【例文あり】空白期間ありの場合の履歴書の書き方とコツを解説

【例文あり】空白期間ありの場合の履歴書の書き方とコツを解説
  • 空白期間があるときの履歴書の書き方が分からない…
  • 空白期間があるときの履歴書の例文が見たい!
  • 空白期間がある履歴書を書く時の注意点を知りたい!

空白期間がある場合は、採用担当者に良い印象を与えるために書き方を工夫する必要があります。しかし、空白期間の理由は人によって様々だから、具体的にどう工夫すればよいのか分かりにくいのも事実です。

この記事では、空白期間があるときの履歴書の書き方と例文、コツ、注意点を紹介

採用担当者
採用担当者

書き方を知ることで、空白期間がある場合でも履歴書をスラスラ書けますよ。

空白期間がある場合は、空白期間の理由に合わせてプラスの印象を与える書き方をしましょう

履歴書の空白期間はマイナスになることが多い

履歴書の空白期間はマイナスになることが多いです。空白期間は長ければ長いほどマイナスに捉えられる可能性が上がります。

空白期間があると採用担当者の目には次のように映り、結果としてマイナス評価を受けます。

  • 働く気力があまりなさそう
  • ブランクがあり、スキルをすぐ発揮できなさそう
  • 何か問題がありそう

しかし、全く採用されないというわけではありません

採用担当者
採用担当者

履歴書の書き方次第では、マイナスの印象を減らすことも、プラスのイメージに変えることもできます。

マイナスになる可能性があることを心に留めた上で、履歴書の書き方を工夫しましょう

空白期間がある場合の履歴書の書き方

空白期間がある場合でも「学歴・職歴」「自己PR」以外は基本的な履歴書の書き方と変わりません。「学歴・職歴」「自己PR」は、空白期間の理由に合わせてプラスのイメージに変えらえる書き方をしましょう
» 転職版!履歴書における職歴欄の書き方
» 履歴書における自己PRの書き方と例文

空白期間で多い理由は次の通りです。

  • 留学などスキルアップ
  • アルバイトやパート
  • 出産・子育て
  • 病気・療養
  • 介護
  • 特に明確な理由はない

1つ1つ例文と合わせて書き方を解説します。

「学歴・職歴」「自己PR」以外の基本的な履歴書の書き方は、次の記事を参考にしてください。
» 転職に成功する履歴書の書き方

公務員試験や留学などスキルアップの場合

公務員試験や留学などスキルアップをして職務を離れていた場合は、スキルアップに時間を使っていた旨をアピールしましょう。

採用担当者
採用担当者

しっかりアピールすれば、意欲やスキルがあると捉えられ、プラスの印象を与えられます。

「学歴・職歴」の書き方の例

退職した旨を書いたあとに、空白期間に取り組んでいたことを書いてください。「公務員試験のため」「英語学習のため」など身に付いたスキルが一目で分かると、空白期間への疑問が上がりにくく、プラスの印象を与えられます。

浪人していて空白期間がある場合は特に明記する必要はありません。採用担当者にとって、浪人している人は珍しくなく、記載していなくても察してもらえる場合がほとんどです。

「自己PR」の書き方の例

自己PRでは、空白期間に身につけたスキルが職務に役立つことをアピールしましょう。

採用担当者
採用担当者

スキルが職務に役立つことを理解してもらえれば、空白期間はプラスに捉えられます。

アルバイトやパートをしていた場合

アルバイトやパートで職務を離れていた場合は、アルバイトやパートで身につけたことをプラスに捉えアピールしましょう。アルバイトやパートで行ったことがスキルに直結するため、スキルを評価してもらえます。

「学歴・職歴」の書き方の例

具体的に「どの業界で」「何を学ぶために」アルバイトやパートをしていたのかを書けると良いです。アルバイトやパートをしたことに意味が感じられ、プラスの印象を与えられます。

「自己PR」の書き方の例
採用担当者
採用担当者

アルバイトで学んだことが業務に生かせる旨をアピールしましょう。

なんとなくやっていたアルバイトやパートでも、書き方を工夫したり学んだことを洗い出したりすれば、業務に生かせることが見つかりますよ。

出産・子育て、介護の場合

出産や子育て、介護で職務を離れていた場合は、出産や子育て、介護で学んだことをアピールしましょう。採用担当者は、業務への影響を特に気にします。どの範囲であれば働けるのか明確に書くようにしてください。

「学歴・職歴」の書き方の例

業務をするにあたり、影響があるのか明記しましょう。フルタイムで働くことが難しい場合は、しっかり働ける時間を記載してください。
» 【例文あり】履歴書での退職理由の書き方

「自己PR」の書き方の例

出産・育児、介護で培ったことが業務に生かせる旨をアピールしましょう。

採用担当者
採用担当者

当事者の視点を持てるだけでなく、時間をやりくりする力などをアピールするのもおすすめです。

病気・療養の場合

病気・療養で職務を離れていた場合は、その旨を隠さず書きましょう。昨今では、うつ病などの病気への知見が広まり、理解してくれる企業が増えています。

「学歴・職歴」の書き方の例

現在の回復状況や業務への影響を明記しましょう。フルタイムで働けない場合は、その理由と働ける時間を記載してください。

「自己PR」の書き方の例
採用担当者
採用担当者

病気・療養の場合は、致し方ないことなので、無理にアピールする必要はありません。

前職で培ったスキルや強みを中心にアピールしましょう。

特に明確な理由がない場合

ひきこもりやニートなど特に明確な理由がない場合は、前職などから得たスキルをアピールしましょう。

明確な理由がない場合は、前職からの時間が経てば経つほど採用されにくくなります。空白期間が6か月を越える場合は、独学でスキルを身につける・アルバイトをするなどしてから、アピールポイントを増やして採用試験を受けることをおすすめします。

「学歴・職歴」の書き方の例

特に理由がない場合は「一身上の都合により退職」と記載するだけでも問題ありません。採用担当者へマイナスの印象を与える可能性はありますが、書けない理由を書いたり、嘘をついたりするくらいなら書かない方が良いです。

「自己PR」の書き方の例

特に理由がない場合は、空白期間に行ったことを無理にアピールする必要はありません

採用担当者
採用担当者

嘘がないように気をつけて、前職で培ったスキルや強みを中心にアピールしましょう。

空白期間がある履歴書を書くコツ

空白期間があるときの履歴書を書くコツは次の3つです。

  • 空白期間の理由を簡潔に書く
  • 空白期間中に行ったことをアピールする
  • スキルや意欲をしっかりアピールする
採用担当者
採用担当者

履歴書を書くときに、コツを意識して書いてみてくださいね。

空白期間の理由を簡潔に書く

空白期間がある場合は、空白期間の理由を簡潔に書きましょう。

理由を書いていないと採用担当者が不安になり、変に解釈されて不採用とされてしまう可能性があります。理由を詳しく書きすぎても逆に空白期間が目立ってしまうため、一言程度がちょうど良いです。

正当な理由であれば、空白期間があってもマイナスな印象を減らせます。

空白期間中に行ったことをアピールする

空白期間中に行ったことや学んだことをアピールしましょう。空白期間が意味のあるものと理解してもらうことで、空白期間のマイナスイメージをプラスイメージに変えられます。

採用担当者
採用担当者

空白期間中に行ったことや学んだことが業務に役立つなら、かなり印象が良いですよ。

ただし、履歴書に記載する文量は注意が必要です。

履歴書は、あくまでも「企業が求める人物像」に合うことを示すのが最優先です。空白期間に行ったことばかり書くのではなく、他のアピールポイントとバランスを取りながら書いてください。

スキルや意欲をしっかりアピールする

履歴書では、スキルや意欲をしっかりアピールしましょう。

採用担当者が最も注目しているのはスキルや意欲です。空白期間があっても、スキルや意欲があれば採用される可能性は高まります。

採用担当者
採用担当者

スキルや意欲は自己PR欄で、具体的に記載してくださいね。

» 履歴書の自己PRの書き方と例文

履歴書を魅力的に仕上げるコツ

魅力的な履歴書を作るためにも転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは書類添削により、魅力的な履歴書を作るサポートをしてくれます。転職エージェントの利用は無料なので損することはありません。
» 転職エージェントおすすめランキング

空白期間がある履歴書を書く注意点

空白期間がある履歴書を書くときに、次の2つには注意しましょう。

  • 嘘を書かない
  • 自信のなさを出さない
採用担当者
採用担当者

気をつけないと採用されなかったり、信頼を失ったりします。

嘘を書かない

空白期間の理由や自己PRなど嘘を書くのは絶対にNGです。

嘘を書けば採用されるかもしれませんが、あとで嘘がばれたときに社会的信用を失います。最悪の場合、経歴詐称で採用取り消しになりますし、仮に採用されたままだったとしても信頼を失い、仕事がしにくくなります。
» 履歴書に嘘を書くのは絶対ダメな理由

自信のなさを出さない

空白期間があったとしても、自信のなさは出さないようにしましょう。空白期間があると負い目を感じてしまいますが、自信がない人を採用する採用担当者はほとんどいません

例えば、次のような書き方は自信のなさを感じるため注意してください。

  • 「~だと思う」など断定しない
  • スキルを3個以上記入する

断定しないと、言い切れる自信がない曖昧な経験やスキルといった印象を受けます。また、スキルが複数個記載してあると「自信がないから何個もスキルを書いているのかな?」と思われてしまいます。

採用担当者
採用担当者

空白期間をプラスに捉え、自信をもって履歴書を書くようにしてくださいね。

空白期間は工夫をして履歴書を書こう

空白期間がある場合は、理由に合わせた工夫をして履歴書を書きましょう

空白期間はマイナスの印象を受けやすいため工夫が必要です。空白期間があっても「学歴・職歴」「自己PR」以外は基本的な履歴書の書き方と変わりません。

「学歴・職歴」「自己PR」は、例文を参考に空白期間の理由に合わせてプラスの印象を与える書き方をしましょう。書き方のコツと注意点を押さえて履歴書を書くことで、採用されやすい履歴書を書けます。
» 転職に成功する履歴書の書き方

採用担当者
採用担当者

この記事を参考に、空白期間がある履歴書を書いてみてくださいね。

履歴書の悩みをプロに無料相談できる!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5