履歴書における副業の正しい書き方|3つのポイント【職歴欄・志望動機】

履歴書における副業の正しい書き方|3つのポイント【職歴欄・志望動機】
  • 転職の履歴書に副業は書かないといけない?
  • 副業の経験を履歴書に書きたいけど書き方がわからない…
  • 副業していた会社の名前を書きたくない場合はどうしたらいい?

履歴書には副業も含めて正しい経歴を記載しなければいけません。副業の経験を書かないと、経歴詐称になる場合もあるので注意しましょう。

しかし、副業を履歴書に書くと職歴が複雑になってわかりにくいですよね。

この記事では、履歴書の職歴欄や志望動機に副業を書く場合の正しい書き方を解説します。記事の内容通りに書けば、副業の経験を採用担当者にアピールできます

副業の経歴は会社単位で時系列に書きましょう。副業可能の企業であったことも忘れずに書いてください。
» 履歴書における副業の書き方はこちら

採用担当者
採用担当者

副業を正しく記載して書類選考突破の可能性を広げてください。

履歴書に副業を書くべき理由

履歴書に副業を書くべき理由

副業の経験は履歴書に書く必要があります。理由は以下の2つです。

  • 履歴書に副業を書かないと内定取り消しになる
  • 企業へスキルをアピールできる

履歴書に副業を書かないと内定取り消しになる

副業の経験があるのに履歴書に書かないと、内定取り消しになる可能性があります。履歴書の職歴欄には、現状を正確に記載しなければいけません。

職務経歴書にも副業の経験を必ず書きましょう。履歴書に記載されているのに職務経歴書に記載がないのは不自然です。
» 【見本付】職務経歴書の書き方とコツ

副業経験を書かずに入社できたとしても、税金の関係で必ずバレます。本業以外に副業でも収入が発生しているため、給与支払報告書が役所に2枚届くからです。
» 副業がバレる理由とタイミング

採用担当者
採用担当者

履歴書に副業の会社名を書きたくない場合でも、正社員応募の場合は必ず記載してください。

» 履歴書に嘘を書いてはいけない理由

企業へスキルをアピールできる

副業経験を履歴書に書くことで、採用担当者にスキルをアピールできます。副業で得られるスキルは仕事でも活かせる場合が多いからです。

  • スキルが高い
  • 働く意欲が強い
  • 時間管理ができる

副業で得られたスキルが応募先に合っていれば効果大。採用担当者は魅力的な人材だと判断します。

応募先に副業のスキルが合っていなかったとしても書かないのはNGです。最悪、経歴詐称の可能性があるため必ず記載しましょう。

すでに副業を辞めている場合

副業でアルバイト・家業手伝いをしていた場合、すでに辞めているのであれば書く必要はありません。ただし、社会保険に加入していた場合は必ず記載しましょう。

社会保険に加入していない場合でも、アピールできるスキルがあるなら職歴に記入しておくと採用担当者に好印象を与えられます。正社員・契約社員・派遣社員・個人事業主・フリーランスの場合は、すでに辞めていても必ず書いてください。

履歴書における副業の書き方

履歴書における副業の書き方

履歴書に副業を書く際には以下3つのポイントを押さえましょう。見やすくて自身をアピールしやすい履歴書に仕上がります。

  • 職歴欄は会社単位に時系列で書く
  • 副業可能の企業であることを書く
  • 志望動機で副業の目的をアピールする

職歴欄は会社単位に時系列で書く

副業を履歴書に書く場合には会社単位で時系列に書きます。入社・退社などをそのまま時系列で書いてしまうと、複雑でわかりにくくなってしまうからです。

履歴書における副業の書き方

副業を続けていながら本業が変わっている場合は注意してください。時系列が前後しますが、会社単位で完結するように書きましょう。

履歴書における副業の書き方

» 履歴書の職歴欄の書き方をパターン別に解説

副業可能の企業であることを書く

所属していた会社が副業可能だったことも記載しましょう。会社のルールを守った上で副業していたことがわかるからです。

副業可能だったことは、職歴欄または本人希望欄のどちらかに記載します。

職歴欄に書く場合

履歴書における副業の書き方

本人希望欄に書く場合

履歴書における副業の書き方

応募先企業が副業禁止の場合は、副業を辞めることを伝えてください。

履歴書における副業の書き方

» 履歴書の本人希望欄の書き方と記載例

志望動機で副業の目的をアピールする

履歴書の志望動機欄には副業の目的を書いてください。目的を書くことで自身のアピールに繋がります

  • 経験のため
  • 生活費を稼ぐため
  • スキルを身につけるため
  • 有効的に時間を使うため
  • 自身の経験を活かしたいため

副業に対してあまり積極的でない企業でも、納得できる目的を示せば良い印象を与えます。

採用担当者
採用担当者

副業の目的をアピールして書類選考突破の可能性を上げましょう。

» 受かる履歴書の志望動機の書き方と手順

履歴書の副業の書き方|パターン別の例文

履歴書の副業の書き方|パターン別の例文

副業といってもさまざまなパターンがあります。それぞれの例文を紹介するので、自身の状況に合わせて確認してみてください。

  • 兼業で正社員
  • 副業で契約社員
  • 副業で派遣社員
  • 副業でアルバイト
  • 副業で個人事業主(フリーランス)
  • 副業で家業手伝い

兼業で正社員

兼業で正社員

正社員でありながら別の企業の正社員でもある場合、副業ではなく兼業という扱いになります。

副業
明確な本業がありながらサブとして働く
兼業
同等の仕事を2つ以上掛け持っている
ダブルワーク
非正規雇用の仕事を2つ以上掛け持っている

副業で契約社員

副業で契約社員をしている場合は「〇〇株式会社 入社(契約社員として)」と書きます。

副業で契約社員

副業で派遣社員

副業で派遣社員をしている場合は「〇〇株式会社 派遣社員として登録」と書いてください。

副業で派遣社員

» 履歴書に派遣社員の職歴を書くポイント

副業でアルバイト

副業でアルバイトをしている場合は「〇〇株式会社 入社(アルバイト)」と書きます。

副業でアルバイト

副業で個人事業主・フリーランス

フリーランスは法的には個人事業主として扱われます。フリーランスと書く必要はありません。

個人事業主と開業届を出しているフリーランスは「開業」と書きます。

副業で個人事業主・フリーランス

開業届を出していないフリーランスは「活動」と書いてください。

副業で個人事業主・フリーランス

副業で家業手伝い

副業で家業の手伝いをしている場合は「家業に従事」と書きます。どこでどのような業務をしていたかも簡単に書いてください。

副業で家業手伝い

履歴書に副業を書くときの注意点

履歴書に副業を書くときの注意点

履歴書に副業を書く際には以下2つの注意点を押さえておきましょう。注意点を押さえていないと書類選考突破の可能性が下がります

  • 「本業」「副業」とは書かない
  • 副業可能の企業か確認してから書く

「本業」「副業」とは書かない

履歴書の職歴欄には「本業」「副業」と書く必要はありません。正しく職歴を記載すれば、どちらが本業でどちらが副業かわかるからです。

「本業」「副業」と書いてしまうと、仕事に対して「手を抜いている」という印象を与える可能性があります。「どちらも本気で頑張っている」というスタンスをアピールするためにも「本業」「副業」とは書かない方が無難です。

副業可能の企業か確認してから書く

転職しても副業を続ける場合、応募先の企業が副業可能か確認しましょう。応募先の企業が副業禁止だった場合、副業を続けられなくなります

まずは応募要項を確認してみてください。副業可能であれば「副業OK」と記載されています。

採用担当者
採用担当者

副業に関する記述がない場合は、自分で調べるか転職エージェント経由で調べなければいけません。

» おすすめの転職エージェントランキング

副業禁止の企業に応募する場合

副業禁止の企業の場合、副業をしていると不採用になる確率が上がります。書類選考の突破を上げるためにも、応募前に副業を辞めておくといった対応が必要です。

悪い印象を与えるからといって副業を書かないのはいけません。副業経験を書かないと内定取り消しになる可能性があります。
» 履歴書に副業を書くべき理由

副業経験者が転職前に準備しておくこと

副業経験者が転職前に準備しておくこと

履歴書の書き方以外にも、副業経験がある場合には以下2つの注意点を押さえておきましょう。

  • 面接対策をしておく
  • 副業しても無理なく続けられるか考える

面接対策をしておく

履歴書に副業経験を書くなら面接対策も必須です。面接官は履歴書を見て、副業に関して必ず質問してきます

  • 副業は続けるのか
  • 副業で何を得たのか
  • なぜ副業を始めたのか

副業に関するあらゆる質問を想定してシミュレーションしてください。

副業禁止の企業に応募した場合は、副業を辞めるか聞かれます。「辞める」と答えなければ、受かる見込みはないので気をつけましょう。

副業しても無理なく続けられるか考える

副業は無理なく続けられるか考えることも大切です。せっかく転職した先の仕事がおろそかになってはいけません。

どの程度大変なのか転職する前にあらかじめ想定しておきましょう。本業の勤務時間や通勤時間を考えて、無理のない範囲で副業を続けられるか確認してください。

採用担当者
採用担当者

副業を続けるのが無理そうなら応募するのを辞めるか、副業を辞めるか検討する必要があります。

履歴書に副業を書いて採用担当者にアピールしよう

履歴書に副業を書いて採用担当者にアピールしよう

副業の経験がある場合は履歴書に正しく記載しましょう。副業した事実を隠していると経歴詐称になる可能性もあります。

履歴書に副業の経験を書く際には以下3つのポイントを押さえてください。

  • 職歴欄は会社単位に時系列で書く
  • 副業可能の企業であることを書く
  • 志望動機で副業の目的をアピールする

副業の経験を上手くアピールできれば、書類選考の突破の可能性を広げられます

転職を成功させる履歴書の書き方は以下の記事でも解説しています。副業の書き方以外にも不安な点がある人は、ぜひ参考にしてください。
» 転職を成功させる履歴書の書き方と見本

履歴書の悩みをプロに無料相談できる!

最強の転職エージェントTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
話題の退職代行サービスを使ってみませんか?退職完了まで追加費用なしで完全サポートします。
退職代行ランキングTOP5
\上司に退職を言い出せずに悩んでる?/
退職代行ランキングTOP5