身を最大限にアピールできます。人柄や応募意欲を履歴書の文字から伝えましょう。

手書きで履歴書を作成した場合、マイナス評価になることはほとんどありません。しかし手書きの履歴書には、次のようなデメリットもあります。

  • 簡単に修正できない
  • 時間と労力が必要
  • 悪筆やクセ文字が顕著に出る

手書きは熱意を伝えられる分、時間と手間がかかる点がネックです。

メリット:手書きなら個性をアピールできる

手書きの履歴書には、個性や人となりが自然に現れます。採用担当者はその人の性格や人柄が会社とマッチしているか、履歴書に書かれている文字を通して判断しているのです。

丁寧に書くことで、あなたの思いも伝わりやすくなるということ。企業によっては、字の丁寧さも評価の対象になります。

採用担当者
採用担当者

文字に自信があるなら、手書きで個性をアピールして好印象を与えましょう。

デメリット1:簡単に修正できない

手書きの履歴書の場合、1文字でも間違えれば初めから書き直しです。履歴書は1文字の誤字脱字も許されません。

修正液や修正テープも使えないため、書き違えた場合は白紙の状態から書き直しです。1文字も間違えてはいけないというプレッシャーは計り知れません。
» 間違えた履歴書の正しい修正の仕方

デメリット2:時間と労力が必要

手書きでは、履歴書を一部作成するだけで相当な時間と労力を要します。

応募する企業が複数ある場合には、企業それぞれに合った履歴書を一部ずつ仕上げなければなりません。応募したい企業が増える分だけ、膨大な時間がかかります。

採用担当者
採用担当者

パソコンで履歴書を作成する場合と比較して、時間を多くとられることは大きなデメリットです。

デメリット3:悪筆やクセ文字が顕著に出る

手書きには悪筆やクセ文字が顕著に現れます。丁寧に書いても読みにくいと評価される場合があるのです。

文字を書くことが苦手な人は、手書きよりパソコンで作成した方が無難です。

パソコンか手書きで悩んだら業界に合わせてもOK

パソコンと手書きのどちらで書くか悩んだら、志望企業に合わせて選びましょう。IT系やメーカー系、Web系、外資系などの場合は、パソコンがおすすめ。接客や販売などのサービス系は、手書きの方が好印象を与えられます。
» 履歴書を自作するメリットとポイント

履歴書を作成する時の注意点

手書きでもパソコンでも、ルールを守って履歴書を仕上げることが大切です。注意すべきポイントを把握しておけば、印象の良い履歴書に仕上げられます。

手書きなら文字を丁寧に書く

手書きで履歴書を書く時には、丁寧に読みやすい文字で書きましょう。丁寧な字で書くことで、転職意欲や志望意欲の高さを伝えられます

丁寧な仕事をする応募者だとイメージづけることも可能です。
» 履歴書を手書きするときの書き方とポイント

履歴書を手書きで作成するコツ

手書きはミスが怖いので、鉛筆で下書きをしてから書き始めましょう。下書き通りにボールペンでなぞっていけば、ミスを防ぐことができます。ボールペンのインクが完全に乾いたら、下書きを消して完成です。
» 履歴書に下書きする方法とコツ

パソコンで作るときは書式を統一

パソコンで履歴書を作成する場合は次の3点に注意しましょう。

  • WordかExcelで作成
  • フォントは明朝体かゴシック体
  • 装飾はしない

WordかExcelで作成

パソコンで履歴書を作成する場合は、WordかExcelで作成しましょう。応募者の多い企業の場合は、メールで履歴書を送るケースあるからです。

WordやExcelは多くの企業で採用されているため、履歴書のファイル形式を指定された場合に対応しやすいです。
» 履歴書をPDFで作成する方法と注意点

メールで履歴書を送る時は保存形式に注意

Wordで作成したファイルは「.doc」、エクセルで作成したファイルには「.xls」の形式で保存しましょう。こうすることで、WordやExcelのバージョンに関わらずファイルを開けるようになります。
»【例文あり】メールでの履歴書の送り方

フォントは明朝体かゴシック体

履歴書内はすべて同じフォントと文字サイズで統一しましょう。フォントはWordやExcelに最初から導入されている、明朝体やゴシック体を選んでください。おすすめは明朝体です。

少し変わったフォントを使うと、悪い印象を与えることにつながります

採用担当者
採用担当者

ただし本文は10.5〜11pt、氏名などの記入蘭の大きな部分は14pt〜18ptと使い分けましょう。

装飾はしない

PCスキルをアピールしたくても、文字の装飾はNG。太字にしたり斜体にしたり文字色を変えたりと、装飾で目立たせようとしても逆効果です。

履歴書はビジネス文書の1つとして扱われることを意識してください。

パソコンと手書き共通の注意点

パソコンと手書きともに誤字脱字はNGです。誤字脱字があると、採用後も仕事でミスをしそうな印象を与えてしまいます
» 誤字脱字のある履歴書は一文字でも落ちる

ひらがなが連続している箇所は注意深くチェックしてください。誤字脱字チェックとあわせてスラスラ読めるかどうか確認しましょう。読点が多すぎないか、支離滅裂な文章になっていないかが確認ポイントです。

採用担当者
採用担当者

人に読んでもらうことを意識し、読みやすい文章を心掛けてください。

» 簡単!履歴書をきれいに書く方法

どっちで書くべきか迷う場合

履歴書をパソコンと手書きのどっちで書くか迷う場合、転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。転職エージェントは企業の特徴を把握しているので、適切なアドバイスをしてくれます。転職エージェントの利用は完全無料です。
» 転職エージェントおすすめランキング

履歴書は中身で勝負しよう!

企業から指定がない場合、履歴書はパソコンと手書きどちらで書いても問題ありません。決められない場合は、業界に合わせて作成方法を選びましょう。

パソコンを多く使う業界に手書きの履歴書を送ってしまうと、「パソコンスキルが無い」とマイナスな印象を与える場合も。逆に応募する業界に合った作成方法を選ぶことで、好印象を与えられます。

IT系やメーカー系、ウェブ系、外資系ならパソコン、接客や販売などサービス系なら手書きで履歴書を作成するのがおすすめです。

ひと昔前まで履歴書は手書きで書くのが一般的でした。しかし、どれだけ丁寧に手書きしても内容が薄ければ採用されません

採用担当者
採用担当者

パソコン・手書きどちらで書く場合も、履歴書の中身を重視してください。

内容が濃く面接官の心に刺さるような履歴書を書いて、採用をつかみ取りましょう。
» 転職に成功する履歴書の書き方

\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5