【これだけ押さえればOK】履歴書を手書きするときの書き方とポイントを解説

【これだけ押さえればOK】履歴書を手書きするときの書き方とポイントを解説
  • 履歴書を手書きするときの注意点が分からない…
  • 手書きしなければいけないけど失敗したくない…
  • 手書きの書き方があっているか不安…

履歴書は正式な書類だから、手書きするときに気をつけるべきポイントやルールが多いです。しかし、ポイントやルールを知らずに誤った書き方をする人がいるのも事実です。

この記事では、履歴書を手書きするときの書き方とポイントを解説します。この記事さえ読めば、履歴書を手書きするときに押さえるべきポイントが把握できます

採用担当者
採用担当者

履歴書を手書きするときは、6つのポイントを押さえて書きましょう。

履歴書は手書き・パソコン作成どちらでもOK

履歴書は企業から特に指定がなければ手書き・パソコン作成のどちらでもOKです。

採用担当者は手書きかパソコン作成かよりも、履歴書の中身を見ています。それぞれのメリットとデメリットを比較して、自分に合うやり方で履歴書を作成しましょう。

次の表の通りパソコン作成の方が手間はかかりませんが、手書きの方が人柄を伝えられます

パソコン手書き
メリット文字から人柄や応募意欲を伝えられる短時間で作成でき、企業研究や自己分析に時間を使える
デメリット時間がかかる個性が伝わらない
適した業界サービス系(接客や販売)などIT系、Web系、外資系、メーカーなど

詳しい手書きとパソコン作成のメリット・デメリットの比較は次の記事を参考にしてください。
» 履歴書は手書きとパソコンどっちがいい?

履歴書を手書きするときのポイントと書き方

履歴書を手書きで作成するときのポイントと書き方は次の通りです。

  • 履歴書の書き方は手書き・パソコン作成共通
  • 見やすいように丁寧に書く
  • 履歴書サイズはA4がベター
  • 履歴書は汚さない・折らない
  • 黒ボールペンを使って書く
  • 修正テープ・修正液は使用不可

手書きをする場合はパソコン作成よりも注意点が多いため、しっかりポイントを押さえましょう。ポイントと書き方を詳しく紹介します。

封筒の書き方

履歴書の郵送時に使う封筒を手書きする場合も、守るべき基本ルールは履歴書を手書きする時と同様(ポイントの2つ目、4〜6つ目)です。封筒の選び方や書き方は次の記事を参考にしてください。
» 履歴書を郵送する封筒の選び方や書き方

履歴書の書き方は手書き・パソコン作成共通

履歴書の基本的な書き方は手書き・パソコン作成で共通です。履歴書の書き方は複雑で気づかないうちに誤ってしまうことがあるため、1項目ずつ書き方を把握したうえで記入しましょう。

履歴書の「基本情報」「学歴・職歴」「志望動機」「自己PR」の書き方は次の記事を参考にして記載してください。
» 転職に成功する履歴書の書き方と例文

見やすいように丁寧に書く

履歴書を手書きするときは見やすいように丁寧に書きましょう。履歴書が雑に書かれていると次のようなことが起こるためNGです。

  • 汚くて何が書かれているか読み取れない
  • ”雑な人”という印象を受ける

裏を返せば丁寧に書くことで”丁寧な人”という印象を与えられます。しっかり時間を取って、丁寧に履歴書を書きましょう

丁寧に書ける自信がない人は、別の用紙に一度試し書きをしてから履歴書に記入するのがおすすめです。
» 履歴書に下書きする方法と失敗しないコツ

採用担当者
採用担当者

書き写すだけでよいので、丁寧に書くことに集中できますよ。

履歴書サイズはA4がベター

手書きする場合はA4サイズ(A3用紙を二つ折りにしたもの)の履歴書がおすすめです。手書きの文字は小さいと見にくいため、読みやすい文字の大きさで内容をしっかり書けるA4サイズが向いています。

同じ職種へ転職する場合や職務経歴書で成果をアピールできる場合はB5サイズでも問題ありませんが、記入する文字数が多いと読みにくいです。基本はA4サイズで書くようにしましょう。
» 【見本付】職務経歴書の書き方とコツ

履歴書サイズに悩んでいる人は次の記事を参考にしてみてください。
» 履歴書のサイズの選び方はこちら

履歴書は汚さない・折らない

履歴書を手書きするときに、汚さない・折らないように気をつけましょう。手書きすると、書いている時にいつの間にか汚れてたり折れたりすることが多いです。

採用担当者
採用担当者

次のような点に気をつけて履歴書を書くと汚れや折れを防ぎやすいです。

  • 履歴書用紙を広げられる水平な場所で書く
  • 周りに水物や汚れのついたものを置かない
  • 履歴書は左上の項目から埋めていく

履歴書を十分広げられる場所で書けば、机から履歴書がはみ出て折れることを防げます。また、左上の項目から記入することで自分の手でボールペンなどのインクが伸びにくくなります。

黒ボールペンを使って書く

履歴書を手書きする場合は、黒ボールペンを使って書きましょう。黒ボールペンなら濃いインクであるため見やすく、文字が消えてしまうこともありません

鉛筆やシャーペンは擦れると文字が消えてしまうためNGです。消せるボールペンも直射日光や摩擦熱で文字が消えてしまうため使わないようにしましょう。

黒ボールペンの代わりに万年筆も使えますが、慣れていないと書くのが難しいため無理に使わないようにしてください。
» 履歴書に使うボールペンの選び方と注意点

修正テープ・修正液は使用不可

履歴書の記入を間違えてしまった場合は、新しい履歴書に書き直しましょう。

正式な書類として扱われるため、修正テープや修正液の使用はNGです。表面では使用したことが分からなかったとしても、裏面から見ると修正テープや修正液を使ったことがバレるため使用しないようにしてください。

緊急時の修正方法

新しい履歴書に書き直す時間がないなど緊急時は、公的文書の訂正方法で修正可能です。間違えた箇所に二重線を引き訂正印を押して、近くに正しい文字を記入しましょう。詳しい修正方法は次の記事を参考にしてください。
» 間違えた履歴書の正しい修正の仕方

丁寧に履歴書を手書きしよう

履歴書を手書きするときは、次の6つのポイントを押さえて丁寧に書きましょう。

  • 履歴書の書き方は手書き・パソコン作成共通
  • 見やすいように丁寧に書く
  • 履歴書サイズはA4がベター
  • 履歴書は汚さない・折らない
  • 黒ボールペンを使って書く
  • 修正テープ修正液は使用不可
採用担当者
採用担当者

ポイントやルールを知ったうえで履歴書を作成すれば、間違えることなく効率的に履歴書を作成できます。

この記事を参考に、履歴書を作成してみてくださいね。
» 転職に成功する履歴書の書き方と例文

履歴書の悩みをプロに無料相談できる!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5